がん患者におけるCOVID-19感染の臨床的影響はどのくらいですか?(後向きコホート研究; CCC19; Lancet 2020)

Clinical Impact of COVID-19 on Patients With Cancer (CCC19): A Cohort Study

Nicole M Kuderer et al.

Lancet. 2020 May 28;S0140-6736(20)31187-9. doi: 10.1016/S0140-6736(20)31187-9. Online ahead of print.

PMID: 32473681

PMCID: PMC7255743

DOI: 10.1016/S0140-6736(20)31187-9

This study is registered with ClinicalTrials.gov, NCT04354701, and is ongoing.

Funding: American Cancer Society, National Institutes of Health, and Hope Foundation for Cancer Research.

背景

がんを有するCOVID-19患者に関するデータは不足している。ここでは、がんとCOVID-19を有する患者のコホートの転帰を特徴づけ、死亡率と重症化の潜在的な予後因子を同定する。

方法

このコホート研究では、米国、カナダ、スペインのCOVID-19およびがんコンソーシアム(CCC19)データベースから、ベースラインデータが2020年3月17日から4月16日の間に追加された18歳以上の活動期または既往の悪性腫瘍を有し、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)感染が確認された患者について、非同定データを収集した。

ベースラインの臨床状態、投薬、がんの診断と治療、COVID-19の疾患経過に関するデータを収集した。

主要エンドポイントは、COVID-19の診断後30日以内の全死亡とした。年齢、性別、喫煙状況、肥満を部分的に調整したロジスティック回帰分析を用いて、転帰と潜在的な予後変数との関連を評価した。

所見

・研究期間中にCCC19データベースに登録された記録1,035件のうち、患者928例が解析の対象となった。年齢中央値は66歳(IQR 57〜76)、75歳以上は279例(30%)、男性468例(50%)であった。

・最も有病率が高かった悪性腫瘍は乳房(191例[21%])と前立腺(152例[16%])であった。患者366例(39%)が積極的な抗がん剤治療を受けており、396例(43%)が活動的な(測定可能な)がんであった。

・解析時点(2020年5月7日)では、患者121例(13%)が死亡していた。ロジスティック回帰分析において、部分調整後の30日死亡率の増加と関連する独立因子は以下の通り;

  • 年齢の増加(10年増加あたり):部分調整後オッズ比1.84、95%信頼区間1.53〜2.21)
  • 男性:1.63、1.07〜2.48
  • 喫煙状況(元喫煙者 vs. 未喫煙者):1.60、1.03〜2.47
  • 併存疾患数(2つ vs. なし):4.50、1.33〜15.28
  • Eastern Cooperative Oncology Group(ECOG)のperformance statusが2以上(2 vs. 0あるいは1):3.89、2.11〜7.18
  • 活動期のがん(進行期 vs. 寛解):5.20、2.77〜9.77
  • アジスロマイシン+ヒドロキシクロロキンの投与(投与 vs. どちらも投与していない):2.93、1.79〜4.79、ただし適応症による交絡を除外できない

米国北東部に居住している場合と比較して、カナダ(0.24、0.07〜0.84)または米国中西部(0.50、0.28〜0.90)に居住している場合は、30日以内の全死亡率の減少と関連していた。

・人種および民族性、肥満状態、がんの種類、抗がん剤治療の種類、最近の手術は死亡率と関連していなかった。

結果の解釈

がん患者とCOVID-19を有する患者では、30日全死亡率が高く、一般的な危険因子とがん患者に特有の危険因子との関連があった。

特定のがん治療を継続する能力を含め、がん患者の転帰に対するCOVID-19の効果をよりよく理解するためには、より長期の追跡調査が必要である。

コメント

がん患者におけるCOVID-19感染については、報告が限られていると考えます。今回の研究は、アメリカがん学会、国立衛生研究所、がん研究のためのホープ財団から資金提供を受け、現在も進行中の試験です。

さて、本試験結果により、30日死亡率のリスク増加因子として、年齢の増加、男性、喫煙状況、併存疾患数(2つ vs. なし)、Eastern Cooperative Oncology Group(ECOG)のperformance statusが2以上(2 vs. 0あるいは1)、活動期のがん(進行期 vs. 寛解)、アジスロマイシン+ヒドロキシクロロキンの投与、計7つが独立因子として報告されました。

これらの因子を有する患者では、COVID-19重症化や危篤などの可能性が考えられるため、感染予防措置、医療機関へのアクセス、標準治療の継続などが重要であると考えます。

引き続き追っていきたい分野です。

✅まとめ✅ がん患者とCOVID-19を有する患者では、30日全死亡率が高く、一般的な危険因子とがん患者に特有の危険因子との関連が認められた

コメント

タイトルとURLをコピーしました