米国で証明されていないCOVID-19治療薬のインターネット検索数に対する著名人の影響はどのくらいですか?(Letter; JAMA Intern Med. 2020)

Internet Searches for Unproven COVID-19 Therapies in the United States

Michael Liu et al.

JAMA Intern Med. 2020 Apr 29;e201764. doi: 10.1001/jamainternmed.2020.1764. Online ahead of print.

PMID: 32347895

PMCID: PMC7191468

DOI: 10.1001/jamainternmed.2020.1764

背景

現在進行中の重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)のコロナウイルス疾患2019(COVID-19)パンデミックに対して、いかなる信頼できる証拠に裏付けられた有効性の高い処方薬治療法は存在しない。しかし、国民の間での恐怖は、証明されていない治療法の検索につながる可能性がある。そのため、起業家のイーロン・マスク氏(Elon Musk)やドナルド・トランプ大統領(Donald Trump)などの著名人が、COVID-19の治療にマラリア予防薬であるクロロキンと、ループスや関節リウマチの治療薬であるヒドロキシクロロキン(抗生物質アジスロマイシンとの併用)の使用を推奨したことは、個人の意思決定を左右しかねない大きな注目を集めた。

クロロキンおよびヒドロキシクロロキンは、これまでのところ、1)SARS-CoV-2をin vitroで阻害することが知られているのみであり、2)潜在的な心血管系への毒性があり、3)水槽洗浄剤などの市販のクロロキン含有製品と混同される可能性があるため、このような注目は特に厄介である。COVID-19の予防・治療のために、医師の監督下にない状況でクロロキンを服用したことによる中毒(致死率1件を含む)がすでに報告されている。

方法

購入、注文、Amazon、eBay、Walmart(電子商取引の上位3社)のいずれかのキーワードにクロロキンまたはヒドロキシクロロキンを組み合わせたキーワードを含む米国発のGoogle検索(http://google.com/trends)の総検索回数1,000万回あたりの割合をモニターした。正味の検索ボリュームは、Comscoreの推定値(https://comscore.com)を使用して推定した。

観察された検索ボリュームと予想される検索ボリュームを比較するために、クロロキンとヒドロキシクロロキンの併用についての知識が普及した3月16日をカットポイントとして、2020年2月1日から2020年3月29日までの毎日の検索ボリュームを調査した。

我々は以下2つの事後期間を評価した;

  1. 3月16日以降の全期間(3月19日にトランプ大統領がこれらの薬剤を初めて支持した時期を含む全期間)
  2. 3月22日以降の全期間(クロロキン中毒に関するニュースが発表された時期)の2つを評価した。

期待量はHyndman and Khandakarのアルゴリズムを用いて算出し、ブートストラップ信頼区間を用いた観察量と事実上の量の比をR Software version3.6.3(R Foundation for Statistical Computing)を用いて算出した。

結果

・2月1日、3月16日、3月22日、3月29日のクロロキン購入における1,000万回あたりのGoogle検索のクエリーフラクション(QF)は、それぞれ4.78(推定検索数 542回相当)、26.90(推定検索数 3,052回)、66.16(推定検索数 7,506回)、19.19(推定検索数 2,177回)であった。

・2月1日、3月16日、3月22日、3月29日の「ヒドロキシクロロキン」購入時のQFは、それぞれ4.35(推定検索数 494件)、7.68(推定検索数 871件)、79.37(推定検索数 9,006件)、31.95(推定検索数 3,625件)であった。

・クロロキン購入を求める検索は、これらの薬剤がCOVID-19治療に有効であるとの主張が注目された後、442%(95%CI 215%~1,220%)も高くなっていた。(図1:https://cdn.jamanetwork.com/ama/content_public/journal/intemed/938524/ild200022f1.png?Expires=2147483647&Signature=ci3hiOkJ~iiQC7wkqXC7jahRNHfgZa5JfTKkl3IL2xIP3dgbl-hm7HVNpo8XtNgNeoMqSSiSmnTnDb569MEFnbPhF~BSBlDGsq8P9i98FXo9cQJrR~4lMcLQ7b4Ixzs3d83AVAHQXhjs7u7w3bU8KBXFl0xLhBenjlUbbIJNzpdM6oM5fKWJpzD3fzkiqTcaqNQJK4Gormz8VKli8e17KxmDn5hE9rnbFzfT9EYS~jazjttLda061~T6MlJkvVtqu47xbeQ6Kbdnk5-IP1w4LaytGWGypcDuLvYs7ZBBLMdB7qzKM5hzcI3gUtJBE2QrdLkTnWUBUCLJSQEpAMrxvg__&Key-Pair-Id=APKAIE5G5CRDK6RD3PGA)。

