12歳未満のインフルエンザ患者に対するバロキサビル・マルボキシルの効果はどのくらいですか?(DB-RCT; Phase 3; miniSTONE-2; )

Baloxavir Marboxil Single-dose Treatment in Influenza-infected Children: A Randomized, Double-blind, Active Controlled Phase 3 Safety and Efficacy Trial (miniSTONE-2)

Jeffrey Baker et al.

Pediatr Infect Dis J. 2020 Jun 5. doi: 10.1097/INF.0000000000002747. Online ahead of print.

PMID: 32516282

DOI: 10.1097/INF.0000000000002747

Clinicaltrials.gov: NCT03629184

背景

バロキサビル・マルボキシル(baloxavir marboxil)は、キャップ依存性エンドヌクレアーゼ阻害剤であり、これまでに成人および青年期のインフルエンザの治療に有効性が示されている。我々は、急性インフルエンザを発症していない健康な小児を対象に、バロキサビルの安全性と有効性を評価した。

方法

MiniSTONE-2は、インフルエンザの臨床診断を受けた1~12歳未満の小児を対象とした二重盲検ランダム化比較試験であった。

小児は、バロキサビルの単回経口投与とオセルタミビルの経口投与(1日2回5日間)受けるよう2対1にランダム割り付けされた。

主要評価項目は有害事象(AE)の発生率、重症度、発生時期であり、有効性は副次評価項目とした。

結果

・合計173例の小児がランダムに割り付けられ、バロキサビル群115例、オセルタミビル群58例が投与された。参加者の特徴は治療群間で類似していた。

・全体では、84 例(48.6%)の小児でAEが122件報告された。AEの発生率はバロキサビル群46.1%とオセルタミビル群53.4%で同程度であった。

・最も多かったのは消化器系(嘔吐・下痢)であり、バロキサビル投与群では12例(10.4%),オセルタミビル投与群では10例(17.2%)であった。

・死亡、重篤なAE、入院は報告されなかった。

・インフルエンザの徴候や症状が軽減するまでの時間中央値(95%信頼区間)は両群間で差がなく、バロキサビルで138.1時間(116.6~163.2)、オセルタミビルで150.0時間(115.0~165.7)であった。

結論

バロキサビルの経口投与は忍容性が高く、それ以外の健康な小児における急性インフルエンザの症状緩和に有効である。バロキサビルは、簡単な経口投与レジメンで新しい治療法の選択肢を提供する。

コメント

バロキサビル・マルボキシル(ゾフルーザ ®️)は、12歳未満の小児に対する使用経験の少なさが課題です。本試験では1〜12歳未満のインフルエンザ患児を対象に、オセルタミビル(タミフル®️)を実薬対照としてバロキサビルの安全性(および効果)を検証しています。

小児における急性インフルエンザの症状緩和において、バロキサビルは症状緩和までの時間がオセルタミビルよりも11.9時間短かったが、有意ではなかった。

有害事象については、バロキサビル群でやや少なかったが、こちらも有意ではないようです。一方で、低感受性株については、アブストラクトやClinicaltrials.govに記載はありませんでした。

✅まとめ✅ 1~12歳未満のインフルエンザ患児に対するバロキサビルの安全性はオセルタミビルと差がなかった

✅まとめ✅ 副次評価項目である急性インフルエンザの症状緩和において、バロキサビルは症状緩和までの時間がオセルタミビルよりも11.9時間短かったが、有意ではなかった

コメント

タイトルとURLをコピーしました