アレルギー性鼻炎に対するロラタジン、セチリジン、モンテルカスト、デスロラタジンの比較(RCTのネットワークメタ解析; Am J Ther. Nov/Dec 2016)

person playing chess game on chess board 08_炎症・免疫・アレルギー系
Photo by cottonbro on Pexels.com

アレルギー性鼻炎に対する抗アレルギー薬で優れているものはどれか?

アレルギー性鼻炎は一般的な疾患であり、その罹患率から国民病といっても過言ではありません。これまでに多くの薬効群、薬剤が販売されていますが、どの薬剤が優れているかは明らかとなっていません。

そこで今回は、アレルギー性鼻炎(AR)治療薬4種(ロラタジン、セチリジン、モンテルカスト、デスロラタジン)の鼻結膜炎QOL質問票スコアで示される患者の機能的問題を軽減する効果を比較検証したネットワークメタ解析の結果をご紹介します。

試験結果から明らかになったことは?

これらの高品質な13件の研究には、4種類の薬剤を投与されたAR患者6,867例が含まれていました。ネットワークメタ分析の結果、プラセボと比較して、4種類の薬剤はいずれもARを効果的に治療することが明らかになりました。

鼻結膜炎QOL質問票スコア
セチリジン平均値 -0.62
(95%CI -0.90 ~ -0.34)、P<0.001
ロラタジン平均値 -0.32
(95%CI -0.55 〜 -0.097)、P=0.005
モンテルカスト平均値 -0.28
(95%CI -0.54 ~ -0.023)、P=0.033
デスロラタジン平均値 -0.39
(95%CI -0.60 〜 -0.18)、P<0.001]

 セチリジン:平均値 -0.62、95%信頼区間(CI)-0.90 ~ -0.34、P<0.001
 ロラタジン:平均値 -0.32、95%CI -0.55 〜 -0.097、P=0.005
 モンテルカスト:平均値 -0.28、95%CI -0.54 ~ -0.023、P=0.033
 デスロラタジン:平均値 -0.39、95%CI -0.60 〜 -0.18、P<0.001

これらの4つの介入の累積順位曲線下の表面の値を比較すると、セチリジンがAR治療に最も最適な薬剤であることが明確に示されました。

コメント

アレルギー性鼻炎に対して、ロラタジン、セチリジン、モンテルカスト、デスロラタジンを比較したところ、鼻結膜炎QOL質問票スコアの減少はセチリジンで最も高いことが示されました。

セチリジンは高用量を使用すると鎮静性が示されることから、患者背景や用量が関係している可能性がありますが、本試験においてはセチリジン、モンテルカスト、デスロラタジンよりもセチリジンが優れているようです。

抗アレルギー薬の効果は個人差が大きいことから、本試験結果はあくまでも参考程度にした方が良いのかもしれません。とは言え、ロラタジンあるいはデスロラタジンで効果不充分な場合は、次の治療薬としてセチリジンを試してみても良いのかもしれません。

battle black blur board game

✅まとめ✅ RCT 13件のネットワークメタ解析の結果、ロラタジン、モンテルカスト、デスロラタジンと比較して、セチリジンが最も有効なAR治療薬であり、AR患者の機能的問題を有意に軽減した。

根拠となった試験の抄録

目的:本研究の目的は、アレルギー性鼻炎(AR)治療薬4種(ロラタジン、セチリジン、モンテルカスト、デスロラタジン)の鼻結膜炎QOL質問票スコアで示される患者の機能的問題を軽減する効果を検討することである。

方法:発表された科学文献を含む電子データベースを徹底的に検索した後、本研究に関連する高品質のランダム化比較試験を、事前に定義した厳格な除外基準に基づいて選択した。統計解析には、STATA 12.0とcomprehensive meta-analysis(CMA 2.0)ソフトウェアを使用した。文献検索の結果、386件の研究が特定され、多段階のスクリーニングと排除プロセスを経て、合計13件のランダム化対照試験がこのネットワークメタ分析に寄与した。

結果:これらの高品質な13件の研究には、4種類の薬剤を投与されたAR患者6,867例が含まれていた。ネットワークメタ分析の結果、プラセボと比較して、4種類の薬剤はいずれもARを効果的に治療することが明らかになった。
 セチリジン:平均値 -0.62、95%信頼区間(CI)-0.90 ~ -0.34、P<0.001
 ロラタジン:平均値 -0.32、95%CI -0.55 〜 -0.097、P=0.005
 モンテルカスト:平均値 -0.28、95%CI -0.54 ~ -0.023、P=0.033
 デスロラタジン:平均値 -0.39、95%CI -0.60 〜 -0.18、P<0.001
これらの4つの介入の累積順位曲線下の表面の値を比較すると、セチリジンがAR治療に最も最適な薬剤であることが明確に示された。

結論:このネットワークメタアナリシスは、ロラタジン、モンテルカスト、デスロラタジンと比較して、セチリジンが最も有効なAR治療薬であり、AR患者の機能的問題を有意に軽減するという初めてのエビデンスを提供するものである。

引用文献

A Network Meta-analysis of Randomized Controlled Trials Focusing on Different Allergic Rhinitis Medications
Juan Xiao et al. PMID: 25867532 DOI: 10.1097/MJT.0000000000000242
Am J Ther. Nov/Dec 2016;23(6):e1568-e1578. doi: 10.1097/MJT.0000000000000242.
ー 続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25867532/

関連記事

【季節性アレルギー性鼻炎におけるコルチコステロイド点鼻の単剤投与および抗ヒスタミン薬+ロイコトリエン受容体拮抗薬の併用療法、どちらの効果が優れていますか?(クロスオーバー試験; Clin Exp Allergy. 2001)】

【ゆる批判的吟味】通年性アレルギー性鼻炎に対するビラスチンとフェキソフェナジン、どちらが優れていますか?(日本; DB-RCT; Allergol Int. 2017)

【アレルギー性鼻炎患者におけるアゼラスチン点鼻とフルチカゾン点鼻の併用効果はどのくらいですか?(RCT3件のメタ分析; J Allergy Clin Immunol. 2012)】

【妊婦(第一期妊娠期間)におけるH1抗ヒスタミン薬の使用は有害事象リスクとなりますか?(SR&MA; Drug Saf. 2017)】

【妊婦へのデスロラタジン使用による胎児への副作用リスクはどのくらいですか?(デンマーク人口ベースコホート研究; J Allergy Clin Immunol Pract. 2020)】

【妊婦によるフェキソフェナジンの使用は胎児にどのような影響を与えますか?(デンマークPSマッチング コホート研究; JAMA Pediatr.2020)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました