【論文撤回】COVID-19患者におけるACE阻害薬/ARB使用と死亡リスクとの関係性はどのくらいですか?( データベース研究; NEJM 2020)

Cardiovascular Disease, Drug Therapy, and Mortality in Covid-19.

Mehra MR et al.

N Engl J Med. 2020 May 1.

doi: 10.1056/NEJMoa2007621.

PMID: 32356626

DOI: 10.1056/NEJMoa2007621

Funded by the William Harvey Distinguished Chair in Advanced Cardiovascular Medicine at Brigham and Women’s Hospital.

背景

コロナウイルス疾患2019(Covid-19)は、心血管疾患を有する人々に不釣り合いに影響を及ぼす可能性がある。

この臨床的背景において、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬およびアンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)の潜在的な有害作用について懸念が喚起されている。

方法

アジア、ヨーロッパ、北米の病院169施設の観察データベースを用いて、2019年12月20日から2020年3月15日までの間に入院し、2020年3月28日の時点で病院内で死亡したか、退院まで生存していたとSurgical Outcomes Collaborativeレジストリーに記録されているCovid-19患者の心血管疾患および薬物療法と院内死亡との関連を評価した。

結果

・解析時点で退院状況が確認できたCovid-19患者8,910人のうち、合計515人(5.8%)が病院内で死亡し、8,395人(94.2%)が退院まで生存した。

・院内死亡リスク増加と独立して関連していた因子は、次の通り;

   65歳以上:死亡率10.0% vs. 65歳未満では死亡率4.9%;オッズ比 =1.93、95%信頼区間[CI] 1.60~2.41

   冠動脈疾患:死亡率10.2% vs. 冠動脈疾患のない人では死亡率5.2%;オッズ比 =2.70、95%CI 2.08~3.51)

   心不全:死亡率15.3% vs. 心不全のない人では死亡率5.6%;オッズ比 =1.93、95%CI 1.60~2.41

   不整脈:死亡率11.5% vs. 不整脈のない人では5.6%;オッズ比 =1.95、95%CI 1.33~2.86

   慢性閉塞性肺疾患:死亡率14.2% vs. 慢性閉塞性肺疾患のない人では5.6%;オッズ比 =2.96、95%CI 2.00~4.40

   現在の喫煙:9.4% vs. 元喫煙者または非喫煙者では5.6%;オッズ比 =1.79、95%CI 1.29~2.47

・院内死亡リスクの増加は、ACE阻害薬の使用(2.1% vs. 6.1%;オッズ比 =0.33、95%CI 0.20~0.54)またはARBの使用(6.8% vs. 5.7%;オッズ比 =1.23;95%CI 0.87~1.74)との関連は認められなかった。

結論

我々の研究は、基礎となる心血管系疾患がCovid-19で入院した患者の院内死亡リスクの増加と関連していることを示唆する以前の観察を確認した。

本研究の結果は、この臨床的状況において、ACE阻害薬またはARBと院内死亡との潜在的な有害な関連性に関する以前の懸念を確認するものではなかった。

コメント

COVID-19患者の背景と死亡リスクとの関連性を検討した試験。以前の研究により、ACE阻害薬またはARBの使用による死亡リスク増加が示唆されていました。

さて、今回の研究において、COVID-19患者の院内死亡リスクと独立して関連していた因子は、①65歳以上、②冠動脈疾患、③心不全、④不整脈、⑤慢性閉塞性肺疾患、⑥現在の喫煙、でした。ACE阻害薬の使用については、むしろ死亡リスクが低下しています(オッズ比 =0.33、95%CI 0.20~0.54)。あくまでも観察研究の結果ですが、各因子と死亡リスク増加との関連性はありそうですね。続報に期待。

✅まとめ✅ COVID-19患者の院内死亡リスクと独立して関連していた因子は①65歳以上、②冠動脈疾患、③心不全、④不整脈、⑤慢性閉塞性肺疾患、⑥現在の喫煙 だった

追記【本論文は捏造の疑惑があり2020年6月に撤回されました】

コメント

タイトルとURLをコピーしました