頭頸部癌に対するがん休眠療法(メトロノミック療法・低用量抗がん剤治療)の効果はどのくらい?(RCT; J Clin Oncol. 2022)

head and cancer words spelled on wooden scrabble tiles 13_悪性腫瘍
Photo by Anna Tarazevich on Pexels.com

進行性頭頸部扁平上皮癌における3剤がん休眠療法 vs. 3剤がん休眠療法+低用量ニボルマブ

進行性頭頸部扁平上皮癌の治療に承認されているレジメンは、その費用の問題から、中低所得国の患者の1~3%しか利用できていません。以前の研究では、がん休眠療法(メトロノミック療法・少量あるいは低用量抗がん剤治療)がこの環境における頭頸部癌患者の生存率を改善しました。また、レトロスペクティブデータでは、ニボルマブの低用量投与が有効である可能性が示唆されています。

そこで今回は、トリプルメトロノミック化学療法(TMC)に低用量のニボルマブを追加することで、全生存期間(OS)が改善されるかどうかを評価したランダム化第III相優越試験の結果をご紹介します。

本試験では、東方協力腫瘍学グループのパフォーマンスステータス(PS)が0〜1で、緩和目的の治療を受けている再発または新規診断の進行頭頸部扁平上皮癌の成人患者が対象でした。患者は、メトトレキサート9mg/m2を週1回、セレコキシブ200mgを1日2回、エルロチニブ150mgを1日1回経口投与するTMC群と、ニボルマブ20mgを3週間に1回静脈内投与するTMC(TMC-I群)に1:1にランダムに割り付けられました。主要評価項目は1年OSでした。

試験結果から明らかになったことは?

151例の患者がランダムに割り付けられ、75例がTMC群、76例がTMC-I群に割り付けられました。

TMC群TMC-I群ハザード比 HR
(95%CI)
1年OS16.3%
(95%CI 8.0〜27.4
43.4%
(95%CI 30.8〜55.3
HR 0.545
0.362〜0.820
P=0.0036
OS中央値6.7ヵ月
(95%CI 5.8~8.1
10.1ヵ月
(95%CI 7.4~12.6
p=0.0052

低用量ニボルマブの追加により、1年OSは16.3%(95%CI 8.0〜27.4)から43.4%(95%CI 30.8〜55.3;ハザード比 0.545、95%CI 0.362〜0.820、P=0.0036)に改善された。TMC群とTMC-I群のOS中央値は、それぞれ6.7ヵ月(95%CI 5.8~8.1)、10.1ヵ月(95%CI 7.4~12.6)でした(p=0.0052)。

グレード3以上の有害事象の発生率は、TMC群50%、TMC-I群46.1%でした(P=0.744)。

コメント

進行性頭頸部扁平上皮癌の治療において、がん休眠療法(メトロノミック療法・少量あるいは低用量抗がん剤治療)が生存率を改善することが報告されていますが、低用量ニボルマブを追加することの影響については充分に検討されていません。

さて、本試験結果によれば、がん休眠療法に低用量ニボルマブを追加することで全生存期間が改善し、全用量のチェックポイント阻害剤を利用できない患者に対する代替標準治療となることが示されました。

レジメンが限られていること、治療コストを考慮すると、非常に有用な結果であると考えられます。ただし、例数が限られていますので、追試が求められます。

続報に期待。

seidman cancer center building at daytime

✅まとめ✅ がん休眠療法に低用量ニボルマブを追加することで全生存期間が改善し、全用量のチェックポイント阻害剤を利用できない患者に対する代替標準治療となることが証明された。

根拠となった試験の抄録

目的: 進行性頭頸部扁平上皮癌の治療に承認されているレジメンは、その費用の問題から、中低所得国の患者の1~3%しか利用できない。以前の研究では、がん休眠療法(メトロノミック療法・少量あるいは低用量抗がん剤治療)がこの環境での生存率を改善した。レトロスペクティブデータでは、ニボルマブの低用量投与が有効である可能性が示唆されている。そこで、トリプルメトロノミック化学療法(TMC)に低用量のニボルマブを追加することで、全生存期間(OS)が改善されるかどうかを評価することを目的とした。

方法:本試験は、ランダム化第III相優越試験である。東方協力腫瘍学グループのパフォーマンスステータス(PS)が0〜1で、緩和目的の治療を受けている再発または新規診断の進行頭頸部扁平上皮癌の成人患者を対象とした。患者は、メトトレキサート9mg/m2を週1回、セレコキシブ200mgを1日2回、エルロチニブ150mgを1日1回経口投与するTMCと、ニボルマブ20mgを3週間に1回静脈内投与するTMC(TMC-I)に1対1にランダムに割り付けられた。主要評価項目は1年OSとした。

結果:151例の患者がランダムに割り付けられ、75例がTMC群、76例がTMC-I群に割り付けられた。低用量ニボルマブの追加により、1年OSは16.3%(95%CI 8.0〜27.4)から43.4%(95%CI 30.8〜55.3;ハザード比 0.545、95%CI 0.362〜0.820、P=0.0036)に改善された。TMC群とTMC-I群のOS中央値は、それぞれ6.7ヵ月(95%CI 5.8~8.1)、10.1ヵ月(95%CI 7.4~12.6)でした(p=0.0052)。グレード3以上の有害事象の発生率は、TMC群50%、TMC-I群46.1%であった(P=0.744)。

結論:我々の知る限り、本試験は、メトロノミックケモセラピーに低用量のニボルマブを追加することでOSが改善し、全用量のチェックポイント阻害剤を利用できない患者に対する代替標準治療となることを証明した初めての無作為化試験である。

試験登録:ClinicalTrials.gov CTRI/2020/11/028953

引用文献

Low-Dose Immunotherapy in Head and Neck Cancer: A Randomized Study
Vijay Maruti Patil et al. PMID: 36265101 DOI: 10.1200/JCO.22.01015
J Clin Oncol. 2022 Oct 20;JCO2201015. doi: 10.1200/JCO.22.01015. Online ahead of print.
ー 続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36265101/

コメント

タイトルとURLをコピーしました