未分類

スポンサーリンク
未分類

糖尿病における貧血は心血管疾患および全死亡の危険因子となりますか?(コホート研究; J Am Soc Nephrol. 2005)

糖尿病患者における貧血は心血管イベントや死亡リスクに影響するのか? 慢性的な貧血は、前負荷を増加させ、後負荷を減少させ、心拍出量の増加をもたらします。長期的には、不適応な左心室肥大(LVH)を引き起こす可能性があり、これは心血管疾患...
未分類

2型糖尿病患者の血糖コントロールに対する吸入コルチコステロイドの影響はどのくらいですか?(小規模RCT; Clin Med Res. 2009)

吸入ステロイドによる血糖値への影響はどのくらいなのか? 2型糖尿病、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、喘息は、世界的に有病率が増加しています。2型糖尿病患者の多くは、喘息やCOPDを併発しているため、吸入コルチコステロイド(ICS)の使...
未分類

がん患者に対するエリスロポエチンまたはダルベポエチン使用の安全性はどのくらいですか?

欧米では癌患者において化学療法に伴う貧血に対しESAが使用されます 欧米におけるESAの適応は、腎性貧血に加え、(固形)癌患者の化学療法又は放射線療法における貧血があります。一方、日本においては、エリスロポエチンが腫瘍進展又は局所再...
未分類

2型糖尿病患者における心血管イベント予防のためのSGLT2阻害剤およびGLP1アゴニストの効果はメトホルミン投与しなくても得られますか?(RCTのSR&MA; Diabet Med. 2021)

糖尿病の治療目標とは? 糖尿病診療ガイドライン2019によれば「糖尿病治療の目標は,高血糖に起因する代謝異常を改善することに加え,糖尿病に特徴的な合併症,および糖尿病に起こりやすい併発症の発症,増悪を防ぎ,健康人と変わらない生活 の...
未分類

症候性COVID-19患者の臨床的悪化に対するフルボキサミンの効果はどのくらいですか?(RCT; JAMA. 2020)

COVID-19に対する治療候補薬としてのフルボキサミン COVID-19パンデミックが続いており、なかなか終息は困難であると言えます。 COVID-19ワクチン接種が進んでいけば、集団免疫を獲得できれば、終息の実現もあり得る...
未分類

プロキサルタミドは、軽度~中等度のCOVID-19患者におけるウイルスクリアランスを有意に促進し、臨床的寛解までの時間を短縮する?(DB-RCT; Cureus. 2021)

Proxalutamide(プロキサルタミド)とは? Proxalutamide(プロキサルタミド)は、Kintor Pharmaceutical社が開発しているアンドロゲン受容体拮抗薬です。日本では承認されていません。 SA...
未分類

心血管疾患の一次および二次予防に対するヴィーガン食事パターンの効果はどのくらいですか?(SR&MA; CDSR2021)

菜食主義者では心血管イベントが減少するのか? 加工肉、未加工の赤身肉あるいは家禽の摂取により、心血管疾患や死亡のリスク増加の可能性について報告されています。いずれにおいても、わずかなリスク増加ではあるものの一貫した結果(相関関係)が...
未分類

ワルファリン治療中の心房細動患者における脳卒中と血栓塞栓症リスクの推定スコアはどれが良さそうですか?(Thromb Haemost. 2020)

CHA2DS2-VAScおよびGARFIELD-AFリスクスコアの比較? 心房細動患者において問題となるのは、脳卒中や血栓塞栓症の発生リスクが高いことです。 CHA2DS2-VAScスコアは大部分が検証されており、ほとんどのガ...
未分類

慢性腎臓病(CKD)の進行を予防するための最適な水分摂取量はどのくらいですか?

慢性腎臓病(CKD)患者は水分摂取量を増やした方が良いのか? 腎機能が低下しているCKD患者において、水分摂取量を増やすのか、減らすのかについては議論が分かれています。過去に検討された試験において、ステージ1及び2のCKD患者におい...
未分類

日本人心不全(HFrEF)患者に対するサクビトリル/バルサルタンの効果はどのくらいですか?(RCT; PARALLEL-HF Study; Circulation Journal 2021)

日本人心不全患者におけるサクビトリル/バルサルタン(エンレスト®️)の効果は? 心不全(HF)は、世界で約2,600万人が罹患しており、高い死亡率とQOL低下を伴う世界的なパンデミックとなっています。日本では、人口の約...
未分類

【批判的吟味】イヌやネコとの生活は喘息やアレルギー性鼻炎リスクへ影響しますか?

論文の背景 喘息は世界的に最も有病率の高い慢性呼吸器疾患であり、1990年から2015年にかけて有病率が増加しています()。当初は鼻炎の有病率が低かった国においても、ここ数十年で急激に増加しています。 猫及び犬は、人間の伴侶と...
未分類

イヌやネコとの生活は喘息やアレルギー性鼻炎リスクへ影響しますか?

ペットによりアレルギー性鼻炎や喘息リスクは増加するのか? 喘息は世界的に最も有病率の高い慢性呼吸器疾患であり、1990年から2015年にかけて有病率は12.6%増加しています()。当初は鼻炎の有病率が低かった国でも、ここ数十年で急激...
未分類

COVID-19患者におけるNSAIDs使用は死亡リスクに影響しますか?

COVID-19患者においてNSAIDsは安全に使用できる? 3月14日フランスでは、イブプロフェンを服用している患者でCOVID-19が明らかに悪化していることから、患者はNSAIDの使用を避けるべきであることが未発表の報告に基づ...
未分類

合併症を伴わない急性虫垂炎におけるモキシフロキサシン vs. ertapenem投与に続くレボフロキサシン+メトロニダゾール

急性虫垂炎に対する抗生物質は何が良いか? 急性虫垂炎に対して、当初は炎症を起こしている虫垂の切除手術が基本でしたが、近年では重症度により手術か物質物質を選択するのが主流になっています。 手術は患者への負担が大きいため、可能な限...
未分類

変形性膝関節症に対するノルトリプチリンの効果はどのくらいですか?

変形性膝関節症に対するノルトリプチリンの効果を検証したランダム化比較試験が報告された 三環系抗うつ薬(TCA:tricyclic antidepressant)は、神経障害性疼痛薬物療法ガイドライン(改訂第2版)において、第一選択薬...
未分類

スタチンを隔日投与にすると有害事象を減らせますか?(SR&MA; J Pak Med Assoc. 2019)

スタチンの隔日投与と連日投与で有害事象に差はあるのか? スタチンは基本的に毎日服用します。これは日本で承認されている用法が1日1回服用であるためですが、患者によっては、毎日服用することで横紋筋融解症などを含めた有害事象の発生リスクが...
未分類

救急部に尿路感染症で入院した患者におけるESBL産生腸内細菌感染の有病率はどのくらいですか?(米国の前向きコホート研究; Ann Emerg Med. 2020)

尿路感染症患者におけるESBL産生腸内細菌感染の全有病率はどのくらいなのか? 背景 尿路感染症の最も一般的な原因である腸内細菌科Enterobacteriaceae(現在はEnterobacterales属)は、一般的に使用さ...
未分類

心房細動における左心耳閉鎖術と直接経口抗凝固療法、どちらが優れていますか?

ハイリスク心房細動患者における左心耳閉鎖術(LAAO)と直接経口抗凝固薬(DOACs)、どちらが良いのか? 左心耳閉鎖術(Left Atrial Appendage Occlusion, LAAO)は心房細動の脳卒中予防に置いて、ワ...
未分類

【リライト】心不全におけるアンジオテンシン-ネプリライシン阻害薬とエナラプリル、どちらが優れていますか?(PARADIGM-HF)

アンジオテンシン-ネプリライシン阻害薬(ARNI)とは? サクビトリル-バルサルタン(エンレスト®️)は、体内でサクビトリル及びバルサルタンに解離し、それぞれネプリライシン(NEP)及びアンジオテンシンIIタイプ1(A...
未分類

中等度から重度COVID-19に対する標準治療へのコルヒチン追加効果はどのくらいですか?

コルヒチンによる抗炎症作用 ここ数年、コルヒチンの抗炎症作用が見直され、心筋梗塞や脳卒中への応用について検証されています。 COVID-19はサイトカインストームを引き起こす、強力な炎症生疾患の1つです。特に重症患者においては...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました