medRxiv元年のプレプリントの投稿とダウンロード(JAMA. 2020)

man wearing black and white stripe shirt looking at white printer papers on the wall COVID-19 新型コロナウイルス感染症
Photo by Startup Stock Photos on Pexels.com

Submissions and Downloads of Preprints in the First Year of medRxiv

Harlan M Krumholz et al.

JAMA. 2020 Nov 10;324(18):1903-1905. doi: 10.1001/jama.2020.17529.

PMID: 33170232

PMCID: PMC7656287 (available on 2021-05-10)

DOI: 10.1001/jama.2020.17529

背景

プレプリントサーバーは、ピアレビューを受ける前に研究レポートを普及させる手段を提供しており、臨床研究にとっては比較的新しいものである。

medRxivは、2019年6月に導入された臨床・健康科学リサーチのための独立した非営利のプレプリントサーバーである。中心的な問題は、ピアレビュー前の科学を普及させるための新しいアプローチの採用があるかどうかということでした。

設立から1年が経過した現在、medRxivの投稿、掲載、ダウンロードを報告する。

方法

2019年6月11日のmedRxivウェブサイト開始から2020年6月30日まで、内部データ、Altmetric.comのデータを使用した。

投稿、掲載、抄録閲覧、ダウンロード、コメント、撤回を評価した。また、コロナウイルス疾患2019(COVID-19)の前(2019年7月1日~12月31日)と、COVID-19の後(2020年1月1日~6月30日)の投稿と掲載を調べた。

投稿率は、審査基準を通過した後に投稿された割合として算出した。これらの基準には、原稿が完全な科学的研究報告書であるという要件(ナラティブレビュー、解説、症例報告ではない)、わいせつ、盗作、患者の識別子がないこと、投稿が患者や公衆衛生に潜在的なリスクをもたらさないことをアフィリエイター(自発的にサブミッションをスクリーニングする科学コミュニティのメンバー)が確認することなどが含まれる。

2020年6月30日にPubMedとCrossRefを検索し、投稿されたプレプリントが公開されているかどうかを確認しました。

結果

・最初の完結月(2019年7月)では、medRxivには176件の投稿があり、そのうち116件(66%)が審査を通過して掲載された。

・直近の1ヶ月間(2020年6月)では、1,866件の投稿があり、1,615件(87%)が掲載された。

・2020年6月30日現在、medRxivには11,052件の投稿があり、124ヵ国の57,096人のユニークな著者から7,695件(77%)が掲載された。これまでのところ、投稿の22%が少なくとも1回は修正されている。

・2019年7月の論文ダウンロード数は6,800件、抄録閲覧数は25,300件であったのに対し、2020年6月にはそれぞれ2,356,900件、5,853,600件であった。COVID-19以前の期間では、1日あたりのサブミッション数の中央値は6件(中間値幅 4〜8)であったのに対し、COVID-19以降の期間では51件(中間値幅 23〜83)であった。COVID-19の投稿は、2020年2月~6月に投稿された全体の73%を占めていた。

・2020年6月30日までに投稿されたプレプリントのうち、Altmetricsスコアが3,000以上のものが28件、1,000以上のものが90件あった。最高のAltmetricスコアは3,727から20,607までの範囲であった。

・合計で、698件のプレプリントがmedRxivサイトでコメントを受けている(9%)。全体では、2020年6月30日までに投稿されたプレプリントの14%が、532の査読付きジャーナルに掲載されている。投稿からジャーナル掲載までの間隔の中央値は、非COVID-19論文で141日、COVID-19論文で46日だった。

・medRxivへの投稿後に撤回されたプレプリントは合計18件(0.002%)で、そのうち13件はパンデミックに関連したものだった。

考察

運営初年度のmedRxivの投稿数は11,052件でした。立ち上げから2019年12月まで順調にサブミッションが増加していたが、2020年の急成長にはCOVID-19関連の投稿が貢献した。これまでのところ、プレプリントの14%が科学雑誌に掲載されているが、査読付き出版サイクルを完了するまでの期間が短かった。

プレプリントの9%が現場でコメントを得ているが、ソーシャルメディアなど他の場所でも相互作用が発生しているため、これはほんの一部に過ぎない。プレプリントのごく一部(n=18;0.002%)は、2020年1月以降の13件とCOVID-19の報告書に関連したものを含む、引き込み済みのプレプリントである。

スクリーニングの結果、31%の否認率となったが、スクリーニング基準に不合格となった理由に関するデータは収集されていない。

今後の研究では、COVID-19後のmedRxivを評価する必要があり、科学コミュニティやピアレビューからのフィードバックに応じて、公開されたプレプリントがどの程度変化するか、サーバーに投稿されたプレプリントが臨床研究に与えた潜在的な影響も含めて評価すべきである。

コメント

オルトメトリクス(Altmetrics)スコアとは?

学術論文の影響度を評価する指標のことです。

インパクトファクター(IF)や、研究者個人の被引用数を示すh指数などでは定量化しにくいことが多いため、学術研究を評価するために2009年から2010年頃に提唱されるようになった考え方です。

オルトメトリクスとは、”alternative metrics”(代替的指標)の2語を組み合わせた造語であり、2014年現在は和文中でも英字で記載されることも多いようです。

オルトメトリクススコアは、閲覧(Viewed)、話題(Discussed)、保存(Saved)、引用(Cited)、推薦(Recommended) などを用いて算出しているようです。

今回の研究で明らかになったことは?

本研究結果によれば、2020年6月30日までに投稿されたプレプリント全体の14%が、532の査読付きジャーナルに掲載されたようです。

査読のないジャーナルへも投稿されたと考えられますが、内的妥当性や表現など、論文著者の恣意性が入り込みすぎる論文は質が低くなると考えられます。

それにしても全体の14%という値は、個人的にはかなり少ないと感じます。またプレプリントの場合、研究の全体像が見えないことが多く、批判的吟味を充分に行えません

COVID-19の影響でプレプリントに注目が集まり、一時期は過度に取り上げられましたが、やはり結果の解釈に注意が必要です。試験結果を割り引いて捉え、あくまでも参考情報とした方が良さそうです。

✅まとめ✅ プレプリントサーバーであるmedRxivでは、2020年6月30日までに投稿されたプレプリント全体の14%が、532の査読付きジャーナルに掲載された

コメント

タイトルとURLをコピーしました