中国におけるCOVID-19退院患者におけるRT-PCR検査での再陽性はどのくらいですか?(小規模・単施設・症例シリーズ研究; JAMA Netw Open. 2020)

Recurrent Positive Reverse Transcriptase-Polymerase Chain Reaction Results for Coronavirus Disease 2019 in Patients Discharged From a Hospital in China

Rujun Hu et al.

JAMA Netw Open. 2020 May 1;3(5):e2010475. doi: 10.1001/jamanetworkopen.2020.10475.

PMID: 32463468

DOI: 10.1001/jamanetworkopen.2020.10475

序論

コロナウイルス病2019(COVID-19)が大流行している。COVID-19に関するこれまでの研究では、主に感染が確認された患者の疫学、臨床的特徴、放射線学的特徴、治療を中心に行われてきた。退院後のフォローアップ研究はほとんど報告されていない。

方法

この症例シリーズ研究は、遵義医科大学附属病院の機関審査委員会によって承認された。

データは完全に匿名化され、個人を特定できなかったため、インフォームドコンセントの必要性は放棄された。

本研究は、疫学における観察研究の報告の強化(Strengthening the Reporting of Observational Studies in Epidemiology:STROBE)報告ガイドラインに従っている。

2020年1月25日から2020年2月26日までの間に、中国貴州省のCOVID-19患者指定病院で治癒し退院した患者の臨床データを収集した。

すべてのCOVID-19感染症は重症度に応じて軽症、中等症、重症、重症の4つのタイプに分類された。貴州省疾病管理予防センターの鼻咽頭拭い液(swab)を用いてリアルタイム逆転写酵素ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)を実施した。

研究者らは全患者を対象に追跡調査を行い、電子カルテから人口統計学的データ、臨床症状、入院時のX線写真および検査結果を抽出した。

P値は、Pearson χ2 検定、Fisher exact 検定、またはWilcoxon-Mann-Whitney U 検定を用いて計算した。すべての検定は両側であった。統計的有意性はP < 0.05とした。データ計算は、SPSS統計ソフトウェアバージョン22.0(IBM Corp)を用いて行った。データ解析は2020年4月に実施した。

結果

・全69例(年齢中央値33歳、範囲2-78歳、男性35例[50.7%])のデータを検討した。

・そのうち11/69例(15.9%)の患者は、COVID-19核酸検査のRT-PCR結果が陽性であったが、症状はなかった。11例(年齢中央値27歳、範囲4~58歳)のうち、男性患者は7例(63.6%)、併存疾患は3例(27.3%)であった。患者11例のほとんどが中等度感染(9例)または軽度感染(1例)であり、重症感染は1例のみであった。

・退院からRT-PCR検査結果が陽性となるまでの期間の中央値は14日(範囲9~17日)であった。患者はいずれも医療スタッフではなかった。

・再発群と非再発群の間には、人口統計学的およびベースラインの臨床的特徴に大きな差はなかった。

  • 年齢中央値:27歳[範囲4〜58歳] vs. 34歳[範囲2〜78歳]
  • クラスター症例数:8例[72.7%] vs. 41例[70.7%]
  • 併存疾患の有無:3例[27.3%] vs. 14例[24.1%]
  • 入院期間中央値:10日[範囲7〜24日] vs. 13日[範囲7〜38日]

・臨床症状は次の通り(再発群 vs. 非再発群);

  • 臨床症状
    • 発熱5例[45.5%] vs. 26例[44.8%]
    • 咽頭痛:1例[9.1%] vs. 4例[7.2%]
    • 下痢:0例 vs. 1例[1.7%]
    • 悪寒:0例 vs. 1例[1.7%]
    • 食欲不振:0例 vs. 1例[1.7%]
    • 嘔吐:0例 vs. 1例[1.7%]
    • 吐き気:0例 vs. 1例[1.7%]
  • 初期症状数(中央値):2症状[範囲0~4症状] vs. 1症状[範囲0~6症状]
  • X線所見
    • 胸部CTでの変化:9例[81.8%] vs. 36例[62.1%]
  • 検査値
    • 疲労:4例[36.4%] vs. 5例[8.6%]
    • クレアチンキナーゼ値(中央値):70.0 U/L [範囲38.0〜106.0 U/L] vs. 46.0 U/L [範囲24.0〜139.0 U/L]

考察

我々の追跡調査の結果、COVID-19患者69例中11例が退院後にRT-PCR陽性を示したことから、回復した患者の中には退院基本基準に達してもウイルスキャリアである可能性が示唆された。

Lanらは、中国の医療従事者であるCOVID-19患者4例が退院後5~13日目にRT-PCR陽性を示したことを報告している。

本研究の対象者は医療従事者ではなかったが、本研究の結果から、退院してからRT-PCR陽性となるまでの間隔は9~17日(4例では14日以上)であり、Lanらの報告よりも長いことが明らかになった。また、疲労感、初期症状数、クレアチンキナーゼ値がRT-PCR結果の再発陽性と関連している可能性があることが明らかとなったが、患者数が限られているため、さらなる検証が必要である。

本研究は、サンプル数が少ない単施設観察研究であり、11例中10例が軽度または中等度の感染症を有しており、重症感染症に分類されたのは1例のみであった。したがって、これらの結果は他の集団には一般化できない可能性がある。

退院後のRT-PCR陽性との関連因子を明らかにするために、さらなる研究が必要である。

コメント

RT-PCRの精度は、陽性率30〜70%と決して高くないです。したがって、COVID-19患者で症状が治っても、SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)を保有している可能性は充分にあります。

さて、今回の研究結果では、COVID-19患者69例中11例(15.9%)が退院後にRT-PCR陽性を示しました。この結果もそのまま鵜呑みにはできず、RT-PCRの精度から、実際の新型コロナウイルス保有者数よりも低い可能性が考えられます。

またウイルスキャリアである患者集団において、COVID-19の重症度との相関性は低いかもしれません。

ただし、本研究結果は、サンプル数が少なく、単施設の症例シリーズ研究ですので、追試が必要であると考えます。

✅まとめ✅ 無症候性SARS-CoV-2キャリアは15.9%で認められたが、試験の制限があるため外的妥当性は低いかもしれない

コメント

タイトルとURLをコピーしました