【批判的吟味】SARS-CoV-2およびCOVID-19のヒト-ヒト感染を防ぐための物理的な距離、フェイスマスクおよび目の保護は有効ですか?(SR&MA; Lancet 2020)

COVID-19 新型コロナウイルス感染症

Physical distancing, face masks, and eye protection to prevent person-to-person transmission of SARS-CoV-2 and COVID-19: a systematic review and meta-analysis

Derek K Chu et al.

Lancet 2020

Open AccessPublished:June 01, 2020 DOI:https://doi.org/10.1016/S0140-6736(20)31142-9

Funding: World Health Organization.

抄録

背景

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)はCOVID-19を引き起こし、密接な接触を介してヒトからヒトへと感染する。我々は、医療現場と非医療現場(コミュニティなど)におけるウイルス感染に及ぼす物理的距離、フェイスマスク、目の保護の影響を調査することを目的とした。

方法

我々はシステマティックレビューおよびメタ解析を行い、ヒトからヒトへのウイルス感染を回避するための最適な距離を調査し、ウイルス感染を防止するためのフェイスマスクおよび目の保護具の使用を評価した。

SARS-CoV-2 と重症急性呼吸器症候群の原因となるベータコロナウイルス、および中東呼吸器症候群に関するデータを、WHO 固有の標準情報源および COVID-19 固有の情報源 21 箇所から取得した。

データベース開始から2020年5月3日までの間に、これらのデータソースを言語による制限なく、比較研究、および受容性、実現可能性、資源利用、衡平性の文脈的要因を求めて検索した。

記録をスクリーニングし、データを抽出し、重複した場合のバイアスのリスクを評価した。

我々は、フリークエンティストメタアナリシスおよびベイズメタアナリシス、ランダム効果メタ回帰を行った。

コクラン法およびGRADEアプローチに従ってエビデンスの確実性を評価した。

本研究はPROSPERO、CRD42020177047に登録されている。

所見

・我々の検索では、16 ヶ国と 6 大陸にまたがる観察研究172件が同定されたが、ランダム化比較試験は実施されておらず、関連する比較研究44件が医療現場と非医療現場で実施された(n=25,697)。

・ウイルスの感染は、物理的距離が1m以上の場合、1m未満の場合と比較して低かった(n=10,736)。

★プール調整オッズ比[aOR] =0.18、95%CI 0.09~0.38;リスク差[RD] = -10.2%、95%CI -11.5~ -7.5;中程度の確実性(未調整の研究29件・10,736例、調整済み研究9件・7,782例)

1,000人あたり102人減(115人減→75人減)

・ウイルス感染からの保護は距離が長くなるにつれて増加した。

★相対リスク変化[RR] =2.02 /meter;相互作用 =0.041;中程度の確実性

・フェイスマスクの使用は感染リスクの大きな減少につながる可能性がある(n=2,647)。

★aOR =0.15、95%CI 0.07~0.34;RD =-14.3%、-15.9~ -10.7、確実性は低い(未調整の研究29件・10,170例、調整済み研究10件・2,647例)

・N95または類似の人工呼吸器との関連は、使い捨ての手術用マスクまたは類似のものと比較してより強くなる(例えば、再利用可能な12~16層の綿マスク;interaction =0.090;事後確率>95%、確実性は低い)。

・眼の保護もまた、感染の減少と関連していた(n=3,713)。

★aOR =0.22、95%CI 0.12~0.39;RD = -10.6%、95%CI -12.5~ -7.7;確実性は低い(未調整の研究13件・3,7313例)

・未調整の研究、サブグループ解析および感度解析でも同様の所見が示された。

結果の解釈

本システマティックレビューとメタアナリシスの知見は、1m以上の物理的距離を支持し、政策に情報を提供するためのモデルと接触追跡のための定量的な推定値を提供している。

公共の場や医療の場でのフェイスマスク、人工呼吸器、目の保護具の最適な使用は、これらの知見と文脈的な要因に基づいて情報提供されるべきである。

これらの介入に関するエビデンスをより良く伝えるためには、堅牢なランダム化試験が必要であるが、現在利用可能な最善のエビデンスを体系的に評価することで、暫定的なガイダンスが得られる可能性がある。


PECOTS

P:医療従事者あるいは非医療従事者

E:物理的距離(ウイルス感染を回避するための最適な距離)を保つ

  フェイスマスク

  目の保護具(フェイスシールド、ゴーグル)

C:曝露なし

O:SARS、MARS、COVID-19感染、入院、集中治療室入院、死亡、回復までの時間、

  介入の副作用、および受容性、実現可能性、公平性への影響、および注目すべき

  介入に関連する資源

T:予防・予後、観察研究(比較研究)44件のシステマティック・レビュー&メタ解析

S:WHO 固有の標準情報源(検索期間:データベース開始から2020年5月3日まで)および COVID-19 固有の情報源 21 箇所(検索期間:データベース開始から2020年5月26日まで)

批判的吟味

・コクランレビューか?

 ❌ コクランレビューではない

・GRADEアプローチか?

 ⭕️ GRADEアプローチを用いて作成されている

・情報源は?

 MEDLINE (using the Ovid platform), PubMed, Embase, CINAHL (using the Ovid platform), the Cochrane Library, COVID-19 Open Research Dataset Challenge, COVID-19 Research Database (WHO), Epistemonikos (for relevant systematic reviews addressing MERS and SARS, and its COVID-19 Living Overview of the Evidence platform), EPPI Centre living systematic map of the evidence, ClinicalTrials.gov, WHO International Clinical Trials Registry Platform, preprint servers (bioRxiv, medRxiv, and Social Science Research Network First Look) and coronavirus resource centres of The Lancet, JAMA, and N Engl J Med.

・検索語は?

 以下を参照;

https://www.thelancet.com/cms/10.1016/S0140-6736(20)31142-9/attachment/86e2a333-4c9e-4282-9a9f-f93ad01f312a/mmc1.pdf

・検索期間は?

 データベース開始から2020年5月3日あるいは26日まで

・研究の種類は?

 観察研究

・参考文献まで追跡して調べたか?

 🔺 不明

・研究者や専門家に連絡を取ったか?

 ⭕️ 入手できなかった文献3件について著者に連絡をとっている

・出版されていない研究も探したか?

 ⭕️ Preprintを含めて幅広く検索されている

・言語の制限はあったか?

 ⭕️ 言語の制限はなかった

・研究は網羅的に集められたか?

 ⭕️ 現段階では網羅的であると考えられるが、出版バイアスは大きいと考えられる

Funnel plot(本文より引用)

 

・複数人で評価されているか?

 ⭕️ 2名が独立して評価している

・評価基準は?

 ⭕️ Newcastle-Ottawa scale to rate risk of bias(コホート研究や症例対照研究に使用される)


✅まとめ✅ 物理的な距離、フェイスマスク、フェイスシールドあるいはゴーグルの使用はSARS、MARS、COVID-19感染リスクを低下させるかもしれない

コメント

タイトルとURLをコピーしました