早期の乳児用粉ミルク導入は牛乳アレルギーを予防できますか?(日本 RCT; J Allergy Clin Immunol. 2020)

Randomized trial of early infant formula introduction to prevent cow’s milk allergy

Tetsuhiro Sakihara et al.

J Allergy Clin Immunol. 2020 Sep 2;S0091-6749(20)31225-2. doi: 10.1016/j.jaci.2020.08.021. Online ahead of print.

PMID: 32890574

DOI: 10.1016/j.jaci.2020.08.021

Keywords: Food allergy; birth cohort; cow’s milk; cow’s milk formula; early introduction; infant formula; milk allergy; prevention; randomized controlled trial; soy formula.

背景

これまでの研究では、牛乳アレルギー(CMA)に対する牛乳タンパク質の早期導入による予防効果について、相反するエビデンスが得られている。

目的

ランダム化比較試験を通じて、一般集団におけるCMAの一次予防において、粉ミルク(CMF)の早期導入が効果的な戦略となり得るかどうかを検討した。

方法

日本の沖縄にある病院4施設から新生児を募集した。

生後1~2ヶ月の間に、1日10mL以上のCMFを摂取する群(摂取群)とCMFを避ける群(回避群)にランダム割り付けた。

回避群では、必要に応じて大豆粉ミルクを接種した。

CMAによる効果を評価するために、生後6ヶ月の時点で経口フードチャレンジを行った。

両群とも生後6ヶ月までは継続的な母乳育児が推奨された

結果

・2群へのランダム化のために乳児504例を同定した。

・全参加者のうち保護者12人が介入を拒否したため、研究サンプルは修正意図対治療分析のために491人(摂取群242例、回避群249例)で構成されていた。

・摂取群242例のうちCMAは2例(0.8%)、回避群249人のうちCMAは17例(6.8%)であった(リスク比=0.12、95%CI=0.01~0.50、P<0.001)。リスク差は6.0%(95%CI=2.7~9.3)であった。

・両群の参加者の約70%は、生後6ヵ月時点でも母乳育児を継続していた。

結論

生後1~2ヶ月の間にCMFを毎日摂取することで、CMAの発症を防ぐことができる。この戦略は母乳育児と競合しない。

✅まとめ✅ 継続的な母乳育児を受ける日本の新生児を対象とした本試験によれば、粉ミルクの早期開始は、粉ミルクを併用しない場合と比較して、生後6ヵ月時点における牛乳アレルギーの発症が少なかった

コメント

タイトルとURLをコピーしました