肥満と心代謝リスクに対する隔日断食の効果はどのくらいですか?(SR&MA; Metabolism. 2020)

Effect of alternate-day fasting on obesity and cardiometabolic risk: A systematic review and meta-analysis

Jihyun Park et al.

Metabolism. 2020 Aug 7;111:154336. doi: 10.1016/j.metabol.2020.154336. Online ahead of print.

PMID: 32777443

DOI: 10.1016/j.metabol.2020.154336

Keywords: Alternate-day fasting; Body fat mass; Body mass index; Cardiometabolic risk; Intermittent fasting; Obesity.

背景と目的

隔日断食(ADF)は、継続的なエネルギー制限と比較して、体重減少、体重再増加リスクの低下、および相対的な除脂肪体重の維持に関連している。

本メタ解析は、成人の肥満関連因子および心代謝リスク因子に対するADFの効果を評価することを目的とした。

方法

PubMed、EMBASE、コクランのオンラインデータベースを用いて電子検索を行った。

18 歳以上の成人における体格指数(BMI)、体重(BW)、ウエスト周囲長、体脂肪率、除脂肪体重、および心代謝リスク因子に対する ADF の効果を評価するために、ランダム化比較試験を調査した。

ランダム効果モデルを用いて、ランダム化比較試験8件(総参加者数728例)について、95%信頼区間(CI)を持つ加重平均差(WMD)を評価するメタアナリシスを実施した。

結果

・BMI(WMD -0.73kg/m2、95%CI -1.13~ -0.34)、体脂肪率(WMD -1.27kg、95%CI -2.09~ -0.46)、総コレステロール(WMD -8.14mg/dL、95%CI -14.59~ -1.69)に対してADFの有意な効果が観察された。

・サブグループ解析の結果、対照と比較してBMI、BW、体脂肪率、総コレステロールに有意な介入効果が認められ、参加者は肥満であり、試験期間は6ヵ月未満であった。

・ADFは、肥満のある40歳以上の成人のウエスト周囲長を減少させるのに有効である。しかし、除脂肪体重に関しては、ADFと継続的エネルギー制限、時間制限給餌、対照との間に差はなかった。

結論

現在のエビデンスは、対照と比較して6 ヵ月以内のADFが肥満成人の BMI、BW、体脂肪率、および総コレステロールを効果的に低下させることを示唆している。

コメント

これまでの研究結果から高度肥満に対し、隔日断食による減量効果が示されています。

さて、本試験結果によれば、肥満成人に対する6ヵ月未満の隔日断食は、対照と比較して、BMI、体重、体脂肪率、および総コレステロールを減少させるようです。しかし、除脂肪体重について差は認められませんでした。

ただし、肥満患者に対する隔日断食の効果については、いずれも海外の高度肥満患者を対象とした試験が多く、また試験数も限られているため、エビデンスの集積が待たれるところです。今後の試験結果を待ちたい。

✅まとめ✅ 肥満患者に対する隔日断食は、対照と比較して、BMI、体重、体脂肪率、および総コレステロールを低下させるかもしれない

コメント

タイトルとURLをコピーしました