スポンサーリンク
02_循環器系

高血圧患者における心血管疾患の罹患率と死亡率:ロサルタン vs. アテノロール(RCT; LIFE試験; Lancet. 2002)

高血圧患者における心血管疾患の罹患率と死亡率はロサルタンとアテノロール、どちらが優れているのか? 高血圧症に対する薬物介入による血圧低下効果は、特に高リスクの患者ではよく知られています。しかし、治療を受けた高血圧症患者は、高血圧症で...
02_循環器系

PCI後のSAPTはアスピリンよりクロピドグレルを選択した方が良い?(Open-RCT; HOST-EXAM試験; Lancet 2021)

PCI後の血栓予防戦略はどのように行うのか? 虚血性心疾患により冠動脈に虚血が生じた場合、経皮的冠動脈ステント留置術(PCI)が治療選択肢となります。PCI実施後には血栓リスクが増加することから、抗血小板薬2剤療法(DAPT)が行わ...
01_ワクチン vaccine

12〜15歳の青年におけるBNT162b2 mRNAワクチンはCOVID-19発症を予防できますか?(単盲検RCT; C4591001試験; N Engl J Med. 2021)

これまでは16歳以上の青年・成人におけるデータしかなかった 2021年5月21日時点において、コロナウイルス感染症2019(COVID-19)のパンデミックは、全世界であらゆる年齢層に1億6500万人以上の感染と340万人以上の死亡...
09_感染症

退院後にSARS-CoV-2 RNAが再陽性となった患者に対するファビピラビル使用は、プラセボと比較してRT-PCR結果が2回連続して陰性となるまでの時間が短いかもしれない(小規模; open-RCT; Int Immunopharmacol. 2021)

SARS-CoV-2再陽性患者への治療戦略には何が良いのか? 2019年末、SARS-CoV-2と名付けられた新型コロナウイルスが、COVID-19と名付けられた呼吸器疾患の国際的な大流行を引き起こしました。2020年12月24日ま...
02_循環器系

カルシウム拮抗薬による下部尿路症状の影響はどのくらいですか?(システマティックレビュー; Biomed Res Int. 2017)

カルシウム拮抗薬により下部尿路症状が引き起こされる? 下部尿路症状は、排尿、蓄尿、排尿後のすべての症状を含んでいます。これらの症状は、しばしば認められるものであり、患者の生活の質(QOL)に悪影響を及ぼします。 また下部尿路症...
02_循環器系

歯周炎を有する人は血圧が高い?(症例対象研究; Hypertension. 2021)

試験の概要(ビジュアル・アブストラクト) 引用元: 歯周病と血圧の関連性は? 歯周病(歯周炎)とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患であり、歯の周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが溶けてしまう病気...
05_内分泌代謝系

SGLT-2阻害薬 エンパグリフロジン使用時にみられる初期のeGFR低下は心臓や腎臓アウトカムに影響しますか?(EMPA-REG OUTCOME試験の事後解析; Kidney Int. 2021)

SGLT-2阻害薬により初期のeGFR低下が認められるが… SGLT-2阻害薬のアウトカム試験では、治療開始時にeGFRが約3~5mL/min/1.73m2低下することが報告されていますが、その分類や安全性・有効性への潜在的な影響に...
02_循環器系

進行したHFrEFにおいて、サキュビトリル/バルサルタンはバルサルタンより優れていない(DB-RCT; LIFE試験; ACC21学会発表データ)

試験の概要 2021年5月17日に開催されたACC.21で発表されたLIFE試験の結果によると、駆出率の低下した進行性の心不全患者において、サクビトリル/バルサルタンの併用療法はバルサルタンと比較してNT-proBNPの低下に優れて...
03_呼吸器系

上気道炎小児の急性咳嗽に対するチペピジンヒベンズ酸塩の効果はどのくらいですか?(Open-RCT; 外来小児科2019)

上気道炎患児の咳嗽に対するアスベリン®️の効果は? 咳嗽は、発熱に次いでプライマリ・ケアの小児科 外来を受診することの多い臨床症状であることが知られています。また季節に関係なく外来患者の30%前後が咳嗽を伴って受診して...
09_感染症

市中肺炎の入院患者に対する最も有効な抗菌薬はどれですか?(NWM; Thorax. 2021)

市中肺炎により入院した患者に対する最も有効な抗菌薬はどれか? これまでに多くの抗生剤が販売され、肺炎に対して使用されています。軽症〜中等症の場合は、アモキシシリンをはじめとするペニシリン系抗菌薬が第一選択ですが、治癒率や死亡率などの...
02_循環器系

