ベルギーの第三次医療機関の職員3,056例を対象としたSARS-CoV-2抗体の保有率はどのくらいですか?(単施設、検査・診断; JAMA. 2020)

COVID-19 新型コロナウイルス感染症

Hospital-Wide SARS-CoV-2 Antibody Screening in 3056 Staff in a Tertiary Center in Belgium

Deborah Steensel et al.

JAMA. 2020 Jun 15;e2011160. doi: 10.1001/jama.2020.11160. Online ahead of print.

PMID: 32539107

PMCID: PMC7296458 (available on 2020-12-15)

DOI: 10.1001/jama.2020.11160

背景

ベルギーでは、コロナウイルス疾患2019(COVID-19)の発症率が高く、特に三次医療センターである東リンブルク病院の周辺地域では、2020年3月4日より、症状のあるすべての患者・職員の検査・接触者追跡、院内業務の変更、個人用保護具(PPE)の提供などの感染予防対策が実施された。最初の症例は3月13日に検出された(図1)。

病院職員の重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)に対する抗体の有病率を調査した。

方法

2020年4月22日から2020年4月30日まで、東リンブルク病院に勤務するすべての人(臨床・非臨床スタッフ、ボランティアを含む)を血清学的検査に招待した。

症状が活発なスタッフは隔離され、検査は行われなかった。

SARS-CoV-2のヌクレオカプシドタンパク質を標的としたシングルレーン迅速IgG/IgMラテラルフローアッセイ(COVID-19 IgG/IgM Rapid Test Cassette; Multi-G)を使用した。メーカーは高い感度と特異度を報告しているが、外部バリデーションではIgGについては酵素結合免疫吸着法に匹敵する性能を示した。

ポリメラーゼ連鎖反応で確認された90例と過去のバイオバンク検体101例を用いた内部検証では、IgGの感度は92.2%、特異度は97.0%であった。性能が不十分であったため、IgMの結果は除外された。

人口統計学的特徴と職種は人事記録から入手した。スタッフには、3 月 1 日からの曝露リスク(患者、同僚、家庭での接触)と症状に関する調査に記入してもらった。

血清有病率95%信頼区間は漸近法により算出した。比率の比較にはχ2検定、年齢の比較にはt検定を用いた。オッズ比および95%信頼区間は、血清有病率に関連する人口統計学的および職業的特徴を評価するために二変量ロジスティック回帰を用い、血清有病率に独立して関連する症状を評価するために多変量ロジスティック回帰を用いて計算された(すべての症状を共変量として含む)。欠損データは除外された。両側P < 0.05が統計的有意性を定義した。解析はRStudioバージョン0.99.902を用いて行った。この研究は、現地の機関審査委員会によって承認され、書面によるインフォームドコンセントを得た。

結果

Figure legend. Epidemic Timeline of Patients With COVID-19 Admitted to Hospital East-Limburg, Belgium, 2020The epidemic curve is shown as the number of patients with coronavirus disease 2019 (COVID-19) admitted at the institution each day. The first case was detected March 13. Serosurvey of staff was initiated from April 22, 2020, to April 30, 2020. Details of the infection prevention measures are depicted below the curve. FFP indicates filtering facepiece; RT-PCR, reverse transcriptase–polymerase chain reaction; TAT, turnaround time.(本文より引用)

・全職員4,125例が招待され、3,056例(74%)が参加した(医師306例、看護師1,266例、救急救命士292例、技術職員555例、事務職員445例、その他学生やボランティアを含む192例)。検査を受けていない人の少なくとも3分の1は、その期間中に職場にいなかった人であった。

・全体では、197例(6.4%[95%CI 5.5%〜7.3%])がSARS-CoV-2に対するIgG抗体を有していた。年齢および性別は、抗体のあるスタッフとないスタッフでは統計的に有意な差はなかった(平均年齢 39.5[SD13.1]vs. 41.3[SD 12.4]年;男性 38/197[19%] vs. 男性 614/2,859[21%])。

