レニン・アンギオテンシンシステム阻害薬の使用はCOVID-19の重症度あるいは死亡リスクへ関連しますか?(単施設の後向き症例集積; JAMA Cardio. 2020)

Association of Renin-Angiotensin System Inhibitors With Severity or Risk of Death in Patients With Hypertension Hospitalized for Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) Infection in Wuhan, China.

Li J et al.

JAMA Cardiol. 2020 Apr 23.

doi: 10.1001/jamacardio.2020.1624.

PMID: 32324209

試験の重要性

アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACEI)またはアンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)を服用している高血圧患者が、コロナウイルス疾患2019(COVID-19)の入院中に重症度または死亡リスクを増加させるかどうかのデータが不足している。

目的

COVID-19感染症で入院した高血圧患者におけるACEI/ARBsと重症度および死亡率との関連を調査する。

試験デザイン、設定、参加者

2020年1月15日から3月15日までに中国・武漢の中央病院にCOVID-19感染症で入院した患者1,178人を対象としたレトロスペクティブな単施設症例シリーズ。

主要アウトカムと対策

COVID-19はリアルタイム逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)により確認され、全患者において疫学的、臨床的、放射線学的、臨床的、検査的、薬物療法のデータを解析した。

高血圧患者がACEI/ARBを服用している割合を、重症患者と非重症患者、および生存者と非生存者の間で比較した。

結果

・COVID-19患者1,178人のうち、年齢中央値は55.5歳(四分位範囲 38~67歳)で、545人(46.3%)が男性であった。

・全体の院内死亡率は11.0%であった。高血圧患者は362例(全体の30.7%、年齢中央値66.0歳[中間値範囲 59~73歳]、189例[52.2%]は男性)で、そのうち115例(31.8%)がACEI/ARBを服用していた。

・高血圧患者の院内死亡率は21.3%であった。高血圧患者のACEI/ARBを服用している割合は、重症感染者と非重症感染者の間で差はなく(32.9% vs. 30.7%;P = 0.65)、また、非生存者と生存者の間でも差はなかった(27.3% vs. 33.0%;P = 0.34)。

・ACEIを服用している患者とARBを服用している患者についてデータを解析したところ、同様の所見が観察された。

結論と関連性

本研究は、COVID-19感染症で入院した高血圧患者におけるACEI/ARBと転帰との関連に関する臨床データを提供し、ACEI/ARBはそのような患者におけるCOVID-19の重症度または死亡率とは関連していないことを示唆している。これらのデータは、COVID-19パンデミック時の高血圧治療に関する現在のガイドラインと社会的勧告を支持するものである。

コメント

アンギオテンシン変換酵素阻害薬(ACEI)あるいはアンギオテンシン受容体拮抗薬(ARB)の使用が、COVID-19へ影響がある可能性が示唆されていました。これは、原因ウイルスのヒトSARS-CoV-2が細胞に侵入する際に結合すると考えられているタンパク質(受容体)がACE2だからです。

さて、試験結果によると、ACEI/ARB使用は、COVID-19重症化および死亡リスクの増加に関連していませんでした。ただし、試験は単施設かつ後向きの症例シリーズです。続報を待ちます。

✅まとめ✅ レニン-アンギオテンシン阻害薬の使用はCOVID-19の重症度あるいは死亡リスクと関連していないかもしれない

コメント

タイトルとURLをコピーしました