SGLT2阻害薬による下肢切断リスクはどのくらいですか?(メタ解析; Cardiovasc Diabetol. 2021)

SGLT2阻害薬により下肢切断リスクが増加する? SGLT2阻害薬であるカナグリフロジンによる有効性・安全性を検討したCANVAS試験において、カナグリフロジン群で、プラセボ群と比較して、下肢切断リスクの増加が報告されました。この試...
ポリファーマシー 多剤併用 polypharmacy

退院時に新規および慢性的に潜在的不適切な薬剤(PIMs)を継続すると、有害事象のリスクが増加しますか?(前向きコホート研究; J Am Geriatr Soc. 2020)

潜在的に不適切な薬剤(PIMs)とは? どのような薬にも副作用はありますが、特に65歳以上の高齢者においては、有益性よりも有害性のリスクが高いものが「潜在的に不適切な薬剤(PIMs, ピムズ)」と定義されています()。 その結...
02_批判的吟味 Critical Appraisal

【批判的吟味】小児市中肺炎に対するアモキシシリン投与は10日間より5日間が良い?(RCT; SAFER試験; JAMA Pediatr. 2021)

試験の概要 論文のPICO P:生後6ヵ月から10歳までの、外来での治療が可能な状態の市中肺炎(CAP)の小児 281例 I :アモキシシリン5日+プラセボ5日(140例) C:アモキシシリン5日+アモキシ...
09_感染症

小児市中肺炎に対するアモキシシリン投与は10日間より5日間が良い?(RCT; SAFER試験; JAMA Pediatr. 2021)

小児の市中肺炎(CAP)に対する最適な抗菌薬投与期間は? 残念ながら、小児の市中肺炎(CAP)に対する最適な抗菌薬投与期間は明らかになっていません。 米国感染症学会(Infectious Disease Society of ...
09_感染症

SARS-CoV-2への自然感染者に対するワクチン接種の効果はどのくらいですか?(Letter; NEJM2021)

COVID-19感染者へのワクチン接種は有効なのか? 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)感染患者に対し、ワクチンを接種すべきかどうかは不明です。過去にSARS-CoV-2へ感染したワクチン接種者が、過去に感...
02_循環器系

【批判的吟味】心筋梗塞後の心不全イベントの減少におけるARNIとACE阻害剤、どちらが優れていますか?(DB-RCT; PARADISE-MI試験; ACC21学会発表データ)

急性心筋梗塞後の心不全患者への治療は何が良いのか? 急性心筋梗塞(AMI)から生還した患者は、症状のある心不全(HF)を発症したり、早死にするリスクがあります。 PARADISE-MI(Prospective ARNI vs....
02_循環器系

糖尿病、空腹時血糖値、および血管疾患のリスクとの関連性はどのくらいですか?(メタ解析; Lancet. 2010)

糖尿病を有さないヒトにおける空腹時血糖の影響とは? 空腹時血糖値は、糖尿病の閾値である7mmol/L(126mg/dL)以下を含むすべての濃度において、血管病リスクと相関的に重要な関連があることが報告されています。しかし、糖尿病を有...
02_循環器系

維持透析を開始した心不全患者におけるβ遮断薬の使用は死亡リスクを低下できますか?(後向きコホート研究; Am J Kidney Dis. 2020)

心不全を合併する透析患者に対するβ遮断薬の効果はどのくらいなのか? β遮断薬は心不全患者に推奨されていますが、血液透析患者におけるその有用性は不明です。また血液透析に移行した慢性腎臓病の心不全患者において、β遮断薬の使用とその透析性...
05_内分泌代謝系

65歳以上の高齢者での長時間作用型インスリンアナログとNPHインスリンによる重篤な低血糖リスクに差はありますか?(後向き研究; JAMA Intern Med. 2021)

インスリンの作用時間により低血糖リスクは異なるのか? インスリン投与は低血糖リスクを誘発することが報告されています。この低血糖リスクは、インスリンの作用時間によって差がないことが報告されています。しかし、これまでの報告では、低血糖の...
02_循環器系

維持血液透析患者におけるラミプリル使用は心血管アウトカム発生を抑制できますか?(PROBE; ARCADIA trial; Clin J Am Soc Nephrol. 2021)

ACE阻害薬であるラミプリルは血液透析患者における心血管イベント発生を抑制できるのか? レニン・アンジオテンシン系(RAS)阻害薬はCKD患者の心血管疾患の罹患率と死亡率を低下させることが報告されています(1)。 しかし、血液...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました