若年成人における心筋梗塞発症における喫煙の関連性はどのくらいですか? (米国 後向きコホート研究; Partners YOUNG-MI Registry; JAMA Netw Open. 2020)

Association of Smoking Cessation and Survival Among Young Adults With Myocardial Infarction in the Partners YOUNG-MI Registry

David W Biery et al.

JAMA Netw Open. 2020 Jul 1;3(7):e209649. doi: 10.1001/jamanetworkopen.2020.9649.

PMID: 32639567

DOI: 10.1001/jamanetworkopen.2020.9649

試験の重要性

一次予防に大きな進展があるにもかかわらず、若年成人における心筋梗塞(MI)の発生率は増加し続けている。

目的

若年で初発心筋梗塞を経験した成人コホートにおいて、タバコ使用の有病率を明らかにし、喫煙と禁煙の両方と生存率との関連を検討すること。

試験デザイン、設定、参加者

Partners YOUNG-MIレジストリーは、マサチューセッツ州ボストンにある2つの大規模学術センターからのレトロスペクティブなコホート研究で、50歳以下で初期MIを経験した患者を対象とした。

心筋梗塞発症時および心筋梗塞後1年後の喫煙状況は、電子カルテから決定された。

参加者は、2000年1月から2016年4月までの間に50歳以下でMIを経験した2,072例とした。解析日は 10 月~2019 年 12 月とした。

主要アウトカムと測定法

社会保障庁の死亡マスターファイル、マサチューセッツ州人口動態統計局、および全国死亡インデックスから死亡を把握した。

死因は2人の循環器内科医によって独立して裁定された。

禁煙と全死因死亡率および心血管系死亡率の両方との関連を評価するために、傾向スコアを調整したCox比例ハザードモデルを用いた。

結果

・2,072例(年齢中央値 45歳[中間値範囲 42~48歳];男性 1,669例[80.6%])のうち、指標入院時に喫煙者だったのは1,088例(52.5%)であった。

・このうち患者910例は、心筋梗塞後1年後に禁煙群(343例[37.7%])と継続喫煙群(567例[62.3%])のいずれかにさらに分類された。

・追跡期間中央値 11.2年(四分値間範囲 7.3~14.2年)の間に、禁煙群では、全死亡率(ハザード比[HR] =0.35、95%CI 0.19~0.63;P < 0.001)および心血管死亡率(HR =0.29、95%CI 0.11~0.79;P = 0.02)が統計学的に有意に低かった。

・これらの値は、傾向スコア調整後も統計学的に有意であった。

  • 全死亡率  :HR =0.30、95%CI 0.16〜0.56;P < 0.001
  • 心血管死亡率:HR =0.19、95%CI 0.06〜0.56;P = 0.003

結論および関連性

このコホート研究では、50歳以下で心筋梗塞を経験した人の約半数が積極的な喫煙者であった。このうち、心筋梗塞後 1 年以内の禁煙は、全原因死亡率および心血管系死亡率の 50%以上の低下と関連していた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました