【メタ解析】COVID-19に対するヒドロキシクロロキン使用により死亡リスクが増加しますか?(SR&MA; Diabetes Metab Syndr. 2020)

“Hydroxychloroquine in Patients With COVID-19: A Systematic Review and Meta-Analysis.”

Awadhesh Kumar Singh et al.

Diabetes Metab Syndr. 2020 May 12;14(4):589-596. doi: 10.1016/j.dsx.2020.05.017.

PMID: 32417708

PMCID: PMC7215156

DOI: 10.1016/j.dsx.2020.05.017

Keywords: COVID-19; Death; Hydroxychloroquine; Outcomes; Viral clearance.

背景および目的

COVID-19の治療におけるヒドロキシクロロキン(HCQ)の役割は完全には知られていない。我々は、COVID-19 被験者におけるHCQの効果を対照と比較し、a. 逆転写酵素ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)により測定されたウイルスクリアランス、および b. 全死因による死亡について検討した。

方法

PubMed, Scopus, Cochrane, MedRxiv データベースを2020年4月30日までの特定のキーワードで検索した。目的に合致した研究については、各種ツールを用いてバイアスのリスクを評価した。

RT-PCRによるウイルスクリアランスと全死亡のアウトカムを報告した3研究について、ランダム効果モデルを用いて対数リスク比(RR)の逆分散加重平均を適用してメタ解析を行った。異質性および公表バイアスは、それぞれI2統計量およびファンネルプロットを用いて評価した。

結果

・RT-PCRで評価したウイルスクリアランスに関する研究3件(n = 210)のメタ解析では、中程度の不均一性(I2 = 61.7%、p = 0.07)であったが、有益性は認められなかった。

★RR =1.05、95%CI 0.79~1.38;p = 0.74

・研究3件(n = 474)のメタアナリシスでは、対照と比較してHCQによる死亡の有意な増加が示されたが(RR =2.17、95% 1.32~3.57;p = 0.002)、異質性は認められなかった(I2 = 0.0%、p = 0.43)。

結論

COVID-19患者では、ウイルスクリアランスに関しては有益性は認められなかったが、HCQは対照と比較して死亡率の有意な増加が認められた。

コメント

これまでに報告されたCOVID-19関連の研究のメタ解析。 COVID-19に対するヒドロキシクロロキンの有効性・安全性を評価しています。

さて、試験結果によれば、COVID-19に対するヒドロキシクロロキンの有効性(ウイルスクリアランスの)は、対照群と比較して認められませんでした。過去の報告と矛盾していません。一貫して、COVID-19に対するヒドロキシクロロキンの有効性は認められていません。一方、安全性については、死亡リスクについて検証されており、ヒドロキシクロロキン使用は、対照群と比較して、有意に死亡リスクを増加させました。

COVID-19に対するヒドロキシクロロキン使用は「百害あって一利なし」です。

✅まとめ✅ COVID-19に対するヒドロキシクロロキンの有効性は対照と大きな差がなく、死亡リスクが増加する

コメント

タイトルとURLをコピーしました