日本の北陸地方における家族性高コレステロール血症の発症率はどのくらいですか?(横断研究; Atherosclerosis. 2011)

man woman technology work 未分類
Photo by Edward Jenner on Pexels.com

Molecular genetic epidemiology of homozygous familial hypercholesterolemia in the Hokuriku district of Japan

Hiroshi Mabuchi et al.

Atherosclerosis. 2011 Feb;214(2):404-7. 

doi: 10.1016/j.atherosclerosis.2010.11.005. Epub 2010 Nov 13.

PMID: 21146822

DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2010.11.005

目的

家族性高コレステロール血症(Familial Hypercholesterolemia, FH)は、FH遺伝子、すなわちLDL受容体(LDLR)、PCSK9、アポリポタンパクB(ApoB)遺伝子の変異によって引き起こされる。

ホモ接合型FH(ホモ-FH)の診断にDNA解析の有用性を評価し、日本の北陸地方におけるFHの頻度を調査した。

方法

ホモFH患者25例を募集した。

LDLR変異はInvader assay法を用いて同定した。

PCSK9の変異はPCR-SSCPと直接配列解析により検出した。

結果

・LDLR変異について、真正のホモ接合体15例、複合ヘテロ接合体10例を確認した。

・LDLRとPCSK9については3種類のダブルヘテロ接合体が確認された。ApoB変異によるFH患者は認められなかった。

・北陸地区におけるホモFHの発生率は1/171,167ヘテロFHの発生率は1/208であった。

結論

我々の観察は、ホモFHの診断におけるFH遺伝子解析の重要性を強調するものであり、北陸地方では非常に高い頻度でFHが発生していることを確認した。

コメント

家族性高コレステロール血症(FH)とは?

家族性高コレステロール血症(FH)は、low density lipoprotein(LDL)受容体関連遺伝子の変異による遺伝性疾患です。高LDLコレステロール(LDL-C)血症、皮膚ならびに腱黄色腫、および早発性冠動脈硬化症を主徴とします。FHは常染色体優性遺伝形式をとります。

FHは遺伝的背景のない高コレステロール血症に比べてLDL-C増加の程度が著しく動脈硬化の進展は早く、それに伴う臓器障害の程度も強いため、動脈硬化性疾患の予防を目的としたLDL-C低下療法が重要です。日本においても近年、認知されてきた疾患です。

FHの発生頻度は?

FHは遺伝性疾患であるため、ヘテロ及びホモ接合体を呈します。FHのヘテロ接合体患者は500人に1人以上、ホモ接合体患者は100万人に1人以上の頻度で認められ、日本におけるFH患者総数は、25万人以上と推定されています(日本動脈硬化学会ホームページより:http://www.j-athero.org/specialist/fh_s.html

しかし、まだまだ充分には認知されていないと考えます。事実、家族性高コレステロール血症の診断率は1%未満であることが報告されており、診断率の低さは日本に限ったことではないようです(Eur Heart J. 2013; 34: 3478-3490.)。

本試験の結果から明らかになったことは?

日本の北陸地方におけるFH患者25例を対象とした本試験では、真正のホモ接合体は15例、複合ヘテロ接合体は10例であり、発生率としては、ホモFH 1/171,167、ヘテロFH 1/208でした。これまで報告されていた発生率よりは高いと考えられます。

以前の報告では、日本の大阪ではFH発生率が5.4%だったことが報告されています。その際、北陸地方での発生率は30%超であり、やはり北陸地方におけるFH発生率が高いようです。

✅まとめ✅ 日本の北陸地方におけるFH発生は、ホモFH 1/171,167、ヘテロFH 1/208であった

コメント

タイトルとURLをコピーしました