・同様に、ヒドロキシクロロキンの購入検索も1,389%(95%CI 779%~2,021%)高かった。(図2:https://cdn.jamanetwork.com/ama/content_public/journal/intemed/938524/ild200022f2.png?Expires=2147483647&Signature=TwOw-jOro0oCXDvotSc-SP1bNCUgY96f5IZxAVy15pmC~udeb7hFXYV-F55EhoaurAinDjCOwzLLZjT1H9aMcvg7qnJyVcK1kVMmPaRab3Cjw9QwoaiXL7COCgeFHmTMhml9DyFP-AnPPJ7V-PSt7eHaM9GDxDKAh4VtGXmP5XwYrNaNKz-dsLP69Lgedka3-Zu~SkhHOKj3x5MQZPVA6pAkK3XfzXKSDm~jbv-9CTXO2e-61R3w6wHZ33x0EeLD9Ka8P27zhpUzBqBzZjNg1yMfgsW3rzc38M3VMJupNogKzNzVATliYpbG2PKnQl3tOZK3PRUDW~vrRiqNsLrxww__&Key-Pair-Id=APKAIE5G5CRDK6RD3PGA

・検索数の最初の急増と最大の急増は、それぞれマスク氏のツイートとトランプ氏の最初のテレビ放映による支持に直接対応しており、後者は3月19日に発生した(クロロキンQF 249.58 [28,319件の推定検索数]、ヒドロキシクロロキンQF 179.00 [20,311件の推定検索数])。これらの変化は、クロロキンについては約93,000件、ヒドロキシクロロキンについては約96,000件の検索数の増加に相当し、両剤の合計検索数はわずか14日間で216,000件となっている

最初の致死的な中毒の報道があった後も、クロロキンまたはヒドロキシクロロキンを購入するための検索は、それぞれ212%(95%CI 66%〜1,098%)および1,167%(95%CI 628%〜1,741%)と、予想を大幅に上回る水準で推移した。

考察

クロロキン、ヒドロキシクロロキンは、著名人の支持を受けて需要が大幅に増加し、クロロキン含有製剤による死亡例が報告された後も高水準で推移している。公衆衛生上の危機の際には、米国食品医薬品局(FDA)の承認につながるような、十分なエビデンスに裏付けられていない治療法は、著名人が宣伝してはいけない

お墨付きを得ることは、その製品を服用する人々に危険な結果をもたらす製品の監督下にない使用につながる可能性があり、また、これらの薬を買いだめすることは、正当な健康上の理由でそれらを必要とする人々のために不足をもたらす可能性がある。このような状況下では、クロロキン含有製品がAmazonなどのサイトで市販されているため、このような悪影響はさらに大きくなる。

クロロキンとヒドロキシクロロキンの臨床的有効性に関する知見は、これらの薬剤が宣伝された時点では決定的なものではなかった 。これらの薬剤や他の薬剤がCOVID-19の治療に有効であることが判明するまでは、規制当局や公的な立場にある企業は、このような誤った情報の悪影響を積極的に緩和すべきである。米国食品医薬品局は、処方されていない限り未承認の治療薬を調達しないように国民に警告すべきである。

Googleは、COVID-19の発生に関連した検索結果に教育用のウェブサイトを統合することでCOVID-19に対応したが、これはCOVID-19の未承認治療薬の検索を含むように拡大される可能性がある。同様に、小売業者は、eBayがクロロキンの販売をサイトから削除したことで例示されたように、COVID-19治療への使用に関連する可能性のある製品についても、警告を設けるか、販売を控える必要がある。

クロロキンを含む製品の販売数を推定するなど、追加のサーベイランスを実施することで、本研究の知見が明らかになるであろう。それにもかかわらず、今回の分析は、公衆衛生上の危機の時には、実証されていない、潜在的に危険なCOVID-19治療薬への需要がエンドースメントによって大量に増加することを示唆している。公衆衛生の指導者、規制機関、メディア、および小売業者は、正確な情報を増幅させなければならない。

✅まとめ✅ 十分なエビデンスに裏付けられていない治療法は、著名人が宣伝してはいけない

コメント

タイトルとURLをコピーしました