急性蕁麻疹患者におけるH1受容体拮抗薬へのコルチコステロイド追加は有効ですか?(RCT; Am J Emerg Med. 2020)

SA Randomized Controlled Trial of Adding Intravenous Corticosteroids to H1 Antihistamines in Patients With Acute Urticaria

Pakhawadee Palungwachira et al.

Am J Emerg Med. 2020

PMID: 32139204

DOI: 10.1016/j.ajem.2020.02.025

Keywords: Acute urticaria; Antihistamines; Corticosteroids; Hives.

背景

急性蕁麻疹は救急部(ED)でみられる一般的な皮膚病である。主な治療法には、抗ヒスタミン薬による掻痒の抑制が含まれる。

ガイドラインではH1抗ヒスタミン薬に加えてコルチコステロイドの使用を促進しているが、このアプローチを評価するための適切に設計された臨床試験はほとんどない。

方法

急性蕁麻疹および視覚アナログスケール(VAS)で掻痒スコアが5を超える成人患者は、3つのグループにランダム化された:

(i)IVクロルフェニラミン(CPM)治療

(ii)IV CPMおよびIVデキサメタゾン(CPM / Dex )

(iii)5日間の退院薬としての経口プレドニゾロンを含むIV CPMおよびIVデキサメタゾン(CPM / Dex / Pred)

主要アウトカムは、治療後60分で自己申告された掻痒VASスコアだった。また、7日間および1ヵ月の蕁麻疹活動スコアと有害事象を評価した。

結果

・75人の患者(各グループ25人)が登録された。

・介入により、すべてのグループのVASスコアは減少したが、CPMグループの患者(n = 25)とCPMとデキサメタゾンの両方を受けた患者(n = 50)の間で、治療後60分でVASスコアに有意差は見られなかった。

・1週間および1ヶ月のフォローアップでは、活動性蕁麻疹(7日間の蕁麻疹活動スコアで示される)は、対照群よりもCPM / Dex / Pred群(n = 25)で多かった。

結論

本研究では、デキサメタゾン静注により、合併症のない急性蕁麻疹の重度の掻痒において、併用療法により症状が改善されるという証拠はみつからなかった。

経口コルチコステロイド療法は、持続性蕁麻疹  活動に関連する場合がある。

臨床的利点がなく、副作用の可能性があるため、補助療法としてコルチコステロイドを使用することは推奨されない。

コメント

小規模な研究ですが、非常に興味深い結果です。診療ガイドラインの推奨とは異なる結果でした。

急性蕁麻疹患者におけるH1受容体拮抗薬(抗ヒスタミン薬)への経口+静注ステロイド追加は、さらなる益がなく、むしろ蕁麻疹の症状を長引かせている可能性が示唆されました。

続報に期待。

✅まとめ✅ 急性蕁麻疹で救急外来を受診した患者には抗ヒスタミン薬だけで充分かもしれない

✅まとめ✅ 抗ヒスタミン薬への経口+静注ステロイド追加は蕁麻疹の活動性を上げてしまうかもしれない

コメント

タイトルとURLをコピーしました