A型インフルエンザ患者に対するゾフルーザ®️使用は急性虚血性大腸炎リスクとなりますか?(日本人の症例報告; J Infect Chemother. 2019)

Acute ischemic colitis with hematochezia related to baloxavir marboxil treatment for influenza A.

Kanai N et al.

J Infect Chemother. 2019 Dec;25(12):1040-1042.

doi: 10.1016/j.jiac.2019.05.009. Epub 2019 Jun 5.

PMID: 31176533 

【背景】

確立された経口抗インフルエンザ薬であるオセルタミビルは、虚血性大腸炎のリスクを高める。バロキサビルマルボキシルは新規経口抗インフルエンザ薬であり、虚血性大腸炎を含む潜在的な副作用を評価した研究はほとんどない。さらに、A型インフルエンザは虚血性大腸炎も誘発する可能性があるため、抗インフルエンザ薬に関連する薬物誘発性大腸炎は明確に理解されていない。

【目的】

本レポートでは、A型インフルエンザに対しバロキサビルを服用した後に急性虚血性大腸炎を発症した62歳の日本人女性のケースについて説明する。

【症例】

バロキサビルを服用した翌日(2日目)、患者は腹痛、下痢、および吐き気を経験した。 3日目、彼女は血便を発症し、当院を訪問することを決めた。

腹部超音波検査およびコンピューター断層撮影により、下行およびS状結腸の炎症が検出された。

輸液補充療法と食事制限が開始された。

4日目、大腸内視鏡検査により、下行結腸の炎症と顕著な腸浮腫が確認された。

彼女は臨床的に虚血性大腸炎と診断され、そこから9日目までに完全に回復した。

本症例は、バロキサビルを服用している患者が血便を伴う虚血性大腸炎を発症するリスクがあることを示唆しており、一般的に使用される経口抗インフルエンザ薬による本状態の誘発について、さらに研究する必要性を強調している。


【コメント】

アブストのみ。

ゾフルーザ®️使用による虚血性大腸炎リスクの可能性が報告された。今のところ、添付文書には反映されていないようです。まだ1例の症例報告であるため、またA型インフルエンザに伴う可能性も否定できないためだと考えられます。

今後の報告を待ちたい。

]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました