心不全HFrEFを呈す高齢者におけるフォシーガ®️の効果はどのくらいですか?(DB-RCT; DAPA-HF事後解析; Circulation 2019)

Efficacy and Safety of Dapagliflozin in Heart Failure With Reduced Ejection Fraction According to Age: Insights From DAPA-HF.

Martinez FA et al.

Circulation. 2019 Nov 17.

doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.119.044133. [Epub ahead of print]

KEYWORDS: Age; DAPA-HF; Dapagliflozin; SGLT2 inhibitors

CLINICAL TRIAL REGISTRATION: URL: https://www.clinicaltrials.gov. Unique
identifier: NCT03036124.

PMID: 31736328

背景

DAPA-HFトライアル(ダパグリフロジンおよび心不全の有害転帰の予防)は、他のガイドライン推奨療法にダパグリフロジンを追加すると、死亡率と心不全入院のリスクが低下し、心不全患者の症状が改善し、駆出率が低下することを示した。

高齢者治療の有効性と安全性に関する潜在的な懸念を考慮して、年齢に応じたダパグリフロジンの効果を調べた。

方法

左心室駆出率が40%以下で、NT-proBNP(N末端プロB型ナトリウム利尿ペプチド)がわずかに上昇しているニューヨーク心臓協会の機能クラスII以上の患者が適格だった。

主要な除外基準には、収縮期血圧<95 mmHgおよび推定糸球体濾過率<30 mL/min/1.73 m2が含まれていた。

主なアウトカムは、心不全の悪化(心不全入院または緊急心不全の来院)または心血管死のいずれか早い方の発症の複合だった。

結果

・22〜94歳(平均年齢 66.3 [SD 10.9]歳)の合計4,744人の患者がランダム化された。患者636人(13.4%)は55歳未満であり、1,242人(26.2%)は55〜64歳、1,717人(36.2%)は65〜74歳で、1,149(24.2%)は75歳以上だった。

・各年齢層の主要転帰の割合(100人年あたり、vs. プラセボ群)は、13.6(95%CI 10.4〜17.9)、15.7(95%CI 13.2〜18.7)、15.1(95%CI13.1〜17.5)、18.0(95%CI 15.2〜21.4)だった。

・対応するダパグリフロジン/プラセボのハザード比は0.87(95%CI 0.60〜1.28)、0.71(95%CI 0.55〜0.93)、0.76(95%CI 0.61〜0.95)、0.68(95%CI 0.53〜0.88、相互作用のP = 0.76)。

・主要転帰、総死亡率、および症状の要素について一貫した利益が観察された。有害事象および治験薬の中止は年齢とともに増加したが、いずれの年齢層でもダパグリフロジンでは有意に一般的ではなかった。

結論

ダパグリフロジンは、DAPA-HFで研究された幅広い年齢層で死亡リスクと心不全の悪化を軽減し、症状を改善した。高齢者であっても、ダパグリフロジンとプラセボの間で忍容性または安全性イベントに有意な不均衡は認められなかった。

コメント

アブストのみ。

DAPA-HFの層別解析。プラセボ群と比較し、ダパグリフロジンの使用は55歳以上でも心不全悪化あるいは心血管死リスクを低下させた。75歳以上での効果が最も大きそうであった。

ただし事後解析であるため、サンプルサイズおよびランダム化は崩れているため、あくまでも仮説生成的な結果。追試が求められる。

✅まとめ✅ ダパグリフロジンは高齢者であっても心不全悪化や心血管死のリスクを低下させるかもしれない

コメント

タイトルとURLをコピーしました