COVID-19に対するIL-6阻害薬トシリズマブ使用は死亡リスクを低減できますか?(小規模・患者データ統合解析; Med Virol. 2020)

Clinical Outcomes in COVID-19 Patients Treated With Tocilizumab: An Individual Patient Data Systematic Review

Daniel Antwi-Amoabeng et al.

 Med Virol. 2020 May 21. doi: 10.1002/jmv.26038. Online ahead of print.

PMID: 32436994

DOI: 10.1002/jmv.26038

Keywords: COVID-19; Individual patient data; SARS-CoV-2; Tocilizumab; anti-interleukin-6 receptor antibody.

背景

現在のエビデンスは、重症COVID-19患者におけるSARS-CoV-2関連サイトカイン放出ストリームにおいて、インターロイキン-6(IL-6)経路が重要な役割を果たしていることを示唆している。

これらの患者ではトシリズマブによるIL-6経路阻害が成功しているが、そのデータは症例報告やシリーズのものがほとんどである。

方法

2020年4月22日からPubMed、Embase、Medlineのシステマティック検索を行い、2020年4月27日に再度、以下の検索語を単独または組み合わせて検索した。

“COVID-19」、「コロナウイルス」、「SARS-CoV-2」、「COVID」、「抗インターロイキン6受容体抗体」、「抗IL-6」、「トシリズマブ」、「サリルズマブ」、「シルツキシマブ」”

患者個人のデータを報告している研究を対象とした。

ベースラインの特徴、検査所見、臨床転帰に関する個人レベルのデータを抽出し、分析した。

一次エンドポイントは院内死亡率とした。

副次的エンドポイントには、院内合併症、回復率、患者の特徴が主要評価項目に及ぼす影響、炎症性マーカーのレベルの変化が含まれていた。

結果

・システマティック検索により記録352件が同定され、そのうち研究10件が包含基準を満たした。

・また、現在レビュー中の研究も1件追加された。

・患者29例を含む観察研究11件が本レビューに含まれた。

・患者背景は、男性が多く(24例[82.8%])、高血圧が最も一般的な併存疾患であった(16例[48.3%])。

・平均5.4日の入院で、主要エンドポイントである院内死亡は6例(20.7%)の患者で発生した。

・生存していた患者のうち、約10%は病状が悪化し、17%が回復した。

・最も多かった合併症は急性呼吸窮迫症候群(8例[27.6%])であった。

・トシリズマブ投与開始後のIL-6濃度は、ベースラインの71.1(31.9〜122.8)pg/mLに比べ、中央値(IQR)は376.6(148〜900.6)pg/mLと有意に高値を示した(p=0.002)。

・c-反応性蛋白(CRP)の平均(SD)値は、ベースラインの140.4(77)mg/Lに対し、治療後は24.6(26.9)mg/Lと有意に低下した(P<0.0001)。

・ベースラインの人口統計学は、フィッシャーの厳密検定により、生存者と非生存者で有意差はなかった。

結論

トシリズマブで治療されたCOVID-19患者では、サイトカインストームを支持するIL-6レベルが有意に上昇していた。

トシリズマブ投与開始後、IL-6レベルの上昇が認められ、CRPレベルは劇的に低下し、この炎症亢進状態の改善を示唆している。

ランダム化対照試験を継続することで、この有望な治療法のさらなる評価が可能になると考えられる。

試験の重要性

最近のデータは、重度のCOVID 19はサイトカイン放出ストリームを引き起こし、臨床転帰の悪化と関連しており、IL-6が重要な役割を果たしていることを示している。

抗IL6はこの炎症亢進状態を改善することが示唆されている。しかし、我々の知る限りでは、トシリズマブを投与されたCOVID 19患者のベースライン特性と臨床転帰をまとめるために実施された個別の患者データシステマティックレビューは存在しない。

コメント

トシリズマブ(アクテムラ®️)の効果を患者個別データから解析した研究。

ただし、症例報告や症例シリーズの統合解析であり、プラセボや標準治療を含む対照群との比較ではないため、トシリズマブ本来の有効性は不明です。

トシリズマブに関する報告は、他の治療候補薬と比較して、情報量が少ないように思います。

続報を待ちます。

✅まとめ✅ COVID-19に対するトシリズマブはIL-6濃度を上昇させ、CRPを低下させることにより、サイトカイン放出ストリームを抑えるかもしれないが、実臨床での有効性は不明

コメント

タイトルとURLをコピーしました