糖尿病患者におけるDPP-4 阻害薬使用は類天疱瘡リスクとなりますか?(韓国人口ベース後向き症例対照研究; AMA Dermatol. 2019)

Association of Dipeptidyl Peptidase 4 Inhibitor Use With Risk of Bullous Pemphigoid in Patients With Diabetes.

Lee SG et al.

JAMA Dermatol. 2019 Feb 1;155(2):172-177.

doi: 10.1001/jamadermatol.2018.4556.

PMID: 30624566

【背景】

最近の研究では、ジペプチジルペプチダーゼ4(DPP-4)阻害剤が水疱性類天疱瘡(BP)を発症するリスク増加と関連していることを示唆している。 DPP-4阻害剤とBPに関する集団ベースの研究は限られている。

【目的】

DPP-4阻害剤の使用とBP発症リスク増加との潜在的な関連性を明らかにする。

【試験設定、設計、参加者】

2012年1月1日から2016年12月31日までの韓国の保険金請求データを使用した。本レトロスペクティブな全国ベースの症例対照研究には、新たに診断されたBPと糖尿病の患者が含まれていた。同じ期間内に年齢、性別、診断年を一致させた後、糖尿病(およびBPなし)のコントロール患者をランダムに取得した。

【主なアウトカムと測定】

1年あたりの新たに診断されたBPと糖尿病の患者数、およびBPの全患者における糖尿病患者割合の年間変化を測定した。単変量および多変量ロジスティック回帰分析を使用して、DPP-4阻害薬の使用とBP発症リスクとの関連を分析した。

【結果】

・本研究には、670例の症例(糖尿病とBPを含む)と670例の対照(糖尿病のみを含む)(平均[SD]年齢、各グループで75.3 [10.0]歳、各グループで342 [51.0%]の男性)が含まれた。

・糖尿病およびBPの患者数は、研究期間中に倍増した(2012年の77人から2016年の206人)。

・すべてのBP患者における糖尿病患者の割合も増加した(2012年の0.18から2016年の0.33)。

・DPP-4阻害剤の使用は、BP発症リスクの有意な増加と関連していた。

★調整オッズ比[aOR] =1.58; 95%CI 1.25〜2.00; P <0.001

・韓国で使用されているすべてのDPP-4阻害剤の中で、最も高いaORはビルダグリプチン使用に関連していた。

★aOR =1.81; 95%CI 1.31〜2.50; P <0.001

・サブグループ分析では、男性患者に有意な関連性が認められ(aOR =1.91; 95%CI 1.39〜2.63; P <0.001)、ビルダグリプチンが最もリスクの高いDPP-4阻害剤であった(aOR =2.70; 95%CI 1.73〜4.34; P <0.001

【結論と関連性】

調査結果では、DPP-4阻害剤が糖尿病患者のBP発症リスクの有意な増加と関連していることを示唆している。

韓国で入手可能なDPP-4阻害剤のうち、ビルダグリプチンは、特に男性患者で最も高いリスクと関連があった。

開業医は、DPP-4阻害剤、特にビルダグリプチンが糖尿病患者のBP発症に関連している可能性があることを考慮する必要がある。これらの全国的な人口ベースの結果は、DPP-4阻害剤がBP増悪にどのように寄与するかを理解しようとするさらなる研究の基盤として役立つ可能性がある。


【コメント】

アブストのみ。

韓国からの報告。アジア圏という意味では、日本人への外挿性は高いかもしれない。

さて、本結果によれば、糖尿病患者におけるDPP-4阻害薬、特にビルダグリプチン(エクア®️)使用は類天疱瘡のリスク増加に関連していそうとのこと。

あくまで症例対照研究の結果であるため相関関係までしか示せないが、過去の報告と矛盾しない。アメリカや欧州で報告されている患者背景とも類似している。HLA-DQB1*03:01遺伝子との関連が示唆されているため、人種差はそこまでないのかもしれない。

続報を待ちたい。

]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました