イタリアにおけるSARS-CoV-2流行地における重症川崎様疾患の発生はどのくらいですか?(単施設 後向きコホート研究; Lancet. 2020)

An Outbreak of Severe Kawasaki-like Disease at the Italian Epicentre of the SARS-CoV-2 Epidemic: An Observational Cohort Study

Lucio Verdoni et al.

Lancet. 2020 May 13. doi: 10.1016/S0140-6736(20)31103-X. Online ahead of print.

PMID: 32410760

PMCID: PMC7220177

DOI: 10.1016/S0140-6736(20)31103-X

Funding: None.

背景

ベルガモ県は、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)の流行の影響を広範囲に受けており、一般集団におけるウイルス発現の自然観察地となっている。

先月、川崎病の発生を記録したが、SARS-CoV-2流行時に診断された川崎病患者の発生率と特徴を評価することを目的とした。

方法

当センターで過去5年間に川崎病と診断された全患者を、SARS-CoV-2流行開始前(第1群)と流行開始後(第2群)の症状別に分けた.川崎病様症状を呈した症例は、米国心臓協会の適応症に準じて川崎病として管理した。

川崎病ショック症候群(KDSS)は、循環器機能障害の存在と、Paediatric Rheumatology International Trials Organisationの基準によるマクロファージ活性化症候群(MAS)によって定義された。

鼻咽頭および口腔スワブの逆転写酵素定量PCR、および血清学的定性検査でそれぞれSARS-CoV-2 IgMおよびIgGを検出することにより、現在または過去の感染の有無を判定した。

所見

・第1群は、2015年1月1日から2020年2月17日までの間に診断された患者19人(男児7人、女児12人、3.0歳[SD2.5])で構成された。

・第2群には、2020年2月18日から4月20日の間に診断された患者10人(男児7人、女児3人、年齢7.5歳[SD3.5])が含まれており、10人中8人がIgGまたはIgM、またはその両方で陽性であった。

・両群では、疾患発症率(第1群 vs. 第2群、1ヵ月あたり0.3人 vs. 10人)、平均年齢(3.0歳 vs. 7.5歳)、心臓病変(19人中2人 vs. 10人中6人)、KDSS(19人中0人 vs. 10人中5人)、MAS(19人中0人 vs. 10人中5人)、補助的ステロイド治療の必要性(19人中3人 vs. 10人中8人、すべてp<0.01)で差があった。

解釈

この1ヶ月間で川崎様疾患の発症率が30倍に増加していることがわかった。

SARS-CoV-2流行開始後に診断された子供たちは、ウイルスに対する免疫応答の証拠を示し、年齢が高く、心臓病変の割合が高く、MASの特徴を持っていた。

SARS-CoV-2の流行は、川崎病の重症型の発生率の高さと関連していた。SARS-CoV-2の流行に関与した国では、同様の川崎病の発生が予想される。

コメント

COVID-19と川崎病様疾患の発症リスクとの関連の可能性が報告されている。しかし、このリスクは欧州での報告にとどまっている。

さて、今回の研究結果によれば、イタリアの単施設での検討結果ではあるものの、COVID-19による川崎病様疾患リスクの増加が示された。

イタリアの単施設かつ後向きの研究結果であるため、あくまでも相関関係ではあるが、COVID-19は川崎病様疾患の発症リスクと関連(交絡因子)しているかもしれない。

✅まとめ✅ COVID-19は川崎病様疾患の発症を増加させるかもしれない

コメント

タイトルとURLをコピーしました