せん妄リスク因子を有する患者におけるラメルテオンおよびスボレキサントのせん妄予防効果はどのくらいですか?(前向きコホート研究; J Clin Psychiatry. 2019)

Real-World Effectiveness of Ramelteon and Suvorexant for Delirium Prevention in 948 Patients With Delirium Risk Factors

Kotaro Hatta et al.

J Clin Psychiatry. 2019 Dec 17;81(1):19m12865. doi: 10.4088/JCP.19m12865.

PMID: 31851436

DOI: 10.4088/JCP.19m12865

目的

本研究の目的は、実際の診療におけるせん妄予防に対するラメルテオンとスボレキサントの有効性を検討することであった。

本研研究では、せん妄のリスクがあるがせん妄を起こさない患者(リスクがある患者)と、診察前夜にせん妄を起こした患者の両方において、ラメルテオンおよび/またはスボレキサントがせん妄予防に影響を与えるかどうかを検討した。

方法

この多施設前向き観察研究は、2017年10月1日から2018年10月7日まで、コンサルテーション・リエゾン精神科の訓練を受けた精神科医によって実施された。

65歳以上で、急性疾患または選択的手術のために入院し、せん妄の危険因子を有し、診察前夜に不眠またはせん妄があった患者に、ラメルテオンおよび/またはスボレキサントを処方した。

服薬の決定は各患者の裁量に委ねられた

主要アウトカムは、Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, Fifth Editionに基づく最初の7日間のせん妄の発生率であった。

結果

・ラメルテオンおよび/またはスボレキサントの効果とせん妄発症アウトカムとの間の独立した関連性の推定値に対する危険因子の影響をコントロールした後、リスクを有する患者526例のうち、ラメルテオンおよび/またはスボレキサントを服用している患者は、服用していない患者に比べてせん妄の発症頻度が有意に低かった(15.7% vs. 24.0%;オッズ比[OR] = 0.48;95%CI 0.29〜0.80;P = 0.005)。

・同様の結果は、せん妄患者422例にも認められた(39.9% vs. 66.3%;OR = 0.36;95%CI 0.22〜0.59;P < 0.0001)。

結論

ラメルテオンとスボレキサントは、実際の診療において せん妄予防に有効であるように思われる。

✅まとめ✅ せん妄リスクを有する患者あるいはせん妄患者において、ラメルテオンおよび/またはスボレキサントの服用は、服用していない患者と比較して せん妄の発症頻度を低下させるかもしれない

コメント

タイトルとURLをコピーしました