軽症から中等症のCOVID-19外来患者における回復持続時間に対してイベルメクチンは有効ですか?(RCT; ACTIV-6試験; JAMA. 2022)

pexels-photo-4031869.jpeg 09_感染症
Photo by Edward Jenner on Pexels.com

軽症から中等症のCOVID-19外来患者に対するイベルメクチンの効果は?

COVID-19治療は進歩していますが、特に外来での追加治療が必要となります。高所得国の高リスク者に対しては、新規の経口抗ウイルス薬が認可されていますが(PMID: 34914868PMID: 33180097)、ワクチン接種者におけるこれらの薬剤の有効性は不明であり、世界的に入手が制限されています。

米国では、高リスクでない個人に対しては、現在COVID-19療法は推奨されていません。COVID-19に対しては、多くの再利用薬(Drug Repositioning)が検討されています(PMID: 34717820PMID: 34388395PMID: 33662102PMID: 32678530)。今日まで、再利用薬の研究は、主に重度のCOVID-19の治療のために入院患者を対象として行われてきました(PMID: 35179551PMID: 33933206PMID: 32251768)。

イベルメクチンは、オンコセルカ症やストロンギロイド症に世界中で使用されている抗寄生虫薬ですが、2020年に抗ウイルス活性の可能性を示唆するin vitro試験により、COVID-19の再利用薬としての可能性が浮上しました(PMID: 32363333)。イベルメクチンは、COVID-19の重症度別に数多くの試験が終了しています(PMID: 32363333)。初期の研究、特に入院患者における研究は、潜在的な治療効果を示唆しましたが、投与量と全体的な研究の質にばらつきがあり、その後、複数の論文が撤回されたため、論争になっています(PMID: 35071686PreprintPMID: 35317360)。

これまでで最大の外来患者向けランダム化試験であるTOGETHERでは、ブラジルの軽症から中等症の症候性COVID-19患者が登録されました。イベルメクチン(400μg/kg、3日間連日投与)による病勢進行抑制の臨床的有用性は認められませんでした(PMID: 35353979)。

今回ご紹介するのは、外来での軽症から中等症のCOVID-19の治療に対するイベルメクチンを再利用薬として検討する、現在進行中の完全遠隔(分散)、二重盲検、ランダム化、プラセボ対照、プラットフォーム試験(Accelerating COVID-19 Therapeutic Interventions and Vaccines, ACTIV-6)です。

試験結果から明らかになったことは?

ランダム化された1,800例(平均[SD]年齢48[12]歳、女性932例[58.6%]、SARS-CoV-2ワクチンを少なくとも2回接種したと報告した753例[47.3%])において、1,591例が試験を完了しました。

イベルメクチン群プラセボ群ハザード比 HR
(95% 信頼区間 [CrI])
回復までの時間中央値12日
(IQR 11~13)
中央値13日
(IQR 12~14)
HR 1.07
0.96〜1.17
事後 P値 [HR>1] =0.91
入院または死亡10例
(1.2%)
9例
(1.2%)
HR 1.1
0.4〜2.6

回復までの時間の改善に関するハザード比(HR)は 1.07(95% 信頼区間 [CrI] 0.96〜1.17; 事後 P値 [HR>1] = 0.91)でした。回復までの時間の中央値は、イベルメクチン群で12日(IQR 11~13)、プラセボ群で13日(IQR 12~14)でした。

入院または死亡はイベルメクチン群で10例、プラセボ群で9例であった(1.2% vs. 1.2%;HR 1.1、95%CrI 0.4〜2.6)。最も一般的な重篤な有害事象は、COVID-19肺炎(イベルメクチン[n=5];プラセボ[n=7])および静脈血栓塞栓症(イベルメクチン[n=1];プラセボ[n=5])でした。

コメント

COVID-19に対する薬剤の再利用が行われています。駆虫薬であるイベルメクチンについては関心が高く、多くの臨床試験が行われています。

さて、本試験結果によれば、軽症から中等症のCOVID-19外来患者において、イベルメクチンによる治療は、プラセボと比較して、回復までの時間を有意に改善することはありませんでした。

これまでに行われた試験結果の多くは、プラセボと差がありません。したがって、イベルメクチンをCOVID-19の治療に推奨することはできません。

a close up shot of letter cutouts

✅まとめ✅ 軽症から中等症のCOVID-19外来患者において、イベルメクチンによる治療は、プラセボと比較して、回復までの時間を有意に改善することはなかった。

根拠となった試験の抄録

試験の重要性:米国における軽症から中等症のCOVID-19外来患者において、イベルメクチンの症状期間短縮や入院予防効果は不明である。

目的:軽症から中等症の初期のCOVID-19に対するイベルメクチン(400μg/kg、1日3日間)の有効性をプラセボと比較検討する。

試験デザイン、設定、参加者:ACTIV-6試験は、現在進行中の分散型二重盲検ランダム化プラセボ対照プラットフォーム試験で、軽症から中等症のCOVID-19外来患者における再利用療法を評価するためにデザインされた。2021年6月23日から2022年2月4日まで、7日以内に2つ以上の急性感染症の症状を経験した30歳以上のCOVID-19確定患者1,591例を登録し、2022年5月31日までの追跡データを米国内の93施設で取得した。

介入:参加者は、イベルメクチン400μg/kg(n=817)を3日間毎日投与する群と、プラセボ(n=774)群にランダムに割り付けられた。

主要アウトカムおよび測定法:持続的回復までの時間(少なくとも連続3日間症状がないことと定義)。28日目までの入院または死亡の複合を含む7つの副次的転帰があった。

結果:ランダム化された1,800例(平均[SD]年齢48[12]歳、女性932例[58.6%]、SARS-CoV-2ワクチンを少なくとも2回接種したと報告した753例[47.3%])において、1,591例が試験を完了した。回復までの時間の改善に関するハザード比(HR)は 1.07(95% 信頼区間 [CrI] 0.96〜1.17; 事後 P値 [HR>1] = 0.91)であった。回復までの時間の中央値は、イベルメクチン群で12日(IQR 11~13)、プラセボ群で13日(IQR 12~14)であった。入院または死亡はイベルメクチン群で10例、プラセボ群で9例であった(1.2% vs. 1.2%;HR 1.1、95%CrI 0.4〜2.6)。最も一般的な重篤な有害事象は、COVID-19肺炎(イベルメクチン[n=5];プラセボ[n=7])および静脈血栓塞栓症(イベルメクチン[n=1];プラセボ[n=5])であった。

結論と関連性:軽症から中等症のCOVID-19外来患者において、イベルメクチンによる治療は、プラセボと比較して、回復までの時間を有意に改善することはなかった。これらの結果は、軽度から中等度のCOVID-19患者に対するイベルメクチンの使用を支持するものではない。

試験登録:ClinicalTrials.gov Identifier: NCT04885530

引用文献

Effect of Ivermectin vs Placebo on Time to Sustained Recovery in Outpatients With Mild to Moderate COVID-19: A Randomized Clinical Trial
Susanna Naggie et al. PMID: 36269852 DOI: 10.1001/jama.2022.18590
JAMA. 2022 Oct 25;328(16):1595-1603. doi: 10.1001/jama.2022.18590.
ー 続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36269852/

コメント

タイトルとURLをコピーしました