【メモ】Cookbook MedicineとSociology of Standards

Evidence‐Based Medicine or Cookbook Medicine? Addressing Concerns over the Standardization of Care

Loes Knaapen

Sociology Compass

First published:19 June 2014 https://doi.org/10.1111/soc4.12184 Citations: 11

抄録

医学研究から得られたエビデンスに基づいて臨床判断を行うことを提唱するEBM(Evidence-based Medicine)は、現代医学において重要な理想とされている。

EBMは、エビデンス階層と臨床実践ガイドラインという2つの重要な原則に基づいている。この2つの原則は激しく批判されており、EBMの危険性と限界を強調するために「Cookbook Medicine」という言葉がよく使われている。

本稿では、新たに提案された “基準の社会学(Sociology of Standards)”というサブフィールドを活用して、EBMに関する多様な批判的文献をレビューする。

EBMに対する多様な批判を、標準化がもたらす害をめぐる懸念として再定義し、経験的な社会学的研究がEBMの正当性の根拠と規制的影響のより良い理解にどのように貢献してきたかを示している。

第一に、EBMの認識論的基盤に内在する「証拠の政治学(politics of Evidence)」を論じ、第二に、そのツールの実際の「証拠ベース(evidence‐base)」を探り、第三に、EBMの規制的影響に関する社会学的議論を扱う。

最後のセクションでは、「基準の社会学(Sociology of Standards)」は、学者が多くの二項対立に挑戦すること、あるいは少なくとも経験的に調査することを可能にすることで、新たな研究の道を開くものであると論じている。そうすることで、EBMにおける患者の役割は、より生産的な実証的調査を可能にするように再構築されうる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました