スポンサーリンク
01_ワクチン vaccine

SARS-CoV-2バリアントによるワクチンのブレイクスルー感染(症例報告; N Engl J Med. 2021)

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)感染症は、2020年末までに8,300万件以上のコロナウイルス症2019(COVID-19)を引き起こしましたが、ワクチンや抗体療法の認可と展開により、COVID-19に対し人類は多大な進歩を遂げています。これらの戦略は、ウイルスの…
01_中枢神経系

2~4種類の片頭痛予防薬で治療効果が不十分とされたエピソード性あるいは慢性の片頭痛患者に対する6ヵ月間のフレマネズマブの有効性・安全性(Open-RCT; FOCUS延長試験; J Headache Pain. 2021)

片頭痛の負担は大きく、機能障害に加えて社会的・経済的な負担もあり、片頭痛予防のための前治療を1回以上失敗した患者では一般的に負担が高くなります。片頭痛患者の多くは、副作用に耐えられないか、あるいは片頭痛予防薬に反応しないことが報告されています。そのため、特に慢性片頭痛患者では、治療の…
70_医療経済学

駆出率低下を伴う心不全治療におけるダパグリフロジンの費用対効果について(費用対効果分析; JAMA Netw Open. 2021)

ナトリウムグルコースコトランスポーター2(SGLT2)阻害剤は、糖尿病の治療薬として開発されましたが、心血管アウトカムを改善することが付随的に指摘されていました。DAPA-HF試験では、糖尿病の有無にかかわらず、駆出率が低下した心不全に対するガイドラインに沿った内科的治療にダパグリフロジン…
01_ワクチン vaccine

顔面神経麻痺とmRNA COVID-19ワクチンの関連性はどのくらいですか?(シグナル解析; JAMA Intern Med. 2021)

mRNA COVID-19ワクチンの主要な第3相臨床試験において、顔面神経麻痺の症例が、プラセボ投与群の1例(1/35,611例)、ワクチン投与群で数例(7/35,654例)観察されました。臨床試験から因果関係は確立されませんでしたが、米国食品医薬品局(FDA)は、ワクチン接種者の顔面神経麻痺の…
02_循環器系

【Up To Date for DOAC】DOACの有効性・安全性比較(ナラティブレビュー; 最終更新月2021年8月)

直接経口抗凝固薬(Direct Oral Anticoagulant, DOAC)あるいは経口抗凝固薬(OAC)は、ビタミンK拮抗薬であるワルファリンと比較して、食事との相互作用が少なく、頻繁なモニタリングを必要としない(正確にはモニタリングできる検査項目がほぼない)薬剤です。これまでに4種類の…
02_循環器系

COVID-19におけるレニン-アンジオテンシン系阻害剤の投与中止と投与継続の比較(Open-RCT; ACEI-COVID試験; Lancet Respir Med. 2021)

COVID-19パンデミックは、世界中の医療システムに前例のない課題を突きつけています。2021年5月末までに世界で確認された患者数は1億6900万人以上で、300万~500万人以上が死亡しています。COVID-19による死亡率は個人差が大きく、高齢であることや、心血管疾患、糖尿病、高血圧、慢性…
02_循環器系

Triple Whammy(RASi+利尿薬+NSAID)による腎機能への慢性的な影響は?(Yakugaku Zasshi. 2019)

レニン・アンジオテンシン系阻害薬(RASi)、利尿薬、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の3剤併用による急性腎障害(AKI)のリスクが複数報告されています。過去の報告によると、RASiと利尿薬による2剤併用療法に比べて、NSAIDsを加えた3剤併用療法ではAKI発症率が1.31倍に上昇し…
02_循環器系

【ゆるく批判的吟味】駆出率が保たれている心不全(HFpEF)患者におけるエンパグリフロジンの効果は?(DB-RCT; EMPEROR-Preserved試験; N Engl J Med. 2021)

これまで駆出率の低下した心不全(HFrEF)患者に対する治療薬の承認が相次いでいますが、駆出率の保たれた心不全(HFrEF)に対する治療薬はありません。SGLT2阻害薬は、尿中にグルコースを排出することで血糖を低下させる糖尿病治療薬として承認されましたが、その作用機序から慢性腎臓病(CKD)や心不全患者への治療効果が期待されています。そこで今回は、2021年8月27日の欧州心臓学会の国際会議(ESC Congress)で発表されましたEMPEROR-Preserved試験の結果を…
02_循環器系

透析患者の心血管イベントおよび残存腎機能に対するACE阻害薬/ARBの効果はどのくらい?(RCTのメタ解析; BMC Nephrol. 2017)

心血管イベントは、透析患者の主要な死因であり、死亡率は一般人口の7〜30倍であることが報告されています。これまでに行われた透析患者を対象とした観察研究では、残存糸球体濾過量(GFR)の漸次低下と死亡率の上昇との関連が報告されていますが、透析患者の生存率や残存腎機能との因果関係は確立されていません。
05_内分泌代謝系

2型糖尿病患者におけるSGLT2阻害剤と網膜静脈閉塞症のリスク (PSマッチコホート研究; Diabetes Care. 2021)

網膜静脈閉塞症は、主に高血圧や糖尿病による動脈硬化を原因として起こります。 網膜静脈閉塞症になると、眼底出血や黄斑浮腫のリスクも高まることが知られています。SGLT2阻害薬は、尿中にグルコースを排泄することから、尿量を増加させることが知られていますが、これに伴い体内で虚血状態を引き起こす可能性…
06_骨代謝系

