糖尿病、空腹時血糖値、および血管疾患のリスクとの関連性はどのくらいですか?(メタ解析; Lancet. 2010)

love business creativity child 02_循環器系
Photo by Pavel Danilyuk on Pexels.com

糖尿病を有さないヒトにおける空腹時血糖の影響とは?

空腹時血糖値は、糖尿病の閾値である7mmol/L(126mg/dL)以下を含むすべての濃度において、血管病リスクと相関的に重要な関連があることが報告されています。しかし、糖尿病を有さない人の血糖値の測定については、結果が一貫していません。また糖尿病患者においても、将来の心血管イベントのリスク因子として、空腹時血糖が有用であるか否かは結論が得られていません。

そこで今回は、糖尿病および空腹時血糖値と、さまざまな状況下での虚血性血管疾患との関連について検証した試験結果をご紹介します。

試験結果から明らかになったことは?

解析対象となったのは、前向き研究 102件から得られた698,782例(非致死的または致死的な血管系転帰 52,765件、849万人・年のリスク)のデータでした。

糖尿病による調整後のHRは、下表の通りでした。脂質マーカー、炎症マーカー、腎マーカーでさらに調整しても、HRは大きくは変化しませんでした。

各アウトカムハザード比(95%CI)
冠動脈心疾患2.00(1.83〜2.19)
虚血性脳卒中2.27(1.95〜2.65)
出血性脳卒中1.56(1.19〜2.05)
分類不能の脳卒中1.84(1.59〜2.13)
その他の血管性死亡の合計1.73(1.51〜1.98)

冠動脈疾患のHRは、男性よりも女性で、70歳以上よりも40~59歳で、非致死性よりも致死性で高かった。成人人口全体の有病率を10%とすると、糖尿病は血管死の11%(10~12%)を占めると推定された。

空腹時血糖値は血管リスクと非線形に関連しており、3.90〜5.59mmol/Lの間では有意な関連はなかった。空腹時血糖濃度が3.90~5.59mmol/Lの場合と比較して、冠動脈性心疾患のHRは3.90mmol/L未満では、5.60~6.09mmol/Lでは、ではであった。

空腹時血糖冠動脈性心疾患のハザード比(95%CI)
3.90mmol/L未満
(70.2mg/dL未満)
1.07(0.97〜1.18)
3.90〜5.59mmol/L
(70.2〜100.62mg/dL)
血管リスクとの関連なし【参照値】
5.60~6.09mmol/L
(100.8〜109.62mg/dL)
1.11(1.04〜1.18)
6.10~6.99mmol/L
(109.8125.82mg/dL)
1.17(1.08〜1.26)

コメント

糖尿病が冠動脈心疾患や脳卒中などの心血管イベントのリスクとなることは間違いありません。本試験結果もこれまでの報告と一致しています。

本試験の特徴は、糖尿病を有さないヒトにおける空腹時血糖と心血管イベントとの関連性を検証していることです。前向き研究 102件、698,782例のデータ解析によれば、糖尿病を有さないヒトにおける空腹時血糖値は、心血管疾患リスクとわずかに、かつ非線形に関連している結果が示されました。しかし、そのリスク増加の程度は低く、明確なリスク因子ではないように捉えられます。

photo of gray cat looking up against black background

✅まとめ✅ 糖尿病患者において心血管疾患リスク増加が示されたが、糖尿病を有さないヒトでは、空腹時血糖値は心血管疾患リスクとわずかに、かつ非線形に関連しているようである。

根拠となった論文の抄録

背景:糖尿病および空腹時血糖値と、冠動脈疾患および主要な脳卒中のサブタイプのリスクとの関連性の大きさについては、不確かさが残っている。我々は、これらの関連性を幅広い状況で定量化することを目的とした。

方法:Emerging Risk Factors Collaborationに登録されている研究のうち、初期の血管疾患を持たない人を対象に、糖尿病、空腹時血糖値およびその他の危険因子に関する個人記録のメタ解析を行った。年齢、性別、喫煙、収縮期血圧、BMIで調整した研究内回帰を組み合わせ、血管疾患のハザード比(HR)を算出した。

結果:解析対象となったのは、前向き研究 102件から得られた698,782例(非致死的または致死的な血管系転帰 52,765件、849万人・年のリスク)のデータ。
糖尿病による調整後のHRは、冠動脈心疾患で2.00(95%CI 1.83〜2.19)、虚血性脳卒中で2.27(1.95〜2.65)、出血性脳卒中で1.56(1.19〜2.05)、分類不能の脳卒中で1.84(1.59〜2.13)、その他の血管性死亡の合計で1.73(1.51〜1.98)であった。
脂質マーカー、炎症マーカー、腎マーカーでさらに調整しても、HRは大きくは変わらなかった。
冠動脈疾患のHRは、男性よりも女性で、70歳以上よりも40~59歳で、非致死性よりも致死性で高かった。
成人人口全体の有病率を10%とすると、糖尿病は血管死の11%(10~12%)を占めると推定された。空腹時血糖値は血管リスクと非線形に関連しており、3.90〜5.59mmol/Lの間では有意な関連はなかった
空腹時血糖濃度が3.90~5.59mmol/Lの場合と比較して、冠動脈性心疾患のHRは3.90mmol/L未満では1.07(0.97〜1.18)、5.60~6.09mmol/Lでは1.11(1.04〜1.18)、6.10~6.99mmol/Lでは1.17(1.08〜1.26)であった。糖尿病の既往のない人では、空腹時血糖値や空腹時血糖値の障害に関する情報は、従来のいくつかの危険因子に関する情報に加えても、血管疾患の予測指標を有意に改善しなかった。

解釈:糖尿病は、他の従来の危険因子とは別に、広範な血管疾患に対して約2倍の過剰リスクをもたらす。糖尿病のない人では、空腹時血糖値は血管疾患のリスクとわずかに、かつ非線形に関連している。

資金提供:英国心臓財団、英国医学研究評議会およびファイザー

引用文献

Diabetes mellitus, fasting blood glucose concentration, and risk of vascular disease: a collaborative meta-analysis of 102 prospective studies
Emerging Risk Factors Collaboration PMID: 20609967 PMCID: PMC2904878 DOI: 10.1016/S0140-6736(10)60484-9
Lancet. 2010 Jun 26;375(9733):2215-22. doi: 10.1016/S0140-6736(10)60484-9.

関連記事

【2型糖尿病患者における低血糖エピソードは心室性不整脈や心突然死のリスクとなりますか?】

【1型糖尿病患者における早期の厳格な血糖コントロールは心血管アウトカムの発生を減らせますか?】

【糖尿病患者における心突然死リスクはどのくらいですか?】

コメント

タイトルとURLをコピーしました