合併症のないインフルエンザ患者に対するゾフルーザ®️の効果はどのくらいですか?(NWM; Curr Med Res Opin. 2019)

A network meta-analysis of the efficacy and safety of baloxavir marboxil versus neuraminidase inhibitors for the treatment of influenza in otherwise healthy patients.

Taieb V et al.

Curr Med Res Opin. 2019 Aug;35(8):1355-1364.

doi: 10.1080/03007995.2019.1584505. Epub 2019 Apr 1.

PMID: 30810054

【目的】

バロキサビルマルボキシル(バロキサビル)は、単回経口投与レジメンでのインフルエンザ治療のために研究されている最初のキャップ依存性エンドヌクレアーゼ阻害剤である。

本ネットワークメタ分析(network meta-analysis, NMA)では、他の点では健康なインフルエンザ患者において、他の抗ウイルス薬と比較して、バロキサビルの有効性と安全性を評価した。

【方法】

2016年11月14日にMedline、Embase、CENTRAL、ICHUSHIで系統的文献レビューを実施し、インフルエンザに対する抗ウイルス薬を評価するランダム化比較試験を特定した。

バロキサビルの有効性と安全性を他の抗ウイルス薬と比較するために、22件の試験を含むNMAが実施された。

【結果】

・全症状緩和までの時間は、ザナミビル(リレンザ®️)と比較して、バロキサビル(ゾフルーザ®️)の方が有意に短かった(14試験、5,403例)。

-バロキサビル使用による全症状緩和までの時間(中央値)-

★ vs. ザナミビル(リレンザ®️):19.96時間の差; 95%CrI 3.23〜39.07

★ vs. プラセボ:29.36時間の差; 15.34〜45.82

★ vs. ラニナビル(イナビル®️):6.41時間の差; -15.48〜32.10

★ vs. オセルタミビル(タミフル®️):6.33時間の差; -6.89〜19.54

★ vs. ペラミビル(ラピアクタ®️):7.60時間の差; -8.49〜24.78

・ウイルス排出停止までの時間の差(中央値)は、バロキサビルの方がザナミビルおよびオセルタミビル(タミフル®️)よりも有意に短かった(4試験、1,078例)。

★ vs. ザナミビル:47.00時間、95%CrI 28.18〜73.86

★ vs. オセルタミビル:56.03時間、95%CrI 33.74〜87.86

★ vs. プラセボ:84.04時間、95%CrI 50.65〜131.90

・ベースラインから24時間後までのウイルス力価の平均低下は、他の薬剤よりもバロキサビルで有意に大きかった。有効性アウトカムの他の違いは有意ではなかった。

・バロキサビルの安全性については、オセルタミビルおよびラニナミビルと比較して減少を示した薬物関連の総有害事象を除き、バロキサビルと他の抗ウイルス薬との間に有意差は認められなかった。

【結論】

本NMAでは、同等の安全性プロファイルを持つ他の抗ウイルス薬と比較して、バロキサビルがより良いまたは同様の有効性アウトカムを有していることを示唆している。

バロキサビルは、ザナミビル、オセルタミビル、ペラミビルと比較したウイルス力価の有意な減少、およびザナミビル、オセルタミビルと比較しウイルス排出の減少をもたらした。


【コメント】

ゾフルーザ®️使用による安全性・有効性のネットワークメタ解析。本研究結果によりリレンザ®️よりはインフルエンザ症状緩和が早そう。ただし、耐性ウイルスリスクの可能性およびコストの点は押さえておきたい。

★耐性ウイルス情報:ゾフルーザ®️

           — 耐性ウイルス株 A(H3N2) 34例/357例(9,5%)

           — 耐性ウイルス株 A(H1N1)pdm09 6例/343例(1.7%)

           — 12歳未満では23.4%とのこと(https://medical-tribune.co.jp/news/2019/1111522261/index.html?_login=1#_login

★コスト(2019年11月現在)

ゾフルーザ®️(用法:1回飲みきり):10 mg — 1535.4円/錠

                  20 mg — 2438.8円/錠(計4877.6円)

用法及び用量の表

体重 用量 
40kg以上 20mg錠2錠又は顆粒4包(バロキサビル マルボキシルとして40mg) 
20kg以上40kg未満 20mg錠1錠又は顆粒2包(バロキサビル マルボキシルとして20mg) 
10kg以上20kg未満 10mg錠1錠(バロキサビル マルボキシルとして10mg) 

タミフル®️(用法:1日2回5日):267.8円/カプセル(計2678円)

          後発医薬品:129.7円/カプセル(計1297円)

★参考サイト

 国立感染症研究所

抗インフルエンザ薬耐性株サーベイランス

 2018/2019シーズン 抗インフルエンザ薬耐性株検出情報

https://www.niid.go.jp/niid/images/flu/resistance/20191112/dr18-19j20191112-1.pdf

]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました