軽度から中等度のCOVID-19入院患者に対するヒドロキシクロロキン(±アジスロマイシン)の効果はどのくらいですか?(Open-RCT; NEJM 2020)

Hydroxychloroquine with or without Azithromycin in Mild-to-Moderate Covid-19

Alexandre B Cavalcanti et al.

N Engl J Med. 2020 Jul 23. doi: 10.1056/NEJMoa2019014. Online ahead of print.

PMID: 32706953

DOI: 10.1056/NEJMoa2019014

Funded by the Coalition Covid-19 Brazil and EMS Pharma

ClinicalTrials.gov number, NCT04322123.

背景

ヒドロキシクロロキンおよびアジスロマイシンは、コロナウイルス疾患2019(COVID-19)患者を治療するために使用されてきた。しかし、これらの治療法の安全性と有効性に関するエビデンスは限られている。

方法

我々は、COVID-19感染疑い、または感染が確認された入院患者、補助酸素なしまたは最大4リットル/分の補助酸素を投与されている患者を含む多施設ランダム化、非盲検、3群対照試験を実施した。

患者は1:1:1の割合でランダム割り付けされ、標準治療、標準治療+ヒドロキシクロロキン(400mgを1日2回)、標準治療+ヒドロキシクロロキン(400mgを1日2回)+アジスロマイシン(500mgを1日1回)を7日間投与された。

主要アウトカムは、修正意図治療集団(COVID-19の確定診断を受けた患者)における15日目の臨床状態を7段階の順序尺度(レベル範囲 1~7、スコアが高いほど状態が悪化していることを示す)を用いて評価し、安全性についても評価した。

結果

・合計667例の患者がランダム化を受けた。患者504例でCOVID-19が確認され、修正意図対治療解析に含まれた。

・標準治療と比較して、15日目に7点の序列スケールでより高いスコアを有する比例オッズは、ヒドロキシクロロキン単独(オッズ比 1.21、95%信頼区間[CI] 0.69~2.11;P = 1.00)またはヒドロキシクロロキンとアジスロマイシンの併用(オッズ比 0.99、95%CI 0.57~1.73;P = 1.00)のいずれの場合も影響を受けなかった。

・補正後QT間隔の延長および肝酵素値の上昇は、ヒドロキシクロロキン単独またはアジスロマイシンと併用して投与された患者では、どちらの薬剤も投与されていない患者よりも頻度が高かった。

結論

軽度から中等度のCOVID-19で入院した患者において、ヒドロキシクロロキンの単独またはアジスロマイシンの併用は、標準治療と比較して15日目の臨床状態を改善しなかった。

✅まとめ✅ 軽度から中等度のCOVID-19入院患者に対するヒドロキシクロロキン単独またはアジスロマイシンとの併用療法は、15日目の臨床状態を改善せず、補正後QT間隔の延長および肝酵素値の上昇が認められた

コメント

タイトルとURLをコピーしました