第一期妊娠期間におけるH1抗ヒスタミン薬の使用は有害事象リスクとなりますか?(SR&MA; Drug Saf. 2017)

The Risk of Adverse Pregnancy Outcome After First Trimester Exposure to H1 Antihistamines: A Systematic Review and Meta-Analysis

Fatma Etwel et al.

Drug Saf. 2017 Feb.

PMID: 27878468

DOI: 10.1007/s40264-016-0479-9

背景

H1抗ヒスタミン薬は、妊娠中の吐き気や嘔吐の治療、喘息、じんま疹、アレルギー、感冒の症状緩和のために使用される。

これらの抗ヒスタミン薬は全体的に妊娠中は安全であると考えられているが、最近では何百万人もの女性が妊娠初期に抗ヒスタミン薬にさらされていることから、いくつかの研究でこの仮定に疑問の声があがっている。

方法

PRISMAのガイドラインに従って、妊娠中のH1-抗ヒスタミン薬への暴露を含むすべての出版された論文を検索するためにシステマティックレビューが実行された。

PubMedとEMBASEを含む電子データベースは、2015年12月までに任意の言語で発表された関連する可能性のある論文を検索した。

結果

・重複した出版物を削除し、動物研究や薬剤効果に関する研究を除外した後、論文342報が詳細にレビューされ、研究37件がメタアナリシスの包含基準を満たしていた。

・コホート研究では、H1抗ヒスタミン薬に曝露された女性の子孫における大奇形のリスクは、対照集団と比較して高くはなかった(OR 1.07;95%CI 0.981.16)。

・効果の不均一性に関するQ統計量は有意ではなく(p > 0.05、I2 < 25%)、出版バイアスの証拠はなかった。

・症例対照研究でも同様の結果が得られた(OR 1.05;95%CI 0.90〜1.23)。

・同様に、H1抗ヒスタミン薬は、より多くの自然流産(OR 1.00;95%CI 0.83〜1.20)、未熟児(OR 0.96;95%CI 0.76〜1.20)、死産(OR 1.23;95%CI 0.48〜3.18)、または低出生体重(OR 1.20;95%CI 0.63〜2.29)とは関連していなかった。

結論

多数の研究を含む我々のメタアナリシスに基づいて、H1抗ヒスタミン薬は大奇形またはその他の有害な胎児アウトカムのリスク増加とは関連していない。

本研究は、妊婦とその医療従事者の双方に、このデリケートな時期のH1抗ヒスタミン薬使用の安全性とリスクについての重要な情報を提供している。

✅まとめ✅ 第一期妊娠期間中(1〜12週)におけるH1抗ヒスタミン薬の使用は、妊婦や児の有害アウトカムのリスク増加とは関連していないかもしれない

コメント

タイトルとURLをコピーしました