COVID-19に感染した母親から生まれた新生児201例の臨床的アウトカム(システマティックレビュー; Eur Rev Med Pharmacol Sci. 2020)

Clinical outcomes of 201 neonates born to mothers with COVID-19: a systematic review

S H Yoon et al.

Eur Rev Med Pharmacol Sci. 2020 Jul;24(14):7804-7815. doi: 10.26355/eurrev_202007_22285.

PMID: 32744708

DOI: 10.26355/eurrev_202007_22285

目的

妊娠中にコロナウイルス疾患2019(COVID-19)を発症した女性から生まれた新生児の臨床症状とアウトカムを評価すること。

材料および方法

PubMedおよびEmbaseで、用語(COVID-19, Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus 2, SARS-CoV-2, Novel Coronavirus, 2019-nCov, Wuhan pneumonia)と(pregnancy, pregnant women, mother, fetus, neonate, newborn, infant)を組み合わせて、2020年4月15日までシステマティックな文献検索を行った。

結果

・妊婦223例、乳児201例を記載した症例シリーズ 16件および症例報告 12件が含まれていた。

・COVID-19の影響を受けた母親から生まれた新生児4例は、生後48時間以内に実験室で確認されたSevere Acute Respiratory Syndrome Coronavirus 2(SARS-CoV-2)感染が報告された。しかし、母乳、胎盤、羊水、臍帯血、母体膣分泌物の逆転写ポリメラーゼ連鎖反応検査において、報告された症例ではすべてSARS-CoV-2陰性であった。

・胎児死亡は2例で報告され、185例中48例(25.9%)が早産であった。

・低妊娠期間および低出生体重児(2,500g未満)が報告例の8.3%、15.6%を占めていた。新生児の1.8%に出生時窒息症、6.4%に呼吸窮迫症候群が認められた。

・SARS-CoV-2陰性児のうち、難治性胃出血による新生児死亡は1例であった。

結論

現在のエビデンスは、妊娠中のCOVID-19が胎児および新生児の死亡率に影響を与えることはほとんどないが、新生児の有害な病的状態と関連している可能性があることを示唆している。

垂直伝播は、報告されている症例の大部分では観察されていない。COVID-19に感染した母親から生まれた乳児は、それに伴う合併症がないか注意深く観察され、感染した母親の隔離が必要である。

✅まとめ✅ 妊婦223例、乳児201例の症例報告によれば、妊娠中のCOVID-19が胎児および新生児の死亡率に影響を与えることはほとんどないが、新生児の有害な病的状態と関連している可能性がある

✅まとめ✅ 垂直伝播の発生は少ないようであるが、一部に認められた

コメント

タイトルとURLをコピーしました