認知症患者におけるスタチンのリスクベネフィットはどのくらいですか?(SR&MA; J Am Geriatr Soc.2020)

Benefits and Harms of Statins in People With Dementia: A Systematic Review and Meta-Analysis

Katrina A S Davis et al.

J Am Geriatr Soc.2020

PMID: 32039479

DOI: 10.1111/jgs.16342

Keywords: dementia; multimorbidity; polypharmacy; statin; systematic review.

目的

認知症の人も多くが血管リスクの高いカテゴリーに分類され、通常はスタチンが処方される。ただし、これらの推奨事項は、認知症のない人の研究に基づいている。

認知症患者におけるスタチン療法の長期的な有効性と有害性の証拠を評価することを目的とした。

試験設計

ランダム化比較試験および観察研究の体系的レビュー。

試験設定

2007年から2019年の間にPubMed、Web of Science、Cochraneトライアルデータベースで索引付けされた先進国の出版物。

試験参加者

平均年齢が65歳以上のあらゆる種類の認知症の人を含む試験。

介入

6ヶ月以上のスタチンによる治療。

アウトカムの測定

治療2年後の主要な心血管系有害事象、認知症の進行、および全身の健康状態、または全薬物有害事象(AE)。

ニューカッスルオタワまたはコクランコラボレーションツールを使用して、各研究のバイアスを評価した。 ナラティブ合成とプール分析として報告された。

結果

・5件の研究が選択基準を満たした。 彼らはアルツハイマー型の認知症についてのみ報告していた。

・血管イベントまたは一般的な健康に関する証拠はなかった。

・異なるデザインのコホート研究3件に基づいて、スタチン使用により認知症の進行を減らすという非常に信頼性の低い知見が得られた。

・フォローアップ18ヵ月のランダム化比較試験2件に基づいて、AEに有意差のない非常に信頼性が低い結果が得られた。

★任意のAE:オッズ比= 1.21(95%信頼区間[CI] = 0.83-1.77)

★深刻なAE:オッズ比 = 1.03( 95%CI = 0.76-1.87)

★死亡:オッズ比 = 1.69(95%CI = 0.79-3.62)。

結論

認知症患者におけるスタチンの有効性を完全に評価するにはエビデンスが不十分だった。

スタチンの使用は、アルツハイマー型認知症の進行を遅らせるという、小さな利益をもたらす可能性があることを発見したが、これは以前に報告されたフォローアップ期間がより短いランダム化試験の知見と矛盾していた。

安全性の検討において、試験データにはグループ間で臨床的に重要な違いを示す力が欠けていた。

処方決定を示すために、さらなる観察研究に臨床データを活用することをお勧めする。

コメント

スタチンによる認知症の発症抑制効果は非常に小さく限定的なものだった。

有害事象については、有意ではないものの増加傾向であった。

おそらく高齢になればなるほど、スタチンの効果は限定的なものになると考えられる。この部分は過去の報告と矛盾しない。

✅まとめ✅ スタチンは認知症の進行を抑制するかもしれないが、集められたコホート研究3件の統合結果の質は低い

コメント

タイトルとURLをコピーしました