COVID-19に対する回復期血漿輸血(CPT)の効果は現段階では評価できない?(システマティックレビュー; J Med Virol. 2020)

Convalescent Plasma Transfusion for the Treatment of COVID-19: Systematic Review

Karthick Rajendran et al.

J Med Virol. 2020 May 1;10.1002/jmv.25961. doi: 10.1002/jmv.25961. Online ahead of print.

PMID: 32356910

PMCID: PMC7267113

DOI: 10.1002/jmv.25961

背景・目的

近年のコロナウイルス疾患2019(COVID-19)パンデミックの出現により、歴史的な回復期血漿輸血(CPT)の有用性が再評価されている。本レビューは、これまでに報告された論文をもとに、COVID-19患者におけるCPT療法の有効性を評価するために実施したものである。私たちの知る限りでは、これはCOVID-19患者における臨床的に関連するアウトカムに関する回復期血漿に関する最初のシステマティックレビューである。

方法

本システマティック検索は、システマティックレビューおよびメタアナリシスガイドラインの好ましい報告項目に従って、COVID-19の治療に関するCPTに関する情報を提供する利用可能なエビデンスを特定するために、主要な電子データベース(PubMed、Embase、Medline)を用いて実施された。

結果

・検索により論文110報が同定された。タイトルと抄録のスクリーニングと重複を除去した後、論文8報をフルテキストで評価した。

・その中で、関連する論文5報(パイロット研究1報、速報1報、新規報告1報、症例報告1報、記述的研究1報)を見つけた。

・研究国、患者数、CPTの投与量、死亡率、輸血中の入院期間、重篤な治療介入、臨床転帰、ウイルス負荷、有害事象を含む。研究5報には、COVID-19に対するCPT治療を受けた合計27例の患者が含まれている。

・1件(韓国)を除くすべての研究が中国で実施された。研究5件では、男性患者(n=15)の方が女性患者(n=12)よりも多かった。患者の年齢は28歳から75歳まで様々であった。併存疾患は、COPD/気管支炎(n=2)、心血管・脳血管疾患(n=1)、高血圧(n=7)を含むCPTを付与された患者の一部に認められた。

・高血圧患者のうち、僧帽弁閉鎖不全が1例、慢性腎不全が1例であった。また、63歳女性1例がシェーグレン症候群を呈していた。また、別の31歳女性COVID-19患者は妊娠35週2日であった。

(以下、DISCUSSIONから一部引用)


CPT後のウイルス負荷と抗体価
・5つの研究すべてにおいて、CPTは時間の経過とともにウイルス負荷を有意に低下させ、中和抗体のレベルを上昇させることが明らかになった。また、CPT後1日目から30日目までの間にウイルス負荷は減少し、陰性となった。

臨床的な利点
回復期血漿輸血後、ほとんどの患者で体温の正常化、肺病変の吸収の程度の違い、ARDSの消失、1日以内の人工呼吸の離脱、輸血後最長35日までの症状の改善が認められた。

生存期間
すべての研究で、患者がさまざまな用量でCPTを投与された後の死亡率はゼロであったことが一貫して報告されている。しかし、生存率が高いのは、他の複数の薬剤(抗ウイルス薬を含む)との併用によるものなのか、CPT治療によるものなのか、あるいは両方の組み合わせ/相乗効果によるものなのか、はっきりとは明らかにされていなかった。

重篤な有害事象と治療合併症
CPT はすべての試験において参加者の忍容性が良好であった。SARSのCoV2感染者に回復期血漿を投与しても死亡例は報告されなかった。

限界
質の高いRCT研究の欠如と関連文献の乏しさが、我々の分析を制限していた。報告された研究はすべて症例報告またはシリーズであり、適切なコントロールグループがなく、バイアスのリスクは中等度から高度であった。

結論

COVID-19のアウトブレイクによる最大の世界的な健康危機を制御することが切実な必要性である。

現在のところ、重篤なCOVID-19感染者に対する信頼できる治療法はない。患者27例を対象とした5つの独立した研究から得られた臨床データをもとに、抗ウイルス薬・抗菌薬に加えて、CPTが安全性、臨床症状の改善、死亡率の低下に関する有望なエビデンスを有する有効な治療選択肢である可能性を示唆している。

COVID-19に対するCPTの最適投与量や治療時期について決定的な結論を出すことはできないが、このパンデミックに取り組むためには、大規模な多施設共同臨床試験が緊急に必要であることを認識している。

コメント

回復期血漿輸血(CPT)の有用性はエボラウイルスやMERS-CoVで示唆されています。したがって、SARS-CoV-2に対しても一定の効果が得られる可能性があります。

さて、本試験結果によれば、CPTの効果を検証した臨床試験は限られており、症例報告あるいは症例集積シリーズがほとんどを占めているようです。副作用が少なく、また認められたとしても軽度であり、さらに死亡例が報告されていないことからCOVID-19に対する治療薬として期待できるようですが、併用薬による影響が考えられることからCPTの効果は現時点で懐疑的です。

✅まとめ✅ COVID-19に対する回復期血漿輸血(CPT)を検証したこれまでの試験は、症例報告あるいは症例シリーズであり、適切な対照群を設定していないため結論を出すことはできなかった

コメント

タイトルとURLをコピーしました