COVID-19拡大を抑えるための適切なマスクの使用方法とは?(JAMA 2020)

Masks and Coronavirus Disease 2019 (COVID-19).

Desai AN et al.

JAMA. 2020 Apr 17.

doi: 10.1001/jama.2020.6437. 

PMID: 32301960

COVID-19は呼吸器の飛沫を介して感染する感染症である

Image description not available.
Figure 本文より引用

なぜフェイスマスクの着用を検討すべきなのか?

・最近の研究では、コロナウイルス感染症2019(COVID-19)は、病気の症状がなくても感染者によって感染する可能性があることが示唆されている(無症候性のウイルス保有者)。ウイルス感染を防ぐためには、社会的距離を置くこと(Social Distancing)と良好な手指衛生が最も重要な方法であるが、新しいガイドラインでは、特に物理的距離を置くこと(Physical Distancing)が困難な場合(食料品店や薬局など)には、健康な人が公共の場でマスクの着用を検討することができると述べられている。

・マスクを着用することの主な利点は、感染を知っている人や知らない人から他の人へのウイルス伝播を制限することである。また、マスクは他の人に、身体的な距離感を保つ練習を続けることを思い出させてくれる。しかし、医療用ではないマスクは、感染予防には効果的ではないかもしれない。2歳未満の子供や、自分でマスクを外すことができない人、意識がない人はマスクを着用すべきではない

どんなマスクをしても良いですか?

病気の方、医療従事者の方、COVID-19患者の介護をされている方以外は、医療用マスク(手術用マスク、N95を含む)の着用はお勧めできない。医療用マスクは不足しているため、患者のケアを行う医療従事者には優先されるべきである。布製のフェイスカバーは、二枚重ねの綿布Tシャツバンダナベッドシーツなどの家庭用品を使用することができる。マスクは、耳のループや紐で固定されるべきである。マスクがどのような素材で作られたものであっても、鼻と口を覆うようにフィットしていなければならない。マスクは着用者の呼吸を制限してはいけない。

どのようにフェイスマスクを着用するのですか?

・フェイスマスクを装着する前に、石鹸と水で20秒以上手を洗うか、アルコール系の手指消毒剤(アルコール度数60%以上)を使用してください。

・マスクの前部には触れずに、耳や頭の後ろで結束バンドを固定する。マスクを装着している間は、マスクや顔に触れないこと。

・マスクを外すときは、まず耳のループや紐を外すこと。マスクを外す際は、マスクの前部や顔に触れないようにすること。

・マスクを外した後は、石鹸と水で20秒以上手を洗うこと(または手指消毒剤を使用すること)。

・マスクは、汚染を防ぐために、石鹸と水、または洗濯用洗剤で定期的に洗うこと。

・公共の場でマスクを着用する場合は、常に他者から少なくとも6フィート(1.83メートル)離れた場所で、手指の衛生管理を徹底すること。

詳細はこちら

Centers for Disease Control and Prevention
www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/prevent-getting-sick/diy-cloth-face-coverings.html

コメント

いよいよマスクを再利用しないといけないような状況となっています。また、ただマスクをつけるのではなく、感染拡大を抑えるためのより効果的、衛生的な使用方法を実践することが肝要です。

さて、本論文では、マスクの適正使用について平易な言葉で示されています。おそらくですが、医療従事者以外(一般の方)にも伝えるためだと考えられます。

COVID-19については長期戦が予想されますので、油断しないように、かつ正しく恐るためにも、定期的にマスク本来の使用目的を確認して欲しいところですね。少なくとも「なぜフェイスマスクの着用を検討すべきなのか?」の章は読んで欲しいです。

✅まとめ✅ COVID-19拡大を抑えるためのマスクの適正使用を確認しましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました