COVID-19の潜在的な感染拡大と季節性を推定するための温湿度・緯度解析(コホート研究; JAMA Netw Open. 2020)

Temperature, Humidity, and Latitude Analysis to Estimate Potential Spread and Seasonality of Coronavirus Disease 2019 (COVID-19)

Mohammad M Sajadi et al.

JAMA Netw Open. 2020 Jun 1;3(6):e2011834. doi: 10.1001/jamanetworkopen.2020.11834.

PMID: 32525550

PMCID: PMC7290414

DOI: 10.1001/jamanetworkopen.2020.11834

試験の重要性

コロナウイルス病2019(COVID-19)感染は世界的な危機をもたらした。気候や季節性とこの感染の広がりとの潜在的な関連性を調査することは、予防戦略やサーベイランス戦略に役立つ可能性がある。

目的

気候とCOVID-19感染の広がりとの関連を調べる。

試験デザイン、設定、参加者

このコホート研究では、世界50都市の気候データを調査し、COVID-19のコミュニティでの感染拡大の有無を調べた。

COVID-19が大幅に拡大した8都市(中国・武漢、日本・東京、韓国・大邱、イラン・コム、イタリア・ミラノ、フランス・パリ、米国・シアトル、スペイン・マドリード)と、影響を受けていない、または大幅なコミュニティ拡大が見られなかった42都市と比較した。

データは2020年1月から3月10日まで収集した。

主要アウトカムと測定法

実質的なコミュニティ伝播とは、2020年3月10日時点で、ある国で少なくとも10人の死亡が報告されていると定義した。

気候データ(緯度、平均2m気温、平均比湿度、平均相対湿度)はERA-5再解析から取得した。

結果

・2020年3月10日時点でコミュニティが大きく広がっている8都市は、北緯30度から北緯50度の狭い範囲に位置していた。これらの都市は、平均気温が5~11℃で、低比湿(3~6g/kg)と低絶対湿度(4~7g/m3)、一貫して類似した気象パターンを有していた。

・近接していると予想される場所では、実質的な群集の定着は見られなかった。例えば、中国の武漢(北緯30.8度)では死亡数3,136件、症例数80,757件であったのに対し、ロシアのモスクワ(北緯56.0度)では死亡数0件、症例数10件、ベトナムのハノイ(北緯21.2度)では死亡数0件、症例数31件であった。

結論と関連性

本研究では、制限された緯度、温度、湿度測定に沿ったCOVID-19の実質的なコミュニティアウトブレイクの分布は、季節性呼吸器ウイルスの行動と一致していた。気象モデルを用いることで、今後数週間の間にCOVID-19の実質的な集団伝播のリスクが最も高い地域を推定することが可能となり、公衆衛生上の努力をサーベイランスと封じ込めに集中させることが可能となります。

コメント

COVID-19を引き起こすSARS-CoV-2は、他のコロナウイルス同様、その伝播において温度や湿度の関与が示唆されています。

さて、今回の研究結果によれば、感染が大きく拡がった8都市(中国・武漢、日本・東京、韓国・大邱、イラン・コム、イタリア・ミラノ、フランス・パリ、米国・シアトル、スペイン・マドリード)は、平均気温が5~11℃で、低比湿(3~6g/kg)と低絶対湿度(4~7g/m3)であり、一貫して気象パターンが類似していたようです。

COVID-19はウイルス感染症であることから、その伝播において、当然ながら温度や湿度といった地域的な環境因子が関与していることは言うまでもありませんが、このように検証されていることが重要であると考えます。

COVID-19感染拡大を抑制するために、貴重な報告であると考えます。

✅まとめ✅ COVID-19感染拡大において温度や湿度が関与しているかもしれない

コメント

タイトルとURLをコピーしました