閉経後女性のビタミンD状態の改善において、カルシフェジオールはコレカルシフェロールよりも優れている(ソフトエンドポイント中間解析; DB-RCT; J Bone Miner Res. 2021)

ビタミンD欠乏症に対する補充はビタミンDと活性型ビタミンD、どちらが良いのか? ビタミンD欠乏症は、世界で10億人以上が罹患していると言われています(PMID:23930771)。しかし、ビタミンDの主な効果が明らかになっている骨格...
02_循環器系

末梢動脈疾患患者における血行再建術後のリバーロキサバン使用は全虚血イベントを減少させる(RCT; VOYAGER PAD試験の事前設定解析; J Am Coll Cardiol. 2021)

末梢動脈疾患(PAD)患者は、四肢および心血管の主要な有害イベントのリスクが高くなっています。下肢血行再建術の既往歴は、術後数年経っても四肢の有害イベントのリスクが有意に高いことと関連しています。さらに最近では、血行再建術後の急性期にPADを発症した患者のリスクプロファイルが説明され…
09_感染症

非重症COVID-19入院患者に対する治療的ヘパリン抗凝固療法は生存確率を上げる(REMAP-CAP/ACTIV-4a/ATTACC試験; N Engl J Med. 2021)

一部の患者では、コロナウイルス症2019(COVID-19)の臨床経過は、初期に軽度から中程度の症状があり、その後、呼吸不全が進行して心血管系や呼吸器系の臓器サポートが必要になったり、死に至ることが特徴です。しかし、COVID-19入院患者の大半は中等症であり、初期に集中治療室(ICU)での…
01_中枢神経系

片頭痛予防薬2~4種類で効果が得られなかった患者に対するガルカネズマブの安全性と有効性はどのくらい?(DB-RCT; CONQUER試験; Lancet Neurol. 2020)

片頭痛の予防治療を必要とする患者の多くは、過去に投与された複数の予防薬に耐えられなかったり、効果が得られなかったりする。我々は、2~4種類の予防薬で効果が得られなかった片頭痛患者を対象に、カルシトニン遺伝子関連ペプチドに対する抗体であるgalcanezumabの安全性と有効性を評価することを目的と…
00_その他

死亡をアウトカムとした非劣性試験における適切な非劣性マージンはどのくらい?(システマティックレビュー; BMJ 2021)

非劣性試験の前提は、新しい治療法が標準的な治療法と比較して、研究者が事前に設定した非劣性マージンによって悪化しないことを証明することです。しかし、医薬品、医療機器、その他の医療行為が比較対象と比較して悪化しないことを証明することは困難です。非劣性マージンの許容幅(非劣性マージン)は…
07_腎・泌尿器系

非透析CKD患者においてTSATが全死亡および心血管イベントのリスク増加と関連する(コホート研究; CKDopps試験; J Am Soc Nephrol. 2021)

鉄欠乏症は、骨髄中の鉄貯蔵量の減少として定義され、CKD患者の30〜45%に見られる一般的な疾患です。鉄欠乏症はさらに絶対的なものと機能的なものに分類され、後者は鉄貯蔵量がないことで定義され、前者は十分な赤血球造血を確保するために鉄が不足していることを…
09_感染症

COVID-19入院患者における静脈血栓塞栓症リスクと死亡率との関連性(多施設後向きコホート研究; Int J Infect Dis. 2021)

COVID-19入院患者は、静脈血栓塞栓症(VTE)発症リスクが高いことが示されています。これらの患者に対しては、Padua prediction score(PPS)またはInternational Medical Prevention Registry(IMPROVE)のリスク…
01_ワクチン vaccine

COVID-19に対するプライム・ブースト異種ワクチン接種法 mRNA+アデノウイルスワクチン vs. アデノウイルスワクチン2回接種(RCT; Com-COV試験; Lancet 2021)

OVID-19は、健康、社会、経済の面で世界に深刻な影響を与えています。ワクチン接種による免疫は、疾病の負担を軽減し、現在の公衆衛生対策から脱却し、その後の経済回復のための基本となります。効果が実証されている複数のワクチンが世界的に展開されており、その中には、英国などで2回接種の同種スケジュー…
09_感染症

無熱の男性尿路感染症患者の症状消失に対する抗生物質治療の効果は14日間と7日間投与で差がない(DB-RCT; JAMA. 2021)

歴史的に抗生物質は奇跡の薬と考えられてきました。しかし、抗生物質が広く使用されるようになってから70年以上が経過し、副作用や抗菌剤耐性など、抗生物質の欠点が認識されるようになってきました。一般的な感染症に対する抗生物質の投与期間は、当初…
02_循環器系

心筋ミオシン活性化剤オメカムチブ・メカルビルによる心血管イベント抑制効果はベースラインの左室駆出率により異なる(GALACTIC-HF層別解析; J Am Coll Cardiol. 2021)

駆出率低下型心不全(HFrEF)の患者の心血管系の治療成績を改善するために、多くの治療法が開発されています。 さらに、重度の収縮機能障害は、しばしば血圧の低下と関連し、ガイドラインに沿った薬物療法の目標量に耐えることが困難です。心筋ミオシン…
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました