禁煙と口内炎の関連性はどのくらいですか?(単施設の前向き研究; Nicotine Tob Res.2004)

The Relationship Between Smoking Cessation and Mouth Ulcers

Hayden McRobbie et al.

Nicotine Tob Res.2004 Aug.

PMID: 15370162

DOI: 10.1080/14622200410001734012

背景

禁煙患者は、しばしば無咽頭(口内)潰瘍を訴える。この症状は禁煙治療薬の使用に起因することがあるが、その関連性についてはほとんど知られていない。

本研究では、禁煙者における口内潰瘍の発生率、重症度、時間経過を調査し、異なる禁煙薬がこの症状に及ぼす影響を検討した。

方法

サンプルは、大規模な禁煙クリニックで治療を受け、生化学的に検証された少なくとも1週間の継続的な禁煙を維持し、使用可能なデータを提供した喫煙者1,234人で構成されている。

参加者は、Mood and Physical Symptoms Scaleに追加された口内潰瘍の項目を評価することで口内潰瘍を評価した。

被験者は、喫煙中と禁煙後4週間のうち週3回、評価を行った。

結果

・禁煙後、約40%の患者が口内潰瘍を発症したが、その多くは最初の2週間に発症した。

・口内潰瘍は概ね軽度であったが、8%では重度の潰瘍化を報告した。潰瘍は、発症した患者の60%で4週間以内に消失した。

・経口ニコチン置換剤を使用した患者の潰瘍評価は、パッチ、点鼻スプレー、ブプロピオンを使用した患者よりも断薬後の最初の1週間の方が高かったが、その後はそうではなかった。

・口内潰瘍はより依存性の高い喫煙者に多く見られ、潰瘍の発生は他のタバコ離脱症状と相関していた。

結論

本研究結果から、口内潰瘍は禁煙の一般的な結果であり、禁煙者の5人に2人が影響を受けていることが確認された。

患者は、この病変は禁煙の結果であり、禁煙薬の副作用ではないことを安心してください。

コメント

禁煙患者では、しばしば口内炎の発症が報告されています。今回の研究では、禁煙そのものにより口内炎が発生するのか、禁煙薬によるのかについても検討している。

試験結果としては、禁煙そのものにより約40%の患者で口内炎が発生するが、そのうちの60%は4週間以内で治癒したとのこと。

また禁煙薬による口内炎リスクは認められなかった。

試験の制限としては、単施設のオープン試験かつ主観的な報告アウトカムであるため、バイアスが入り込みやすい可能性が高いと考えられます。

✅まとめ✅ 喫煙者の5人に2人が口内炎を経験するが、これは禁煙薬の影響ではなさそうだった

コメント

タイトルとURLをコピーしました