日本人早期心房細動患者に対するカテーテルアブレーションは予後およびQOLを改善する(コホート研究; KiCS-AFレジストリー; Heart Rhythm 2022)

neon heart shining in red 02_循環器系
Photo by Allec Gomes on Pexels.com

早期心房細動患者におけるカテーテルアブレーションの有益性は日本人においても同様に認められるのか?

カテーテルアブレーションはQOLが低下した患者の第一選択治療として広く用いられていますが、日本の心房細動(AF)症例において、カテーテルアブレーションが生存率やその他のアウトカムを改善するかどうかはまだ不明です。

今回ご紹介するのは、慶應義塾大学病院の心房細動治療の診療および予後調査のためのレジストリ研究では、2014年から2018年の間に参加病院に新たに紹介された3,318例の心房細動患者を登録したKiCS-AFレジストリー研究の結果です。本試験の目的は、カテーテルアブレーションが有害な臨床転帰を減らし、患者のQOLを改善するかどうかを、現代の日本の早期心房細動患者の多施設登録のデータを用いて評価することでした。

本試験では、47の人口統計学的変数に基づく傾向スコアマッチングが実施され、カテーテルアブレーションまたは内科的治療単独を受けた823組が抽出されました。主要アウトカムは、2年間のフォローアップ期間中の全死亡、脳卒中、出血性イベント、心不全入院の複合とされました。さらに、ベースラインと1年後の心房細動によるQOLへの影響(AFEQT)スコアも評価されました。

試験結果から明らかになったことは?

Figure thumbnail fx1
https://www.heartrhythmjournal.com/article/S1547-5271(22)00198-9/fulltext?dgcid=raven_jbs_aip_emailより引用

マッチしたコホートにおいて、AF診断からの期間中央値は0.3年[四分位範囲[IQR] 0.1~2.3]、年齢は67.0歳(IQR 59.0~73.0)、CHA2DS2-VAScスコアは2.0(IQR 1.0~2.0)でした。

カテーテルアブレーション群
(vs. 内科的治療群)
主要アウトカム
全死亡、脳卒中、出血性イベント、心不全による入院の複合)
ハザード比[HR] 0.49
(95%CI 0.30〜0.79
P=0.004
心不全による入院HR 0.33
(95%CI 0.14〜0.77
P=0.010

追跡期間中央値730日(IQR 366〜731)において、カテーテルアブレーションを受けた早期AF患者は、内科的治療を受けた患者よりも主要アウトカムのリスクが低く(ハザード比[HR] 0.49、95%信頼区間(CI) 0.30〜0.79、P=0.004)、心不全による入院リスクも著しく低く(HR 0.33、95%CI 0.14〜0.77、P=0.010)、AFEQTスコアも改善されました。

コメント

これまでの臨床試験の結果から心房細動治療においては、レートコントロールとリズムコントロールで予後に差がないことが報告されています。レートコントロールは基本的に薬物療法ですが、レートコントロールとしては、薬物療法の他、電気ショックやカテーテルアブレーションが使用されます。心房細動に対する治療としては、基本的に非侵襲的な治療である内科的治療(主に薬物治療)が行われてきましたが、心房細動の病態初期におけるカテーテルアブレーションの有用性が報告されていることから、日本人に対する検証が求められています。

さて、本試験結果によれば、カテーテルアブレーションを受けた早期AF患者は、内科的治療を受けた患者よりも主要アウトカム、心不全による入院リスクが低く、AFEQTスコアも改善されることが明らかとなりました。ただし、主要アウトカムは全死亡、脳卒中、出血性イベント、心不全による入院の複合であり、抄録からは心不全による入院リスクの顕著な減少しか読み取れません。より重要なアウトカムである全死亡、脳卒中、出血性イベントについては不明です。また追跡期間は中央値730日ですので、より長期間の試験結果が待たれます。アブレーション後のAF再発についても気にかかるところです。

続報に期待。

heart shaped neon lights with church in background by night

✅まとめ✅ 日本の早期AF患者において、カテーテルアブレーションは、内科的治療と比較して、臨床上の有害事象のリスクが低く、QOLの改善と関連していた。

根拠となった試験の抄録

背景:カテーテルアブレーションはQOLが低下した患者の第一選択治療として広く用いられているが、心房細動(AF)症例においてカテーテルアブレーションが生存率やその他のアウトカムを改善するかどうかはまだ不明である。

目的:カテーテルアブレーションが有害な臨床転帰を減らし、患者のQOLを改善するかどうかを、現代の日本の早期心房細動患者の多施設登録のデータを用いて評価すること。

研究方法:慶應義塾大学病院の心房細動治療の診療および予後調査のためのレジストリ研究では、2014年から2018年の間に参加病院に新たに紹介された3,318例の心房細動患者を登録した。47の人口統計学的変数に基づく傾向スコアマッチングを実施した。カテーテルアブレーションまたは内科的治療単独を受けた823組を抽出した。主要アウトカムは、2年間のフォローアップ期間中の全死亡、脳卒中、出血性イベント、心不全入院の複合とした。さらに、ベースラインと1年後の心房細動によるQOLへの影響(AFEQT)スコアも評価した。

結果:マッチしたコホートにおいて、AF診断からの期間中央値は0.3年[四分位範囲[IQR] 0.1~2.3]、年齢は67.0歳(IQR 59.0~73.0)、CHA2DS2-VAScスコアは2.0(IQR 1.0~2.0)であった。追跡期間中央値730日(IQR 366〜731)において、カテーテルアブレーションを受けた患者は、内科治療を受けた患者よりも主要転帰のリスクが低く(ハザード比[HR] 0.49、95%信頼区間(CI) 0.30〜0.79、P=0.004)、心不全入院のリスクも著しく低く(HR 0.33、95%CI 0.14〜0.77、P=0.010)、AFEQTスコアも改善された。

結論:傾向スコアマッチされた実臨床の早期AF患者において、カテーテルアブレーションは、内科的治療と比較して、臨床上の有害事象のリスクが低く、QOLの改善と関連していた。

引用文献

Catheter Ablation Improves Outcomes and Quality of Life in Japanese Patients with Early-Stage Atrial Fibrillation: A Retrospective Cohort Study
Yuta Seki et al. Published: February 17, 2022 DOI: https://doi.org/10.1016/j.hrthm.2022.02.017
Heart Rhythm 2022
ー 続きを読む https://www.heartrhythmjournal.com/article/S1547-5271(22)00198-9/fulltext?dgcid=raven_jbs_aip_email#relatedArticles

関連記事

【心房細動患者においてカテーテルアブレーションと抗不整脈薬はどちらが優れていますか?(Open-RCT; CABANA trial; JAMA 2019)】

【心不全合併の心房細動患者におけるカテーテルアブレーション vs. 薬物療法(open-RCT; CASTLE-AF; NEJM 2018)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました