COVID-19入院患者における静脈血栓塞栓症リスクと死亡率との関連性(多施設後向きコホート研究; Int J Infect Dis. 2021)

pexels-photo-3952234.jpeg 09_感染症
Photo by cottonbro on Pexels.com

COVID-19患者における静脈血栓塞栓症のリスクスコアは死亡リスクを予測できるのか?

COVID-19入院患者は、静脈血栓塞栓症(VTE)発症リスクが高いことが示されています(PMID: 32502594)。これらの患者に対しては、Padua prediction score(PPS)またはInternational Medical Prevention Registry(IMPROVE)のリスク評価モデル(RAM)を適用してVTEのリスク層を検出し、血栓予防を誘導することが提案されています(PMID: 32316065)。いくつかのVTE RAMは、急性疾患の入院医療患者の大規模なコホートで実施され、入院患者のVTEリスクを個別化するために導入されました(PMID: 22315261)。このVTE RAMは、PPSとIMPROVEスコアが高いほど患者の死亡率と関連することを示し、新たな予測能力を持つことが明らかとなりました(PMID: 31898205)。

その後の研究では、PPSとIMPROVE RAMスコアが高いと、感染症などの早期死亡率と関連することが示されました(PMID: 26403152)。これらの研究では、VTE RAMスコアが高いことで定義されるVTEリスクの高さが、敗血症などの内科的疾患患者の死亡リスクと関連することが示されましたが、そのメカニズムは明らかにされていません。

またCOVID-19患者1,026例を対象とした研究では、VTEリスクの高い患者(PPS≧4)の死亡率は、VTEリスクの低い患者(PPS<4)と比較して高くなることが示されました(PMID: 32278361)。しかし、この研究には、PPSの11のパラメータの1つである年齢データがないこと、本研究よりも重症患者の割合が少ないこと、統計解析を行っていないことなど、いくつかの大きな制限がありました。

そこで今回は、COVID-19患者におけるVTEリスクとあらゆる原因による死亡率との関連を評価するために、VTE RAMスコアを検証した多施設後向き研究の結果をご紹介します。

試験結果から明らかになったことは?

30日後の死亡率は、VTEリスクが低い患者の2%から、PPSで定義された高リスクの患者(PPS≧4)の63%へと徐々に増加し、IMPROVEとCarriniのスコアでも同様の結果が得られました。VTEリスクの漸進的増加はSOFAスコアの上昇とも関連していました。

VTEの高リスクは、調整後の性別、喫煙状況、いくつかの併存疾患にかかわらず、死亡率と独立して関連しており、PPS、IMPROVE、Carriniリスク評価モデル(RAM)のハザード比は、それぞれ29.19、37.37、20.60でした(すべての比較においてP<0.001)。

PPS(曲線下面積(AUC)0.900)、IMPROVE(AUC 0.917)、Carrini(AUC 0.861)のRAMの入院死亡リスクに対する予測精度は予想外に高いことが明らかとなりました。

コメント

COVID-19入院患者において、静脈血栓塞栓症(VTE)リスクの発生率の高さが示されています。このため、VTEリスク評価モデルである、Padua prediction score(PPS)またはInternational Medical Prevention Registry(IMPROVE)、そして、Carriniを用いることで、COVID-19入院患者の死亡リスクの程度を評価できる可能性がありました。

さて、本試験結果によれば、PPS(AUC 0.900)、IMPROVE(AUC 0.917)、Carrini(AUC 0.861)によるリスク評価モデルの入院死亡リスクに対する予測精度は高いことが明らかとなりました。

今後は、本試験結果の再現性の確認、これらのリスク評価モデルとVTE治療、そして死亡率との相関性を検証していく必要があると考えられます。

今後の試験結果に期待。

shallow focus photography of microscope

✅まとめ✅ COVID-19入院患者における静脈血栓塞栓症(VTE)のリスク評価モデルPPS、IMPROVE、Carriniは、入院死亡リスクに対する予測精度の高さが示された。

根拠となった試験の抄録

目的:COVID-19患者における静脈血栓塞栓症のリスクと30日死亡率との関連を調べること。

方法:COVID-19患者1,030例をレトロスペクティブに収集し、ベースラインデータとして、人口統計、sequential organ failure assessment(SOFA)スコア、およびPadua prediction score(PPS)、International Medical Prevention Registry(IMPROVE)、CarriniなどのVTEリスク評価モデル(RAM)を収集した。

結果:30日後の死亡率は、VTEリスクが低い患者の2%から、PPSで定義された高リスクの患者の63%へと徐々に増加した。IMPROVEとCarriniのスコアでも同様の結果が得られた。VTEリスクの漸進的増加はSOFAスコアの上昇とも関連していた。
VTEの高リスクは、調整後の性別、喫煙状況、いくつかの併存疾患にかかわらず、死亡率と独立して関連しており、PPS、IMPROVE、Carrini RAMのハザード比は、それぞれ29.19、37.37、20.60であった(すべての比較においてP<0.001)。PPS(曲線下面積(AUC)0.900)、IMPROVE(AUC 0.917)、Carrini(AUC 0.861)のRAMの入院死亡リスクに対する予測精度は予想外に高かった。

結論:VTEの高リスクの存在は、COVID-19患者のうち死亡リスクの高いグループを特定することを確立した。さらに、これらの患者の死亡率を予測するVTEリスク評価モデルの精度が高いことがわかった。

キーワード COVID-19;死亡率;リスク評価モデル;静脈血栓塞栓症

引用文献

Association between risk of venous thromboembolism and mortality in patients with COVID-19
Shujing Chen et al. PMID: 34107325 PMCID: PMC8180091 DOI: 10.1016/j.ijid.2021.06.005
Int J Infect Dis. 2021 Jul;108:543-549. doi: 10.1016/j.ijid.2021.06.005. Epub 2021 Jun 6.
ー 続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34107325/

関連記事

【COVID-19重症ICU患者における血栓性合併症の発生率はどのくらいですか?(オランダの症例集積研究; Thromb Res. 2020)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました