COVID-19入院患者におけるロピナビル/リトナビルの効果はどのくらいですか?(Open-RCT; RECOVERY; Lancet 2020)

pexels-photo-4031867.jpeg 未分類
Photo by Edward Jenner on Pexels.com

Lopinavir-ritonavir in patients admitted to hospital with COVID-19 (RECOVERY): a randomised, controlled, open-label, platform trial

RECOVERY Collaborative Group et al.

Lancet. 2020 Oct 5;S0140-6736(20)32013-4. doi: 10.1016/S0140-6736(20)32013-4. Online ahead of print.

PMID: 33031764

PMCID: PMC7535623

DOI: 10.1016/S0140-6736(20)32013-4

The trial is registered with ISRCTN, 50189673, and ClinicalTrials.gov, NCT04381936.

Funding: Medical Research Council and National Institute for Health Research.

背景

COVID-19の治療薬としてロピナビル/リトナビルがin vitro活性、前臨床試験、観察研究に基づいて提案されている。

本研究では、COVID-19で入院した患者の転帰をロピナビル/リトナビルが改善するかどうかを評価するためのランダム化試験の結果を報告する。

方法

このランダム化、対照、オープンラベル、プラットフォーム試験では、COVID-19で入院した患者を対象に、可能な治療法を通常の治療と比較した。

この試験は英国の病院176施設で実施中である。

有資格者で同意を得た患者は、ウェブベースの単純ランダム化(層化されていない)割り付けを用いて、通常の標準治療のみ、または通常の標準治療+ロピナビル/リトナビル(それぞれ400mgと100mg)を10日間または退院まで経口投与する群(または他のRECOVERY治療群(ヒドロキシクロロキン、デキサメタゾン、アジスロマイシン)のいずれかにランダム割り付けされた。

通常治療へのランダム化は、いずれかの有効な治療群の2倍とした(例えば、患者が1つの有効な治療群のみを対象とした場合は通常治療を2:1、2つの有効な治療群を対象とした場合は2:1:1とした)。

主要アウトカムは28日間の全死亡であった。解析は、ランダムに割り付けられたすべての参加者を対象に、intention-to-treatベースで行われた。

所見

・2020年3月19日から2020年6月29日までの間に、患者1,616例をロピナビル/リトナビル投与群に、3,424例を通常治療群にランダム割り付けした。

・全体では、ロピナビル/リトナビルに割り付けられた患者374例(23%)と通常ケアに割り付けられた患者767例(22%)が28日以内に死亡した。

★死亡率比 1.03、95%CI 0.91〜1.17、p=0.60

・結果は、あらかじめ指定されたすべての患者のサブグループで一貫していた。生存退院するまでの期間(両群とも中央値 11日[IQR 5~28日以上])や、28日以内に生存退院した患者の割合には有意差は認められなかった。

★率比 0.98、95%CI 0.91〜1.05;p=0.53

・ベースライン時に侵襲的機械換気を行っていない患者では、複合エンドポイントである侵襲的機械換気または死亡を満たした割合に有意差はなかった。

★リスク比 1.09、95%CI 0.99〜1.20、p=0.092

解釈

COVID-19による入院患者において、ロピナビル/リトナビルは28日死亡率、入院期間、侵襲的機械換気への進行または死亡リスクの低下とは関連していなかった。

これらの所見は、COVID-19で入院した患者の治療にロピナビル/リトナビルを使用することを支持するものではない。

✅まとめ✅ COVID-19患者に対する通常治療+ロピナビル/リトナビル投与は、通常治療と比較して、28日間の死亡を減少させなかった

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました