SGLT2阻害薬と他の血糖低下薬を併用した2型糖尿病患者における急性腎障害イベントのリスクはどのくらいですか?(後向きコホート研究; AJKD 2020)

Acute Kidney Injury Events in Patients With Type 2 Diabetes Using SGLT2 Inhibitors Versus Other Glucose-Lowering Drugs: A Retrospective Cohort Study

Christie Rampersad et al.

American Journal of Kidney Diseases 2020

Published:May 24, 2020DOI:https://doi.org/10.1053/j.ajkd.2020.03.019

PMID: 未

論理的根拠と目的

ナトリウムグルコースコトランスポーター2(SGLT2)阻害薬は、慢性腎臓病の進行を遅らせ、心不全イベントを予防する。しかし、SGLT2 阻害薬は急性腎障害(AKI)のリスクを高める可能性がある。

我々の目的は、他のすべてのグルコース低下薬(other glucose lowering drugs, oGLD)と比較して、SGLT2阻害薬の使用がAKIの発生率の増加と関連しているかどうかを評価することであった。

試験デザイン


レトロスペクティブコホート研究。

試験設定と参加者

カナダのマニトバ州で、2014年6月から2017年3月まで追跡調査した2型糖尿病(T2DM)の成人。

曝露

州全体の外来処方データベースを介して確認されたSGLT2阻害薬またはoGLDの初期使用。

アウトカム

主要転帰は、血清クレアチニンの上昇および/または血糖降下剤服用中のAKIの退院コード(on-treatment approach)によって同定された偶発的なAKIであった。

分析的アプローチ

SGLT2阻害薬の偶発的使用者のグループとoGLDの使用者の1:1のマッチドセットを組み立てるために、傾向スコア分析を使用した。

AKIの発生率は、原因特異的ハザードモデルを用いて、一致したグループ間で比較した。感度解析では、曝露は薬剤開始後の追跡期間を通じて一定であると考えられた(intention-to-treatアプローチ)、または再発曝露を組み込んだ(新規ユーザーデザイン)。

結果

・SGLT2阻害薬使用者4,778例とoGLD使用者4,778例を比較したところ、主要アウトカムに差は認められなかった。

★HR =0.64、95%CI 0.40~1.03、p = 0.064

・感度解析のいずれのセットにおいても、SGLT2阻害薬はAKIのリスク増加と関連していなかった。

試験の限界

薬剤の選択はAKIリスクに関連していた可能性があり、検査データは臨床で得られたものであり、有害事象報告の変化はFDAの警告に続いていた可能性がある。

個々のSGLT2阻害薬を比較するためのデータが不十分であった。

結論

oGLDと比較して、SGLT2阻害薬は、臨床集団ベースのコホートにおいてAKIのリスク増加との関連は認められなかった。

コメント

SGLT2阻害薬による急性腎障害リスクについて、以前から懸念されています。一方で、SGLT2阻害薬使用によるタンパク尿低下、いわゆる腎保護作用についても報告されています。

さて、研究結果によれば、SGLT2阻害薬の使用は、他の経口血糖降下薬の使用と比較して、血清クレアチニンの上昇あるいはAKIの発生に差は認められなかった(HR =0.64、95%CI 0.40~1.03、p = 0.064)。区間推定値としては、むしろ低下傾向。

ただし、後向きのコホート研究の結果であるため、あくまでも相関関係。前向きのコホート研究の結果とも比較した方が良いと考える。

✅まとめ✅ SGLT2阻害薬は、他の経口血糖降下薬と比較して、血清クレアチニンの上昇あるいはAKIの発生に差は認められなかった

コメント

タイトルとURLをコピーしました