COVID-19と新規の糖尿病発症は関連しているかもしれない(Letter; NEJM 2020)

New-Onset Diabetes in Covid-19

Francesco Rubino et al.

N Engl J Med. 2020 Jun 12;NEJMc2018688. doi: 10.1056/NEJMc2018688. Online ahead of print.

PMID: 32530585

PMCID: PMC7304415

DOI: 10.1056/NEJMc2018688

COVID-19と糖尿病の間には双方向の関係がある。一方で、糖尿病は重度のCOVID-19のリスク増加と関連している。一方で、COVID-19患者において、新規発症糖尿病や糖尿病性ケトアシドーシス、インスリンの例外的な高用量投与が必要な高浸透圧症を含む既存の糖尿病の重篤な代謝性合併症が観察されている。

COVID-19の原因ウイルスである重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)は、アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)受容体に結合し、膵β細胞、脂肪組織、小腸、腎臓などの主要な代謝器官や組織に発現している。このように、SARS-CoV-2は、既存の糖尿病の病態生理を複雑にしたり、新たな疾患メカニズムにつながる可能性のあるグルコース代謝の多動性変化を引き起こす可能性があることはもっともらしい。

また、ACE2受容体に結合する他のコロナウイルスを含む、ケトーシスを起こしやすい糖尿病のウイルス性原因については、いくつかの前例がある。空腹時血糖値および急性発症糖尿病のより大きな発生率が、非SARS肺炎患者よりもSARSコロナウイルス肺炎患者の間で報告されている。

これらの観察結果を総合すると、重症化に伴う周知のストレス反応を超えて、COVID-19の潜在的な糖尿病誘発作用があるという仮説を支持することができる。しかし、重症のCOVID-19の突然の発症で起こるグルコース代謝の変化が持続するか、あるいは感染が回復した後も再発するかは不明である。新発症糖尿病の現象はどのくらいの頻度で起こるのか、古典的な1型糖尿病なのか2型糖尿病なのか、それとも新型糖尿病なのか。これらの患者は糖尿病や糖尿病性ケトアシドーシスのリスクが高いままなのか?糖尿病の既往がある患者では、COVID-19は基礎となる病態生理や疾患の自然史を変化させるのか?これらの疑問に答えることは、罹患した患者の即時の臨床ケア、フォローアップ、モニタリングに情報を提供するための優先事項である。

これらの問題に対処するために、CoviDIABプロジェクトに参加している糖尿病の主要研究者の国際的なグループは、COVID-19関連の糖尿病患者のグローバルレジストリ(covidiab.e-dendrite.com)を確立した。レジストリの目標は、高血糖、確認されたCOVID-19、糖尿病陰性歴、正常な糖化ヘモグロビン値の既往歴によって定義される新規発症糖尿病の程度と表現型を確立することである。レジストリは、重度の急性代謝障害を呈する既往症糖尿病患者にも拡大される予定であり、COVID-19関連糖尿病の疫学的特徴と病態を調査し、COVID-19投与中および投与後の患者の適切なケアに関する手がかりを得るためにも利用される可能性がある。SARS-CoV-2のヒト感染の歴史が非常に短いことを考えると、COVID-19関連糖尿病がどのように発症するのか、この疾患の自然史、および適切な管理についての理解は有用であろう。COVID-19関連糖尿病の研究はまた、疾患の新しいメカニズムを明らかにする可能性がある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました