メトホルミンは 2型糖尿病患者の全死亡リスクを低下できますか?(SR&MA; Ageing Res Rev. 2017)

Metformin reduces all-cause mortality and diseases of ageing independent of its effect on diabetes control: A systematic review and meta-analysis.

Campbell JM et al.

Ageing Res Rev. 2017 Nov;40:31-44.

doi: 10.1016/j.arr.2017.08.003. Epub 2017 Aug 10.

PMID: 28802803

背景・臨床疑問

これまでメトホルミンによる抗老化作用が示唆されている。果たして、メトホルミンを使用することで一般住民の生命および健康状態を改善できるのだろうか。また他の抗糖尿病薬と比較して、どの程度の効果があるのか。

目的

本系統的レビューでは、インスリン増感剤メトホルミンがヒトでの抗保護効果があるかどうかを調査した。

方法

PubmedおよびEmbaseは、未発表の研究データベースとともに検索された。

適格な研究は、非糖尿病集団または他の治療を受けている糖尿病患者と比較した、全死亡率または老化疾患に対するメトホルミンの効果を調査し、疾患制御の調整を達成した。

結果

・全体で260件の全文がレビューされ、53件が選択基準に適合した。

・メトホルミンを服用している糖尿病患者は、非メトホルミン療法を受けている糖尿病患者と比較して、死亡率が有意に低かった。

★ハザード比(HR)= 0.93、95%CI 0.88-0.99

・メトホルミンを服用している糖尿病患者は、メトホルミンを服用していない糖尿病患者と比較して、死亡率が低かった。

★ vs. 他の血糖降下薬:HR = 0.72、95 %CI 0.65-0.80

★ vs. インスリン:HR = 0.68、95%CI 0.63-0.75

★ vs. スルホニル尿素:HR = 0.80、95%CI 0.66-0.97

・メトホルミン使用者は、非糖尿病患者と比較して癌が減少し(レート比 = 0.94、95%CI 0.92-0.97)、非メトホルミン療法を受けている糖尿病患者(HR = 0.76、95%CI 0.66-0.87)、あるいはインスリン治療を受けている糖尿病患者(HR = 0.78、95%CI 0.73-0.83)と比較して、心血管疾患(CVD)リスクも低かった。

・統計的調整は行われたが、ベースライン特性の違いが観察され、結果にバイアスをかける可能性があった。

・メトホルミン使用に伴う全死亡率と老化性疾患の明らかな減少は、メトホルミンが老化防止剤として作用することにより、寿命と健康寿命を延長できることを示唆している。

コメント

やや古い研究ですが、メトホルミンの降下を検討したSR&MA。

過去の報告と矛盾しない。ただし、メトホルミンによる心血管疾患イベント抑制効果について、日本においては、観察研究で示されているにすぎません。それも研究実施時期はかなり古い。このテーマは引き続き追っていこうと思います。

✅まとめ✅ 非糖尿病患者と比較して糖尿病患者では、メトホルミン使用により全死亡、悪性新生物、心血管イベント発生が低下する

✅まとめ✅ このメトホルミンの効果は、インスリンや他の抗糖尿病薬と比較しても優れていた

コメント

タイトルとURLをコピーしました