13_悪性腫瘍

スポンサーリンク
13_悪性腫瘍

配偶者の有無とがん特有の生存率との関連性はどのくらい?(人口ベース後向きコホート研究; JAMA Netw Open. 2021)

がんは、世界最大の疾病負担であり、世界および米国で第2位の死亡原因となっています。未婚のがん患者(結婚したことがない、別居中、離婚中、寡婦、同棲関係を含む)は、結婚している患者に比べてがんによる死亡リスクが高いとされています。米国では、未婚者の割合が増加しており、2020年には米国住民の50%が…
13_悪性腫瘍

老年医学的評価を用いたコミュニケーションにより高齢がん患者の満足度は上がりますか?(クラスターランダム化; JAMA Oncol. 2020)

患者中心のコミュニケーションとは? 患者中心のコミュニケーションとは、患者や介護者の関心事を優先した質の高い会話を促進し、患者や介護者の好みや価値観に沿った意思決定を行うことです。 効果的なコミュニケーションの特徴は、(1)博...
06_骨代謝系

テリパラチド(フォルテオ®)を2年以上使用しても安全性に問題なさそうですか?(3件の観察研究)

以前の記事で触れましたが、テリパラチド(フォルテオ®️)は2年しか使用できません。この理由は、ヒトで2年以上使用した場合のデータがないこと、小動物で安全性に懸念が示されたためです。詳細については以下のリンク先をご覧ください。
13_悪性腫瘍

閉経後ホルモン受容体陽性乳癌における第三世代アロマターゼ阻害剤とタモキシフェン、どちらが優れていますか?(Eur J Cancer. 2021; メタ解析)

閉経後ホルモン受容体陽性乳癌に対する一次内分泌療法には何が良いのか? 閉経後女性において、乳がんと診断された患者の約70%がホルモン受容体陽性(HR+)であり()、内分泌療法の候補となります。 閉経後HR+乳癌の術後標準治療に...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました