疫学研究に用いられている盲検化の効果はどのくらいですか?(MetaBLIND研究; メタ疫学研究; BMJ2020)

Impact of blinding on estimated treatment effects in randomised clinical trials: meta-epidemiological study

BMJ 2020; 368 doi: https://doi.org/10.1136/bmj.l6802 (Published 21 January 2020)Cite this as:

BMJ 2020;368:l6802

PMID: 31964641 PMCID: PMC7190062 DOI: 10.1136/bmj.l6802

目的

推定された治療効果に対する盲検化の影響、および試験間のそれらの変動を研究することだった。患者、医療提供者、およびオブザーバーの盲検化を区別する。検出バイアスとパフォーマンスバイアス。 およびアウトカムのタイプ(MetaBLIND研究)。

デザイン

メタ疫学研究。

データソース

Cochrane Database of Systematic Reviews(2013-14)。

任意のトピックに関する盲検化された試験と非盲検化された試験の両方を含む研究のメタ分析を選択するための適格基準。

レビュー方法

盲検状態は試験出版物と著者から取得され、結果はコクラン系統的レビューデータベースから自動的に取得された。

ベイジアン階層モデルは、オッズ比の平均比(ROR)を推定し、非盲検試験(または不明確な状態)と盲検試験の試験間の不均一性の増加を推定した。

二次分析では、配分の隠蔽、損耗、および試験規模の妥当性を調整し、アウトカムの主観性(高、中、低)と平均バイアスとの関連性を調査した。 ROR1未満は、盲検化なしの試験で誇張された効果推定を示した。

結果

・本研究には、142件のメタ分析(1,153件の試験)が含まれていた。

・患者の盲検化の欠如に関するRORは、患者がアウトカムを報告した18件のメタ分析で0.91(95%信頼区間 0.61〜1.34)であり、盲検化した観察者が報告した14件のメタ分析で0.98(0.69〜1.39)だった。

・医療提供者の盲検化の欠如に関するRORは、医療提供者の決定アウトカム(再入院など)を伴う29件のメタ分析で1.01(0.84〜1.19)、盲検患者またはオブザーバーによって報告されるアウトカムを伴う13件のメタ分析で0.97(0.64〜1.45)だった。

・主観的観察者がアウトカムを報告した46のメタ分析で、観察者の盲検化の欠如に関するRORは1.01(0.86〜1.18)であり、主観性の程度の明確な影響はなかった。

・盲検化の欠如が試験間の不均一性の増加と関連しているかどうかを判断するには情報が不十分だった。

・ダブルブラインドとして報告されていない試験とダブルブラインドである試験のRORは、74のメタ分析で1.02(0.90〜1.13)だった。

結論

盲検化された患者、医療提供者、またはアウトカム評価者の有無による試験間の推定治療効果の平均差に関する証拠は認められなかった。

これらの結果は、盲検化が、多くの場合信じられている、または残留交絡や不正確さなどのメタ疫学研究の限界よりも重要でないことを反映している可能性がある。

現段階では、本研究の再現が提案されており、盲検化は治験の方法論的な安全対策のままでなければなりません。

コメント

アブストのみ。

正直驚きました。ブラインド、特にダブルブラインドはランドマーク研究で必ずと言っていいほど利用されています。しかし、ダブルブラインドとして報告されていない研究と比較して、報告バイアスの差は認められなかった。ただし、本試験のプライマリーアウトカムは、あくまでも試験間の不均一性の増加であり、これについては情報が足りず結論が出せていない。

とはいえ、今まで盲信されてきたブラインドの効果がそんなになかったとなると仮説生成でもインパクトは大きいですね。性善(弱)説からすると、個人的にはバイアスが極力入らないようにする取り組みは必要だと考えています。

試験の再現が求められているようなので続報に期待したいと思います。

✅まとめ✅ 疫学研究における盲検化の効果は小さいかもしれない

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました