中国におけるCOVID-19アウトブレイクの特徴および重要な教訓(症例集積報告; JAMA 2020)

Characteristics of and Important Lessons From the Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) Outbreak in China: Summary of a Report of 72 314 Cases From the Chinese Center for Disease Control and Prevention.

Wu Z et al.

JAMA. 2020 Feb 24.

doi: 10.1001/jama.2020.2648.

PMID: 32091533

DOI: 10.1001/jama.2020.2648

Key Findings From the Chinese Center for Disease Control and Prevention Report

症例72,314件だった(2020年2月11日現在)

・確認された症例:44,672例(62%)

・疑われる症例:16,186例(22%)

・診断された症例:10,567例(15%)

・無症候性の症例:889例(1%)

年齢分布(N = 44,672)

・80歳以上:3%(1,408件)

・30-79歳:87%(38,680件)

・20-29歳:8%(3,619件)

・10-19歳:1%(549件)

・<10年:1%(416件)

・疾患の範囲(N = 44,415)

・軽度:81%(36,160件)

・重度:14%(6,168件)

・クリティカル:5%(2,087件)

致死率

・2.3%(44,672件の確定症例のうち1,023件)

・80歳以上の患者では14.8%(208/1,408件)

・70-79歳の患者の8.0%(312/3,918件)

・重大なケースでは49.0%(1,023/20,87件)

感染した医療従事者

・3.8%(1,716/44,672件)

・武漢で63%(1,080/1,716件)

・14.8%の症例が重症または重症に分類されている(247/1,668例)。

・死亡は5人

Epidemic Curve of the Confirmed Cases of Coronavirus Disease 2019 (COVID-19)
Figure 1. COVID-19罹患の推移(本文より引用)
Epidemic Curve of the Confirmed Cases of Coronavirus Disease 2019 (COVID-19)
Daily numbers of confirmed cases are plotted by date of onset of symptoms (blue) and by date of diagnosis (orange). Because, on retrospective investigation, so few cases experienced illness in December, these cases are shown in the inset. The difference between the cases by date of symptom onset curve (blue) and the cases by date of diagnosis curve (orange) illustrates lag time between the start of illness and diagnosis of COVID-19 by viral nucleic acid testing. The graph’s x-axis (dates from December 8, 2019, to February 11, 2020) is also used as a timeline of major milestones in the epidemic response. The first few cases of pneumonia of unknown etiology are shown in blue boxes on December 26 (n = 4) and 28-29 (n = 3). Most other cases that experienced onset of symptoms in December were only discovered when retrospectively investigated. Major epidemic response actions taken by the Chinese government are shown in brown boxes. The normally scheduled Lunar New Year national holiday is shown in light yellow, whereas the extended holiday during which attendance at school and work was prohibited (except for critical personnel such as health workers and police) is shown in dark yellow. This figure was adapted with permission.1 CDC indicates Chinese Center for Disease Control and Prevention; HICWM, Hubei Integrated Chinese and Western Medicine; 2019-nCoV, 2019 novel coronavirus; WHO, World Health Organization.

その他の特徴

・ほとんどの症例患者は30〜79歳(87%)、9歳以下は1%、10〜19歳は1%、80歳以上は3%だった。

・ほとんどの症例は湖北省で診断され(75%)、ほとんどが武漢に関連した曝露を報告した(86%、すなわち武漢の居住者または訪問者、または武漢の居住者または訪問者との密接な接触)。

・ほとんどの症例は軽度に分類された(81%、すなわち非肺炎および軽度肺炎)。ただし、14%は重度だった(すなわち呼吸困難、呼吸頻度30 /分以上、血中酸素飽和度93%以下、動脈酸素分圧に対する吸気酸素分率<300、および/または肺浸潤が50%から24%以内) 。

48時間)、そして5%が重大だった(すなわち呼吸不全、敗血症性ショック、および/または多臓器不全または不全)。

全体の致死率(CFR)は2.3%だった(44,672人の確定患者のうち1,023人が死亡)。 9歳以下の群では死亡は発生しなかったが、70〜79歳の症例のCFRは8.0%、80歳以上の症例のCFRは14.8%だった。

軽度および重度の症例では死亡は報告されなかった。重大なケースのCFRは49.0%だった。

CFRは既存の共存症の患者で高く、心血管疾患で10.5%、糖尿病で7.3%、慢性呼吸器疾患で6.3%、高血圧で6.0%、がんで5.6%だった。44,672人の症例のうち、合計1,716人が医療従事者(3.8%)で、そのうち1,080人が武漢(63%)だった。

全体として、医療従事者間で確認された症例の14.8%は重度または重度として分類され、5人の死亡が観察された。

COVID-19は、わずか30日間で単一の都市から全国に急速に広がった。特に武漢市と湖北省では、地理的拡大と症例数の急激な増加の両方の速さが、中国の健康と公衆衛生サービスを驚かせ、すぐに圧倒した

流行曲線は、混合発生パターンである可能性のあるものを反映しており、初期のケースは継続的な共通ソースを示唆しており、Huanan Seafood Wholesale Marketで人畜共通のスピルオーバーの可能性があり、後のケースではウイルスが人から人へ伝染し始めたために伝播したソースを示唆している。(図1参照)

COVID-19とSARSおよびMERSの比較

現在のCOVID-19発生は、以前の重症急性呼吸器症候群(SARS; 2002-2003)および中東呼吸器症候群(MERS; 2012-継続中)の発生と類似しているが、異なる部分もみられた。

SARSは、中国広東省の市場で、コウモリからヤシのジャコウネコを介した新規コロナウイルスの人獣共通感染によって開始された。

MERSは、サウジアラビアでの新型コロナウイルス(コウモリからヒトコブラクダを経由する可能性が高い)の人畜共通感染も追跡された。

3つのウイルス感染はすべて発熱と咳を伴うことが多く、高齢者や基礎疾患に伴う臨床転帰が不良な下気道疾患を引き起こすことがよくみられた。

感染の確認には、気道サンプル(例:咽頭スワブ)の核酸検査が必要であるが、症状、暴露、胸部画像に基づいて臨床診断が行われる場合がある。

特定の効果的な抗ウイルス療法が特定されていないため、患者の支持療法は通常、標準的なプロトコルである。

世界保健機関(WHO)は、2003年7月5日にSARSの発生を宣言した。29か国で合計8,096人のSARS症例と774人の死亡が報告され、全体のCFRは9.6%だった。

MERSはまだ含まれておらず、27か国で確定症例2,494例と死亡858例(CFR 34.4%) が占めていた。

SARSとMERSのCFRがはるかに高いにもかかわらず、COVID-19は、多数の症例のためにより多くの総死亡をもたらした。

2020年2月18日現在、中国は72,528人の確定症例(世界全体の98.9%)と1,870人の死亡(世界全体の99.8%)を報告している。これは、現在の粗CFR 2.6%に相当する。ただし、COVID-19症例の総数は、軽度および無症候性の症例を特定およびカウントするのが本質的に困難であるため、カウント数より高い可能性がある。さらに、中国でのCOVID-19の試験能力はまだ不十分であるため、疑わしく臨床的に診断された多くの症例は分母に数えられていない症例もある。

2CFRのこの不確実性は、湖北省の2.9 %、湖北省外と比較(0.4%)して、1,2にもかかわらず、すべてのCFRは依然として慎重に解釈する必要があり、さらなる研究が必要である。SARSおよびMERSのほとんどの二次感染は、病院で発生した。 COVID-19の感染もこの状況で発生している。

2020年2月11日現在、医療従事者の間で3,019人の症例が確認されている(うち1716人が確認され、5人が死亡)。ただし、これは主要な感染経路ではない。COVID-19は、密接な接触者の間でかなりの感染が発生しているようである。現在までに、湖北省以外の20の省が1,183件の症例クラスターを報告しており、そのうち88%に2〜4件の確定症例が含まれている。

注目すべきことに、これまでに文書化されたクラスターの64%は家族の家庭内にありました(2020年2月16日にWHO評価チームに対して行われた中国疾病管理予防センターのプレゼンテーション)。したがって、COVID-19はSARSおよびMERSよりも伝達性が高いようであり、COVID-19の生殖数(R0)の多くの推定値はすでに公開されていますが、正確なR0推定値を作成したり、ダイナミクスを評価するにはまだ早すぎます伝達の。この分野でもさらなる研究が必要です。

