アジア人における卵摂取と心血管イベントとの関連性はどのくらいですか?(3件の大規模前向きコホート研究のSR&MA; BMJ 2020)

Egg Consumption and Risk of Cardiovascular Disease: Three Large Prospective US Cohort Studies, Systematic Review, and Updated Meta-Analysis

Jean-Philippe Drouin-Chartier et al.

BMJ.2020

PMID: 32132002

DOI: 10.1136/bmj.m513

Systematic review registration: PROSPERO CRD42019129650.

目的

米国における男女の卵摂取と心血管疾患リスクとの関連を評価し、前向きコホート研究のメタ分析を実施する。

試験デザイン

前向きコホート研究、および前向きコホート研究の系統的レビューとメタ分析。

試験設定

看護師の健康調査(NHS 1980-2012)、NHS II(1991-2013)、医療専門家の追跡調査(HPFS 1986-2012)。

試験参加者

コホート分析には、ベースラインで心血管疾患、2型糖尿病、および癌のないNHSの女性83,349人、NHS IIの女性 90,214人、およびHPFSの男性 42,055人が含まれた。

主なアウトカムの測定

非致死的な心筋梗塞、致死的な冠動脈疾患、および脳卒中を含む心血管疾患の発生。

結果

・3件のコホートは最大32年間の追跡調査(>554百万人・年)で、心血管疾患を発症した参加者14,806人が特定された。卵の摂取量が多い参加者は、ボディマス指数が高く、スタチンで治療される可能性が低く、赤身の肉を多く消費していた。ほとんどの人は、週に1個から5個未満の卵を消費していた。

・プールされた多変量解析では、更新されたライフスタイルと卵摂取に関連する食事因子の調整後、1日あたり少なくとも1個の卵の消費は偶発的な心血管疾患リスクと関連しなかった。

★1日あたり少なくとも1個の卵摂取 vs. 卵の摂取1個未満/月:ハザード比 = 0.93、95%信頼区間0.82〜1.05

—-

・前向きコホート研究の更新されたメタ分析(リスク推定値33、参加者1,720,108人、心血管疾患イベント139,195件)では、1個の卵摂取/日の増加は心血管疾患リスクと関連していなかった。

★プール相対リスク = 0.98、95%信頼区間 0.93〜1.03、I2 = 62.3%

—-

・アウトカムは、冠動脈心疾患(リスク推定値21、参加者1,411,261、冠動脈疾患イベント59,713件; プール相対リスク = 0.96、0.91〜1.03、I2 = 38.2%)、および脳卒中(リスク推定値22、参加者1,059,315人、脳卒中イベント53,617件; プール相対リスク = 0.99、0.91〜1.07、I2 = 71.5%)。

・地理的位置によって層別化された分析(相互作用のP = 0.07)では、米国のコホート(プール相対リスク = 1.01、0.96〜1.06、I2 = 30.8%)またはヨーロッパのコホート(プール相対リスク = 1.05、0.92〜1.19、 I2 = 64.7%)に対して、アジアのコホートで逆相関が見られた(プール相対リスク = 0.92、0.85〜0.99、I2 = 44.8%)。

結論

3つのコホートおよび更新されたメタ分析の結果は、中程度の卵消費量(1日あたり最大1卵)が全体的に心血管疾患リスクとは関係がなく、アジア集団の潜在的に低い心血管疾患リスクと関係があることを示している。

コメント

前向きコホート研究3件のメタ解析。

全体的な結果として、1日1個の卵摂取による心血管イベントのリスク増加はみられなかった。また層別解析においては、アジア人コホートでリスク低下の可能性が示唆された。

どの結果も異質性が中程度であるため、やや結果の一貫性に欠けると考えられる。また効果推定値をみてみると、例えリスクが最大化したとしてもハザード比で1.2ぐらい。しかも追跡期間は最大で32年間とかなりの長期間。

個人的には、この程度のリスク増加は誤差だと捉えています。もちろんアジア人でみられたリスク低下の可能性も誤差だと捉えています。

つまるところ食事は適度にバランスを考えて、というところに落ち着くと思います。一言でいうと簡単ですが、実際は個々の背景によって内訳が変わるため、自分の身体に合うバランス、特に筋力を落とさないようタンパク摂取は少し多めで良いと考えています。

✅まとめ✅ 毎日1個の卵摂取は心血管イベントのリスク増加とはならなそう

コメント

タイトルとURLをコピーしました