・臨床ケアに関与していること、ロックダウン期間中に働いたこと、COVID-19患者のケアに関与していること、およびCOVID-19陽性の同僚と接触していることは、血清有病率と統計学的に有意な関連はなかった。

・対照的に、COVID-19が疑われるまたは確認されたCOVID-19の家庭内接触は抗体陽性と関連していた(家庭内接触がある81/593 [13.7%] vs. 家庭内接触がない116/2,435 [4.8%];P < 0.001)、オッズ比は3.15(95%CI 2.33〜4.25)であった。

・少なくとも1つの先行症状について言及したスタッフの割合が高かった(2,294/3,052[75%])。抗体を有する者のうち、197例中30例(15%)は症状を報告しなかった。過去の無嗅覚症は抗体の存在と関連しており、オッズ比は7.78(95%CI 5.22~11.53)で、発熱や咳と同様に関連していた。

A, 95% CIs of the odds ratios based on bivariable logistic regression analyses. B, 95% CIs of the odds ratios based on multivariable (with all symptoms included in the model) logistic regression analyses. SARS-CoV-2 indicates severe acute respiratory syndrome coronavirus 2.
aFever could be either subjective or confirmed.(本文より引用)

考察

この病院全体を対象とした SARS-CoV-2 抗体のスクリーニング研究では、病院職員を対象とした SARS-CoV-2 抗体のスクリーニング研究では、臨床ケアに直接関与していることも COVID-19 ユニットに勤務していることもなく、COVID-19 の疑いのある家庭内の接触者を持つことが血清陽性のオッズを増加させた。PPEの利用可能性が高いこと、感染予防の基準が高いこと、症状のあるスタッフのポリメラーゼ連鎖反応スクリーニング、接触者の追跡と検疫が行われていることが、比較的低い血清有病率を説明しているかもしれない。

この研究の限界は、単一施設の設計と74%のスタッフしか検査を受けていないことです。検査が早すぎた場合、特にIgGよりも最近の感染を反映している可能性のあるIgMの結果がなければ、血清転換を見逃した可能性があります。

SARS-CoV-2 の病院全体での抗体スクリーニングは、感染動態のモニタリングや感染管理方針の評価に役立ちます。

コメント

SARS-CoV-2の感染拡大、またCOVID-19の終息が困難であることから、今後は、流行性インフルエンザのように共存していくことになると考えられます。ただし、感染予防措置を講じることは言うまでもありません。そのためマスクなども含め個人用防具(PPE)、手洗い、感染疑い部位の消毒など、適切に対処していくことが求められます。

さて、本試験結果によれば、抗体保有率は6.4%(197/3,056例)でした。また臨床ケアに関与していることやロックダウン期間中に働いたこと、COVID-19患者のケアに関与していること、さらにはCOVID-19陽性の同僚と接触していることは、血清有病率と統計学的に有意な関連はありませんでした。一方、COVID-19 感染疑いのある家庭内の接触者を持つことは血清陽性のオッズを増加させました。

ここからはあくまでも考察ですが、試験施設においてPPEなどの感染予防措置が適切に行われた可能性が高いと考えられ、家庭内での感染対策予防措置が不充分である可能性が考えられます(家庭内でPPEなどを準備出来ないため、当たり前と言われれば当たり前ですが)。

また抗体保有者では、COVID-19の症状として、発熱、咳嗽、無嗅覚症を有していた確率が高かったようです。また抗体保有者における無症候性の割合は、これまで報告された結果より低いと考えます。別々の研究ですので単純比較はできませんが、COVID-19疾患を捉える上での1つの特徴になるかもしれません。

ただし、あくまでも単施設での横断的な検討結果です。他の地域や施設への外挿など、一般化は困難であると考えます。

類似研究の報告を待ちます。

✅まとめ✅ ベルギーの単施設3,056例の検証では、抗体保有率は6.4%であり、COVID-19 感染疑い者との家庭内接触が感染オッズを増加させた可能性がある

コメント

タイトルとURLをコピーしました