COVID-19流行への対応

2003年以降、中国政府は流行対応能力を向上させてきた。これらの取り組みの一部は、COVID-19への対応で明らかである(図2)。例えば、2002-2003年のSARSアウトブレイクでは、中国がWHOにアウトブレイクを報告するまでに300症例と5人の死亡がすでに発生していたのに対し、COVID-19アウトブレイクでは、27症例の時点でWHO通知が発せられた(2020年1月3日)(図2)。 WHO通知の時点から、SARS-CoVが特定されるまでに2か月が経過したのに対し、WHO通知の時点から2019-nCoVが特定されるまでわずか1週間だった。

Timeline Comparing the Severe Acute Respiratory Syndrome (SARS) and Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) Outbreaks

中国における毎年の旧正月休暇前のCOVID-19発生のタイミングは、本疾患への対応方法を検討した際の重要な要素だった。文化的には、これは一年で最大かつ最も重要な休日である。人々が家族の元に戻ることが期待されており、これが飛行機や電車、バスの混雑がみられ、この時間に住民や訪問者が数十億人の旅行をしたのが原因である。これを知ることは、各感染者が長期にわたって多くの密接な接触を得ることができることを意味し、政府は迅速に行動する必要があった。ただし、政府の対応の速さだけでなく、差し迫った休日における旅行時間の影響を受けたのは、その対応の大きさも一因だった。

標的化された抗ウイルス薬やワクチンなどの特定の治療および予防オプションがCOVID-19でまだ利用できないことを知って、中国は伝統的な公衆衛生のアウトブレイク対応の戦術、隔離、検疫、社会的距離、コミュニティ封じ込めに焦点を合わせた。

COVID-19の特定された症例患者は、既存の病院の指定された病棟ですぐに隔離され、武漢と湖北で増加する症例を隔離し、ケアするために2つの新しい病院が迅速に建設された。 COVID-19症例と接触していた人々は、自宅で自分自身を検疫するか、症状の発症を監視できる特別な検疫施設に連れて行かれた。

すべての旧正月のお祝いを含む膨大な数の大規模な集まりがキャンセルされ、武漢と湖北省の都市の交通は制限され、厳重に監視された。実質的にすべての輸送はその後、国家レベルで制限された。これらの手段はすべて、社会的距離を達成するために制定された。さらに、武漢と湖北省内の他の15の周辺都市の推定4,000万から6,000万人の住民が、コミュニティ封じ込め措置の対象となった。これらのタイプの従来のアウトブレイク対応アクションは過去に正常に使用されてきたが、そのような大規模で実行されたことはない。

これらのアクションがアウトブレイクに対する合理的かつ比例的な応答であるかどうかについていくつかの疑問があった。これらのアプローチの多くは市民の市民的自由を侵害する可能性があると主張する人もいれば、これらの措置の一部は「厳しい」と言われている。ただし、考慮する必要があるのは個人の権利だけではない。感染していないが感染リスクがある人の権利も考慮しなければならない。

これらのアプローチが効果的であったか(例:感染の減少と死亡の回避)、およびこれらの潜在的な利点がコスト(例:経済的損失)を上回っていたかどうかは、長年議論される。

次のステップ

重要なのは、今日における中国のアウトブレイク対応活動のもう1つの主要な目標は、COVID-19が拡大しすぎる前に科学が追いつくための「購入時間」を支援することである。

中国は現在、新しいエビデンスが利用可能になったため、戦術と戦略の調整に注力しなければならない。多くのことが行われず、多くの疑問が未解決のままである。

中国は、国際的な科学、健康、公衆衛生のコミュニティから受けている支援に非常に感謝している。グローバル社会はこれまで以上に相互に関連しており、新興病原体は地政学的境界を尊重しない。

COVID-19のような流行に効果的に対応するためには、公衆衛生のインフラストラクチャとキャパシティへの積極的な投資が不可欠であり、この大規模な発生に関する国際的な監視、協力、調整、コミュニケーションを改善し、将来の新しい公衆衛生の脅威に対して、より適切に対応する準備をすることが重要である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました