2型糖尿病におけるSGLT2阻害剤の使用は尿路感染症や性器感染症のリスクとなりますか?(SR&MA; Sci Rep. 2017)

people holding medical devices and a urine collector for glucose checking 05_内分泌代謝系
Photo by Mikhail Nilov on Pexels.com

SGLT2阻害剤の使用は尿路感染症や性器感染症のリスクを増加させるのか?

グルコース共輸送担体-2(SGLT2)阻害剤は、2型糖尿病(T2DM)患者に対する最新の糖質低下薬の一つです(PMID: 24735709)。SGLT2阻害剤は、腎臓のグルコース排泄閾値を低下させ、尿中グルコース排泄量を増加させることにより、血糖降下作用を発揮します(PMID: 26362302)。また、ランダム化比較試験のメタ解析により、低血糖を引き起こすことなく、糖化ヘモグロビン(HbA1c)値、空腹時血糖値、体重および血圧を低下させることが証明されています(PMID: 27059700PMID: 24026259)。

米国食品医薬品局(FDA)および欧州医薬品庁(EMA)は、ダパグリフロジン、カナグリフロジンおよびエンパグリフロジンをT2DM患者への臨床使用として承認しました(FDAFDAFDAEMAEMAEMA)。また、日本ではイプラグリフロジン、ルセオグリフロジン、トホグリフロジンの3剤が承認されています(PMID: 24848756PMID: 24668021PMID: 24848755)。

T2DMは、尿糖の上昇により、尿路感染症(UTI)や非性感染性器感染症のリスクを高めるとされています(PMID: 17187246)。SGLT2阻害剤による薬理学的に誘導された尿中血糖は、性器常在菌をさらに増殖させる可能性があります。そのため、SGLT2阻害剤を投与された患者では、性器感染症や尿路感染症のリスクがさらに高まる可能性があります(PMID: 24529566)。2015年12月、FDAはSGLT2阻害剤により重篤な尿路感染症が生じる可能性があると警告しました(FDA)。この問題については、いくつかのシステマティックレビューやメタ解析で検討されていますが、その結果は一貫しておらず、決定的な結論はまだ得られていません(PMID: 27059700PMID: 24026259PMID: 24829965PMID: 27009625)。

そこで今回は、2型糖尿病患者におけるSGLT2阻害剤の尿路感染症および性器感染症への影響を明らかにすることを目的に、先行情報に最新のエビデンスを照合し、系統的レビューとメタ解析を実施した試験の結果をご紹介します。

試験結果から明らかになったことは?

50,820例が参加した計77件のRCTが対象となりました。

SGLT2阻害剤対照リスク比 RR
(95%CI)
UTI発生2,526/29,086例1,278/14,940例RR 1.05
0. 98~1.12
中程度の質のエビデンス
性器感染症の発生1,521/24,017例216/12,552例RR 3.30
2.74~3.99
中程度の質のエビデンス

ランダム化比較試験(RCT)のメタ解析では、SGLT2阻害剤と対照の間で尿路感染症(UTI)の発生リスクに有意差は認められませんでした(2,526/29,086 vs. 1,278/14,940; リスク比(RR)1.05、95%信頼区間(CI)0. 98~1.12、中程度の質のエビデンス)。一方、SGLT2阻害剤による性器感染症のリスク増加が示されました(1,521/24,017 vs. 216/12,552、RR 3.30、95%CI 2.74~3.99、中程度の質のエビデンス)。

追跡期間(交互作用p=0.005)、対照の種類(交互作用p=0.04)、個々のSGLT2阻害剤(交互作用p=0.03)によるサブグループ解析においても、性器感染症に統計的有意差が認められました。

コメント

ナトリウムグルコース共輸送体2阻害剤(SGLT2)阻害剤を使用している2型糖尿病患者において、重篤な尿路感染症(UTI)および性器感染症の潜在的リスクがあることが示唆されていますが、充分に検討されていませんでした。

さて、本試験結果によれば、メタ解析の結果、2型糖尿病におけるSGLT2阻害剤の使用は、対照と比較して、尿路感染症のリスクは増加しませんでしたが、性器感染症リスクが増加しました。

尿路感染症については一貫した結果が得られていません。続報に期待。

men at urinals

✅まとめ✅ メタ解析の結果、2型糖尿病におけるSGLT2阻害剤の使用は、対照と比較して、尿路感染症のリスクは増加しなかったが、性器感染症リスクが増加した。

根拠となった試験の抄録

背景:これまでのエビデンスでは、ナトリウムグルコース共輸送体2阻害剤(SGLT2)阻害剤を使用している2型糖尿病患者において、重篤な尿路感染症(UTI)および性器感染症の潜在的リスクがあることが示唆されている。

方法:2型糖尿病患者におけるSGLT2阻害剤のUTIおよび性器感染症への影響を評価するために、系統的レビューとメタ解析を実施した。

結果:50,820例が参加した計77件のRCTを対象とした。ランダム化比較試験(RCT)のメタアナリシスでは、SGLT2阻害剤と対照の間でUTIに有意差は認められなかった(2,526/29,086 vs. 1,278/14,940; リスク比(RR)1.05、95%信頼区間(CI)0. 98~1.12、中程度の質のエビデンス)。一方、SGLT2阻害剤による性器感染症のリスク増加が示唆された(1,521/24,017 vs. 216/12,552、RR 3.30、95%CI 2.74~3.99、中程度の質のエビデンス)。
追跡期間(交互作用p=0.005)、対照の種類(交互作用p=0.04)、個々のSGLT2阻害剤(交互作用p=0.03)によるサブグループ解析でも、性器感染症に統計的に有意な差が認められた。

結論:今後の大規模臨床試験により、UTIに関する重要な知見が得られる可能性があり、各SGLT2阻害剤の感染症に対する比較効果について、さらなる取り組みが必要である。

引用文献

Effects of SGLT2 inhibitors on UTIs and genital infections in type 2 diabetes mellitus: a systematic review and meta-analysis
Jiali Liu et al. PMID: 28588220 PMCID: PMC5460243 DOI: 10.1038/s41598-017-02733-w
Sci Rep. 2017 Jun 6;7(1):2824. doi: 10.1038/s41598-017-02733-w.
ー 続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28588220/

コメント

タイトルとURLをコピーしました