せん妄に対するセレネース®️の効果はどのくらいですか?(RCTのSR&MA; J Clin Anesth. 2019)

Efficacy and Safety of Haloperidol for Delirium Prevention in Adult Patients: An Updated Meta-Analysis With Trial Sequential Analysis of Randomized Controlled Trials

Zhen Chen et al.

J Clin Anesth. 2019

PMID:

Trial registration: PROSPERO registration number: CRD42018100511. Registered on 17 July 2018.

Keywords: Delirium; Haloperidol; Meta-analysis; Prevention; Trial sequential analysis.

研究の目的

せん妄リスクが高い成人患者におけるハロペリドール使用によるせん妄予防の有効性と安全性を特定する。

試験設計

ランダム化比較試験の試行順次分析によるメタ分析。

介入

包括的な検索は、PubMed、ISI Web of Knowledge、Cochrane Library、およびEmbaseデータベースで開始から2019年3月まで実行された。

引用スクリーニング、データ抽象化、および品質評価は重複して実行された。

プライマリおよびセカンダリのアウトカムを評価するために、試行順次分析(TSA)によるメタ分析が使用された。 さらに、the Grading of Recommendations Assessment Development and Evaluation (GRADE)を使用して、一連の証拠の確実性を評価した。

主な結果

・包含基準および除外基準に準拠した患者3,034人を含むRCT8件を評価した。

・プール分析において、ハロペリドールとプラセボまたは生理食塩水を投与された患者では、せん妄の発生率に有意な差はないことが示された。

★相対リスク[RR] = 0.90、95%信頼区間[CI] = 0.70〜1.15

—-

・特に対照群と比較して、ハロペリドールの使用はせん妄の持続期間を有意に短縮したが(平均差[MD] -0.94; 95%CI -1.82〜-0.06日)、顕著な不均一性を示した。 さらに、ハロペリドールの予防投与は、機械的換気期間、集中治療室(ICU)の滞在期間、入院期間および死亡率に有意な影響を与えなかった。

・安全性プロファイルの観点から、ハロペリドールはQTc延長、錐体外路症状、または有害事象のリスク増加と関連していなかった。

・GRADEは、ハロペリドール予防から利益を得るための証拠レベルが非常に低いことを示した。

【結論】

メタアナリシスの結果では、予防的ハロペリドール使用がプラセボと比較して、せん妄の発生率、機械的換気期間、集中治療室(ICU)滞在期間、入院期間および成人の死亡率に有益な影響を及ぼさないことを示唆した。

せん妄の持続時間にプラスの効果があるように見えたが、著しい不均一性があった。 これらの発見は、せん妄予防のためのハロペリドールの日常的な使用を支持していない。


【コメント】

アブストのみ。

過去の報告と矛盾しない。

やはり、せん妄予防に対するセレネース®️使用は効果がなさそう。

他の治療があれば、そちらにした方が良いですね。

✅せん妄予防においてセレネース®️の効果はなさそう✅

コメント

タイトルとURLをコピーしました