心房細動患者におけるアピキサバンとリバーロキサバンはどちらが優れていますか?(米国 人口ベース後向きコホート研究; Ann Intern Med. 2020)

Effectiveness and Safety of Apixaban Compared With Rivaroxaban for Patients With Atrial Fibrillation in Routine Practice: A Cohort Study

Michael Fralick et al.

Ann Intern Med. 2020

PMID: 32150751

DOI: 10.7326/M19-2522

Primary funding source: Division of Pharmacoepidemiology and Pharmacoeconomics, Brigham and Women’s Hospital.

背景

アピキサバンとリバーロキサバンは、心房細動の成人に最も一般的に処方される直接経口抗凝固薬だが、安全性と有効性を比較した直接的なデータは不足している。

目的

非弁膜症性心房細動患者のアピキサバンとリバーロキサバンの安全性と有効性を比較する。

試験設計

新規ユーザー、実薬比較、後ろ向きコホート研究。

試験設定

2012年12月28日から2019年1月1日までの米国の商業用医療保険請求データベース。

対象患者

アピキサバン(n = 59,172)またはリバーロキサバン(n = 40,706)を新規処方された成人。

測定

主な有効性アウトカムは、虚血性脳卒中または全身塞栓症の複合だった。

主な安全性アウトカムは、頭蓋内出血または消化管出血の複合だった。

結果

・アピキサバンを新たに処方された患者39,351人は、リバロキサバンを新たに処方された39,351人と一致する傾向スコアだった。

・平均年齢は69歳で、患者の40%が女性であり、平均追跡期間は、新規アピキサバン使用者で288日、新規リバーロキサバン使用者で291日だった。

・虚血性脳卒中または全身塞栓症の発生率は、アピキサバンを処方された成人の6.6/1000人年であったのに対し、リバーロキサバンを処方された成人の8.0/1000人年だった。

★ハザード比[HR] = 0.82 [95%CI 0.68〜0.98]

★レート差 = 1.4/1000人年[CI 0.0〜2.7]

・アピキサバンを処方された成人(12.9/1000人年)は、リバロキサバンを処方された成人(21.9/1000人年)と比較して、消化管出血または頭蓋内出血の発生率が低かった。

★HR = 0.58(CI 0.52〜0.66)

★レート差 = 9.0/1000人年(CI 6.9〜11.1)

—-

試験の限界

未測定の交絡、不完全な検査データ。

結論

ルーチンケアでは、アピキサバンを処方された心房細動の成人は、リバロキサバンを処方された成人と比較して、虚血性脳卒中または全身性塞栓症および出血、両方の発生率が低かった。

コメント

アブストのみ。

アメリカ人口ベースの後向きコホート研究。抗凝固薬の直接比較試験(Head to Head RCT)はなかったように思います。

さて、本研究結果によると、アピキサバン(エリキュース®️)の方が、リバーロキサバン(イグザレルト®️)より有効性・安全性が優れていそう。不思議ですね。

ただ過去に報告されたコホートやメタ解析の結果と大きく違わないと思いますので、結果は一貫していそう。正直、リバーロキサバンの良い(有効性が高い)報告は少ない印象です。

✅まとめ✅ 非弁膜症性心房細動患者における有効性・安全性はリバーロキサバンよりもアピキサバンの方が高そう

コメント

タイトルとURLをコピーしました